衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2007年2月

月別アーカイブ: 2007年2月

2007年2月27日

民主党からの都知事選出馬要請を頑なに固辞していた浅野史郎前宮城県知事が、一昨日の夜に開かれた市民団体主催の出馬を求める集会に急遽参加し、慎重に言葉を選びながらも「驚いている。今日は何も話せない」と発言。新聞記者風な言い回しをすれば「含みを残した」ことになりますが、私はまさに「脈あり」だと思っています。民主党が党外の方の擁立に苦戦し、いよいよ党内の国会議員らの擁立を模索し始めた矢先のことで、自らの発言が民主党内の動きを抑制することを理解していない浅野氏ではありません。このタイミングですから、まったく思いがなければ躊躇なく断ったはず。私は、見識、実績、年齢など、浅野氏はすべての要素で石原慎太郎都知事に対抗出来る人材だと確信しています。早急な環境整備を期待したいと思います。11:45

2007年2月25日

昨晩、封切初日に映画館「BOBBY」を見て来ました。ボビーとはJ・F・ケネディの弟で、兄に続いて大統領を目指したロバート・F・ケネディの愛称。1968年6月5日にカリフォルニア州での民主党の予備選を制し、その夜にホテル内で狙撃され翌日命を落とすのですが、その舞台となったアンバサダーホテルに集う、当時の世相を反映した22人の人間模様に「グランドホテル」、最近では「有頂天ホテル」スタイルで焦点を当て、ボビーが撃たれる決定的瞬間にすべてを収斂させながら、その絶望と再生への希望を描いた感動作です。年間にせいぜい数本しか映画を観賞しない私ですが、今のところ今世紀最高の評価です。都内では六本木ヒルズシネマぐらいでしか上映していないようですが、心よりお薦めしたいと思います。23:45

2007年2月24日

天気のわりには寒い週末のようですが、およそ雪が降る気配などなく、来週中に弥生3月を迎えることを考えると、東京では観測史上初めての「無雪冬」になることが必至のようです。いくら寒いのが苦手な私でも、一冬に一度も銀世界を見れないのは一抹の寂しさを感じます。東京の2月の平均気温は平年を4度近くも上回り、鹿児島の平均気温と同じぐらいだそうで、どうやら今年は特別な暖冬のようです。地球に起きている何らかの異変にも憂慮を覚えます。ところで、私の禁煙生活も10日目に突入。相変わらずタバコや灰皿探す衝動にも見舞われますが、人の吸うタバコの煙を煙たく感じるという異変が起きているのも事実。お陰さまで、もう心配はご無用のようです。15:20

2007年2月23日

東京都知事選の告示が1ヵ月先に迫っています。3選を目指す石原慎太郎知事に対し、建築界の大御所、黒川紀章氏が「今が引き際だ」と、対決色を鮮明に出馬を表明。東京五輪招致に反対するなど、同調出来そうな主張もありますが、74歳対72歳の意地の張り合いという印象で、胸に響くものではありません。私は一昨年の総選挙で議席を失うまで、民主党東京都連の幹事長を務めていました。すなわち、今もその立場であるならば、民主党の都知事候補擁立の責任を担う立場だったわけで、なかなか進捗しない現状に歯痒い思いで一杯なのです。極論を言えば、政治家をつくることが出来るのは政治家だけ。こうした仕事をないがしろにしているうちは、とても政権など手が届きません。「太陽が西から昇っても」不戦敗だけは許されません。10:40

2007年2月21日

民主党の小沢一郎代表が、資金管理団体の事務所費の問題で、その詳細を領収書などの書類を含めすべて公開しました。先月末の代表質問での、疑惑を指摘される政治家は自ら公表し、政治不信を払拭しようとの提案は、まずは小沢代表自ら率先垂範です。これでボールは松岡農水大臣や伊吹文科大臣らに渡され、終始逃げ腰の安倍総理の対応と共にますます注目されます。さすがは喧嘩上手の小沢代表。私としては、秘書寮を建築したという支出よりも、4億円以上も政治献金を集められていること自体に驚きを感じてしまいます。私は決して見習うことなく、今後も慎ましく個人献金のみで活動していきたいと思っています。幸い手塚事務所内に、秘書寮設置を求める声はありません(笑)。12:45

