衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2003年12月

月別アーカイブ: 2003年12月

2003年12月29日

いよいよ年の瀬、今年最後の独り言です。私にとって2003年は、これまでの人生で最良の、おそらく生涯忘れ得ぬ年となりました。政治家として、都議会議員に初当選した1993年や、浪人生活を経て衆議院議員に初当選した2000年も、もちろん記憶に深く刻まれていますが、子供の頃から愛してやまない阪神タイガースの優勝と当選が重なったのは初めてのことです。来年もすばらしい年にしたいものです。皆様には、いつもいつもこの独り言をご愛読頂き本当に有難うございます。新年は3日からスタートする予定です。どうぞ良い新年をお迎え下さい。12:00

2003年12月28日

昨年も年の瀬にこの独り言で、年末年始にお薦めの本を紹介させて頂いたと思います。横山秀夫の「半落ち」でした。その後ベストセラーになっただけでなく、映画化も。そこで今年も1冊。またまた同じ著者の「クライマーズ・ハイ」です。警察小説を得意とする著者が、おそらく自らの経験をもとにして、1985年の御巣鷹山日航機墜落事故を報道する地元新聞社の人間関係の暗闘を描いた小説です。読み始めたら止まらず、時には目頭も熱くなってしまいます。浅田次郎と並ぶ、平成のストーリーテラーでしょう。是非、ご一読をお薦め致します。12:00

2003年12月27日

昨日のイランを襲った大地震は1万人以上の犠牲者だとか。新たな情報が入る度にその数が増えていくのでとても気掛かりです。自衛隊はイラクではなくて、イランに行った方がなどと考えているのは私だけではないでしょう。昨日でほぼ年内の仕事が片付き、今日は年末恒例の墓参りに家族で来ています。場所は護国寺に近い雑司が谷の都営霊園。母方の祖父母と実父がここに眠っています。毎年ここに来ると、1年が無事終わったことを実感しますが、今年は特別な報告が出来る墓参になりました。11:25

2003年12月26日

今日で仕事納めという職場が多いことでしょう。手塚事務所では、私の初当選以来、議員会館を守ってくれていた関口祐子さんが本日で退職することになりました。議員会館には、それこそ新聞の1面を飾るような有名政治家をはじめ、「ちょっと寄ってみた」と用件もないのに数時間お茶を飲んで帰る支持者や私の友人までいて、笑顔を絶やさない彼女でも何かと心労が多かったと思います。お疲れさまでした。そして有難う。問題は、国会見学です。彼女が国会案内のプロでしたから、後任は期待が大きい分、さぞ苦労することでしょう。18:30

2003年12月25日

メリークリスマス。民主党では、これまで広報・宣伝委員会が広報活動を担当してきましたが、この度の党組織の改編で、新たに国民運動委員会がその役割を継承することになりました。古賀一成代議士が新委員長に就任し、なぜか私が委員長代理に抜擢され、党の広報活動の責任者となりました。その最初の仕事は、党がインターネットによって集めたイラクへの自衛隊派遣反対の署名(約5000名)を持って総理官邸へ。小泉総理ではなく、細田博之官房副長官との面会になりましたが、政府にとっては頭の痛いクリスマスプレゼントとなったことでしょう。18:20

2003年12月24日

昨日は今年最後のゴルフに行って来ました。メンバーは、1年を通して家族よりも多くの時間を過ごした、伊藤目黒区議、稲垣世田谷区議、そして中村秘書です。競技結果についてはあまり書きたくありませんが、伊藤君の優勝でした。20歳そこそこで、私の献身的レッスンを受けながらも、実際のラウンドではOBを連発し、泣きべそをかいていた頃が懐かしいほどの成長です。よく「立場が人をつくる」と言われますが、区議に当選しゴルフまで成長するとは…。「勝って兜の緒をしめる」だぞ。もちろん、自分にも言い聞かせている言葉でもあります。11:50

2003年12月22日

来年度予算の財務省原案が内示されました。一般会計の総額は約82兆円で、税収は約42兆円。歳出の約半分しか税収でまかなえていなく、36兆円を超す国債発行で問題を先送りしようとしている予算といえるでしょう。来年度末には国と地方を合わせた借金が720兆円、これは国内総生産(GDP)の144%に達するとのことで、先進国でこれほど財政が悪化している国はありません。いやはや深刻な話です。縦割り行政で、前年度予算をベースに若干の微修正を行う方式はもう限界でしょう。来年の予算審議で、必ず我々の政権担当能力をお示ししたい思っています。14:00

2003年12月21日

中学生の時にいじめを苦に割腹自殺を図り、その後は非行を繰り返した挙げ句16歳で暴力団組長結婚。大阪の北新地のクラブでホステスをしていた22歳の時に養父と出会い、人生の転機が訪れる。その後更正し29歳で司法試験に合格し弁護士に。自らの体験を綴った「だから、あなたも生きぬいて」がベストセラーになった大平光代さんが、大阪市の助役に就任することが確実になったとのこと。38歳の若い女性助役の行政手腕は未知数ですが、決して平坦ではない、波瀾万丈の人生を歩んで来た彼女の新天地での活躍に期待したいですね。12:55

2003年12月20日

歳末といえばお歳暮シーズン。今年もたくさんの心のこもったお品を恵送頂きました。特に同僚議員から、それぞれの地元の特産品を頂くと嬉しいですね。そんなお歳暮の中に、早稲田大学の白井総長から「衆議院選挙当選おめでとうございます。校友の皆様のご活躍は私どもの誇りとするところです」との手紙が添えられた「早稲田の誇り」とラベルが貼られた赤と白のワインが2本。嬉しいやら恥ずかしいやら、どちらにしても栓を抜かずに記念にとっておきたいと思います。それにしても、我が母校も粋なことをしてくれるものです。18:05

2003年12月19日

総選挙からまだ1ヵ月半しか経過していませんが、もはや来年の夏に改選される参議院選挙に目は向けられ始めています。昨晩開催された民主党東京都連大会では、参院選の東京選挙区で定数4名に対し、すでに公認決定している現職の小川敏夫議員に加え、さらにもう1人の候補者を擁立することを確認しました。今後の人選作業は、他でもない選対委員長を務める私の仕事。出たい人、出したい人、自薦他薦含めて複数の候補者の名前が取り沙汰される中での調整は、かなりの難航が予想されますが、間違いなく政権交代への一里塚になると確信しています。17:40

1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.