衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2016年9月

月別アーカイブ: 2016年9月

2016年9月17日

一昨日の民進党代表選にて、蓮舫新代表が誕生しました。国会議員、次期総選挙の公認内定者、自治体議員、党員・サポーター、その全てで他候補を圧倒し、全体の約6割の支持を集めての選出。旧民主党時代に遡っても、初めての女性かつ参院議員の党首となりました。選挙中はレイシズムまがいの誹謗中傷、さらには蓮舫さんの記憶違いに伴う台湾籍が残っていた件などもあり、精神的にも追い詰められる場面もありましたが、繊細な外見からは想像もつかない強靭な精神力でよく乗りきってくれたと、傍らで連日頭の下がる思いでした。ガラスの天井を突き破ろうとする揺るぎない覚悟。類い希な言葉の切れと発信力。さらには、新代表として最初の仕事であった幹事長人事。いずれも両刃の剣の要素があり、時として違う立場の方のご批判も頂くこともありますが、個人的には夢でも見ているかのような蓮舫・野田体制が出来上がりました。今後、私にできることは限定的ですが、名実共に一緒に仕事ができる立場への復帰を目指し、一層精進したいたと思います。選挙期間の最終日(14日)、天命を知るといわれる50歳の誕生日を迎えました。メッセージを頂いた多くの皆様に心から御礼を申し上げます。13:10

2016年9月2日

リオ五輪や夏の甲子園を傍目で見ながら、代表選の準備に明け暮れた8月が終わり、気づけば昨日から9月に。そして本日、民進党に衣替えし初めての代表選が告示されました。私自身は蓮舫さんの傍らでお手伝いをしてきましたが、党内では立候補をめぐり様々なドラマがありました。衆参合わせて400人近くの国会議員が存在した政権与党時代と違い、現在は約150人の所帯。その中で立候補に必要な20人の推薦人を集めることは決して容易ではありません。蓮舫さんにとっても、14年の総選挙後の代表選で、あと数名足りずに出馬を断念した苦い記憶もありました。とても推薦人が集まるめども立たない中、メディアに向けて意欲を軽々しく示し耳目を引くスタンドプレーも目立つ中、自ら民主党政権の戦犯と懺悔してまで立候補に漕ぎ着けた前原誠司氏。今朝未明まで真摯に推薦人を集い、執念で立候補にたどり着いた玉木雄一郎氏には、私も党人として敬意を表したいと思います。もとより同じ党内の選挙。政策がそれほど違うはずもありません。問われるは、もう一度政権を目指す覚悟だと思います。批判から提案へ。批判から創造へ。蓮舫新代表選出に向け頑張ります。10:30

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.