衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2018年11月

月別アーカイブ: 2018年11月

2018年11月24日

国会では外国人労働者をめぐる審議が始まりましたが、マスメディアが挙って報じているのは外国人経営者の背任行為の件。事実上、我が国の移民受け入れの議論でもありますので、もっともっと国民に伝わるように報道してもらいたいと感じています。人手不足を外国人労働者で補おうとしたい経済界からの要求で拙速に法案を作り、その中身がスカスカの法案をほんの僅かなアリバイ審議で成立を計ろうとしている政権与党の魂胆が見え見えです。日頃私の交渉相手となっている与党の国会対策の現場の面々も、官邸から「いつまでに法案を成立させろ、俺は外遊でいないから審議に参加できないけどね」と言われてるんではないかと思うぐらい、かなり無理筋な国会運営を強いられています。定例日を無視した審議で時間を稼ぎ、来週には強行採決も辞さない構えなのです。何もかも日程ありきで、会期延長の件みならず、新年早々の4日にも通常国会召集するとか、しまいには衆参ダブル選の噂まで出る始末。3連休明けには与野党攻防の山場を迎えます。国民本位のまっとうな政治が行われるよ う、胆力をもって臨んで参ります。13:50

2018年11月5日

国会が始まると時間の経過が一気に早くなる印象で、気付けば今年のカレンダーも残り2枚。プロ野球はソフトバンクが連覇達成。育成出身の捕手の強肩で、阪神も泣かされた広島の足を見事に封じてのMVPは痛快でした。また、神宮球場まで応援に行った早実は準決勝敗退で、来春の選抜甲子園の出場の可能性がなくなり、残念無念。そんな秋の深まりを実感する日々、国会では補正予算案が全会一致で成立する方向で、次の論点は出入国管理法の扱いとなってきます。国内の労働力不足解消や外国人労働者そのものの在り方など、日本社会の未来を構想する上で避けては通れないテーマであることに異論はありませんが、これまで総理自身が明確に否定してきた移民受け入れ政策への転換と、どこがどう違うのかわかりませんし、3年後の見直し規定がついた状態で自民党の党内手続きを終えるなど、拙速な欠陥法案であることは明白です。この法案を国会でどう扱うかが、当面の議運筆頭理事の交渉課題となりますが、将来へ大きな禍根を残すことにならないよう、じっくりと腰を据えた議論ができる 環境を求めていきたいと思っています。こちらの強権は絶対に許しません。18:15

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.