2007年2月20日

自民党の中川秀直幹事長の「安倍首相が(閣議)で入室した時に起立出来ない、私語を慎めない政治家は、美しい国づくり内閣にふさわしくない」との発言には驚かされました。つまり、閣議のため総理が入室しても、座ったままで雑談を続けている閣僚がいるとのことで、小学校の学級崩壊ならぬ、官邸の閣議崩壊が起きていることを、わざわざ与党の幹事長が披露したわけです。政権発足から約5ヵ月の安倍内閣は、最新の世論調査で支持率より不支持率の方が高い逆転現象が起きているとの報道。ヘビースモーカーの中川幹事長のタバコの本数もさぞかし増えていることでしょう。しかし「ちゃんと総理を尊敬しろ!」と急に言われてもね…。11:05

2007年2月19日

「1本ぐらい平気だよ」と大きな顔で微笑みながらタバコを勧める野田佳彦代議士。最近よく車を運転してくれている田浦貴明君が、何とも小賢しい表情でさっとライターで火を点けようと…。土曜日の朝の目覚めに見た悪夢です。20数年間吸い続けてきたタバコを完全に断ち、今日で5日目。夢に見るほど吸いたい欲求に襲われるわけではありませんが、条件反射的に必ずタバコを探す場面がわかりました。まず、朝起きてコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる時。駅頭演説が終わって車に乗り込んだ時。電話で取材などを受けている時。この独り言を書いている時。そして最も顕著なのが夜の酒席です。新しい自分に生まれ変わる期待感と共に、当分この不思議な感覚と戦うことになりそうです。10:25

2007年2月17日

民主党が強く求めてきた、地方の首長選挙でのマニフェスト配布が解禁されそうです。今週ようやく与党が合意し、議員立法で公職選挙法改正案を今国会に提出することで、何とか4月の統一地方選に間に合う見通しとのこと。すでに国政選挙では期間中のマニフェスト配布が認められていますし、その趣旨を考えれば遅すぎたぐらい。宮崎県の東国原知事が「せっかく作ったローカル・マニフェストが選挙期間中は配れないんですよ」と嘆いたことも、世論を意識する与党を後押ししたのかもしれません。民主党としては、首都・東京でマニフェストを提案する人を急いで探さなくてはいけません(ため息)。10:55

2007年2月15日

「政治家は歯が命」なんて自分に言い聞かせ、久しぶりに歯科に行き、タバコのヤニで汚れた歯を真っ白に磨いてもらいました。20年×365日×30本。少なく見積もっても20万本を超えるタバコを吸ってきたことになりますが、昨晩遅く95%のニコチンがカットされた「離煙パイプ」で、万感の思いを込めて最後の一服。いよいよ今朝から本格的な禁煙生活が始まりました。時より何も入ってないスーツのポケットに手が行ったり、灰皿を探して目が泳いだりと、いささか挙動不審な瞬間こそありますが、確かに生理的なニコチン中毒からはだいぶ解放されているようで、あとは習慣や癖との戦いになりそうです。ところで、都知事選の候補者擁立作業もいよいよ佳境のようで、様々な情報が錯綜しています。必ず石原慎太郎都知事の対抗馬を擁立しなくてはいけません。23:00

2007年2月14日

毎月第2水曜は、私の政治活動を財政的に支えて頂いている「夜明けの会」の定例朝食会です。今朝のゲストは、昨日も予算委員会で論陣を張った、民主党前代表の前原誠司代議士。ご自身の専門分野は外交・安全保障政策ですが、昨日ちょうど合意文書を採択した北朝鮮の核問題をめぐる6者協議についても、極めてタイムリーに話して頂きました。私からは、今日一杯での「禁煙宣言」を堂々と。来月はテレビにもよく出演し、お馴染みの原口一博代議士をゲストにお迎えすることになっています。ところで、今年もバレンタインデーで様々な「義理」を頂きました。感謝です。口淋しさから食べてしまい、太るという話をよくうかがいます。気を付けながら頂きたいと思っています。11:15

1 2 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.