衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2002年3月

月別アーカイブ: 2002年3月

2002年3月31日

阪神の連勝はしびれますね。また、横浜の市長選は、出口調査を聞くと中田宏氏が大逆転した模様。こちらもしびれます。21:25

2002年3月29日

金曜の夜はグッタリ。この時間まで独り言をさぼっていると、少し焦りも感じます。この雨で桜も散ってしまうのでしょうか。いよいよ明日はプロ野球が開幕します。誰に何を言われても、今年の阪神は強いと思います。脈絡のない独り言になってしまいました。それでは、良い週末をお迎え下さい。23:40

2002年3月28日

いよいよ年度末。そして新年度はそれぞれの出発があります。政治家の秘書が、連日新聞紙上を賑わしていますが、手塚事務所にも、今春大学を卒業した二人の秘書がいます。まず伊藤悠君。早大在学中に、当時浪人であった私の事務所に入り、当選後は公設第1秘書に。いわゆる勤務実態があるのですから、卒業まで6年を要するのも頷けます。態度の大きさはベテラン秘書並みとの声も。次いで中村公太朗君。去年から、立教大のゴルフ部の練習をさぼりながら、主にポスター貼りに精を出してくれていました。二人の新たなスタートに幸多かれと祈ります。17:35

2002年3月27日

辞職をした辻元さんの件が発端で「秘書の実態調査」といった全議員向けアンケートが殺到しています。テレビ局のワイドショーをはじめ、新聞、通信社までもが求めてきています。主な質問内容は「秘書の人数は?」「勤務実態は?」「政治資金報告はしているか?」「親族はいないか?」などです。せっかくですから、私の回答を。「9名」「勤務実態のない秘書はなし」「報告してます」「親族の秘書はなし」となります。それにしても、ジャーナリズムには、議員のアラ探しではなく、実態と合わない秘書制度の問題点を報道してもらいたいものです。16:45

2002年3月26日

交通違反で警察のお世話になった時に、他にも違反をしている車があると主張しても、それは通らない話です。辻元清美さんが議員辞職をしました。最も自らの言葉に責任をもたなくてはならない立場の人が、先日の記者会見で明確な虚偽の発言をしていたことが、世論を風向きまでも変えてしまいました。今回の一件で、国民の代表であることの重たさ改めて感じさせられました。この機に、国民の税金が財源になっている秘書制度の在り方を根本的に見直したいと思います。明日、有志でさっそく検討会をスタートさせることにしました。22:55

2002年3月25日

今年は既に桜が満開になっていますが、春の到来を何で実感するかは、人それぞれでしょう。私は甲子園球場に響くサイレンと、金属バットのカキーンという音に春を感じます。今日、大好きな選抜高校野球大会が開幕しました。夏休みには甲子園球場まで出掛けちゃうほどの高校野球ファンの私は、冬のハンデを背負った北国のチームを応援するのが流儀になっています。今年は、福井商と文武両道の典型である前橋に声援を送るつもりです。私も、国会で全力疾走を心がけます(笑)。17:05

2002年3月24日

辻元清美さんの疑惑、やはり政策秘書には月5万円しか支払っておらず、差額を事務所の私設秘書の給与にあてていたとのこと。また、政治資金報告への記載もれも明らかになりました。間違いなく、政治資金規制法違反になります。すでに時効になっていることですが、先週20日の記者会見とはあまりに違う内容です。この際、実情と制度の問題点をつまびらかにし、辻元さん自身が、潔く政治家として最も重い決断をされればいいと思います。その時、鈴木宗男、加藤紘一両氏は受けて立てるでしょうか?もちろん、興味本位で言っているのではありません。19:45

2002年3月23日

辻元清美さんの疑惑についての所見を少々。政策秘書の制度が導入されたのが94年、今回問題となっている時期が96年です。この時期は、国家試験を通った政策秘書の免許を持った人材が不足していて、企業献金など集めずに事務所を運営している議員であれば、政界ではしばしば耳にしたケースではあります。こうした名義秘書を肯定するものでは決してありませんが、公共事業と引き替えに多額の政治献金を受けたり、秘書を派遣させたりしている議員を抱える政党に、鬼の首を取ったようなことを言われると、同情したくなるのが本音ではあります。19:10

2002年3月22日

飛び石連休で曜日の感覚がおかしくなりますね。ところで、小泉総理が経済財政諮問会議で、景気浮揚策として秋の大型休暇を提案していたと報道されました。確かに、一週間規模の集中休暇は盆暮れとゴールデンウィークだけです。それに加え秋に集中的に休暇を作れば、観光産業や百貨店の売り上げがアップし、税金を使わないで経済効果が出るとの目論みのようです。飛び石連休の谷間に提案されると、思わず大賛成してしまいそうですが、これは、目ぼしい景気対策が見つからないための奇策のように思います。本来の活性化論議を進めるべきでしょう。7:15

2002年3月20日

小泉総理は昨日、議員辞職勧告決議案の取り扱いについて「国民にわかりやすい説明をすべきだ」と与党に指示したと報じられています。先ほど開かれた議院運営委員会。私も委員の一人として出席しましたが、その結果は自民、公明、保守の与党3党が、決議案を本会議に上程すべきであるという我々の動議に反対し、終局してしまいました。これで小泉総理の指示は、軽く一蹴されたことになります。世論調査で国民の90%近くが「離党で決着は不満」と答えるなかで、国民の代表である国会が宗男氏放置を是認したことになります。情けない話です。18:00

1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.