衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院5期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月: <span>2022年2月</span>

月別アーカイブ: 2022年2月

2022年2月28日

自らのコロナ感染など、鮮明な記憶を残すような出来事が連続した2月が終わろうとしています。まずは、皆様からもご心配とご声援を頂いた渡辺智士(さとし)君の町田市議選初挑戦は、なんとか花を咲かせることができました。彼の当選で手塚事務所出身の自治体議員がちょうど10人目になりました。そして、国会では2022年度予算案が衆院を通過しましたが、なんと国民民主党が当初予算案に賛成するという前代未聞の事態に。過度の批判は控えたいと思いますが、動き出した歯車は加速度を増します。参院選の戦い方にも影響必至でしょう。暴挙と言えば、ついに現実のものとなってしまったロシアのウクライナ侵攻です。国際社会の多数が大きな抗議の声を上げ、ウクライナ支援の行動を起こしていますが、この戦争の終着点がいったいどこにあるのか、今はまだ完全に霧の中です。立憲民主党は昨日党大会を開催し、ここでロシアへの厳重抗議とウクライナへの連帯を満場一致で決議しました。私たちができることを、小さくとも着実にやっていくしかありません。春の到来を実感する気候にな りつつありますが、オミクロン株の感染力は半端ではありません。皆様もお気をつけてお過ごし下さい。9:00

2022年2月13日

最大限の注意を払っていましたが、都内で過去最も多い感染者を出してしまって日に、私自身も新型コロナウィルス陽性と診断され、10日間の自宅待機を余儀なくされていました。まず喉痛と咳、発熱まではありませんでしたが、約2日間はそれなりに苦しみました。日程変更などでご迷惑をおかけした皆さま、ご心配のご連絡を下さった皆さまには、お詫びと御礼を申し上げます。それにしても、外出できないない期間は退屈を極めました。読書と北京五輪観戦に明け暮れる日々。お陰様で自称カーリング評論家へと成長した感じです(笑)。さて、今日から戦線復帰です。冷たい小雨の降る中、町田遠征。本日、町田市長選と市議選が告示されました。2007〜2020年まで、秘書として長く私に仕えてくれた、渡辺智士(さとし)君が市議選に立候補。体重0.1トンを超える大型新人候補です。長年の志を成し遂げるためにも、しっかり勝ち抜いてもらわなくてはなりません。また、市長選も野党共闘候補を擁立できました。今年は、この町田市を皮切りに、練馬区、多摩市、中野区、杉並区と、参院選の前に 都内の首長選が続きます。着実に野党共闘の枠組みを構築し、有権者の皆様に明解な選択肢を提示していきたいと思っています。たくさん休んだ分、ガンガンいかせて頂きます。12:00

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.