衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2004年1月

月別アーカイブ: 2004年1月

2004年1月31日

昨夜は国会前半の山場で、深夜まで国会に釘づけでした。イラクへの自衛隊派遣の国会承認では、派遣先の安全度の判断にかかわる情報をめぐって、総理と防衛庁長官が事実とは異なる答弁で、撤回や修正を繰り返したり、先遣隊の報告書の文案が調査を始める前に用意されていたことなどが判明するなど、終始紛糾した委員会審議を、与党が夕刻に強行採決。当然我々が反発すると、返す刀で予算委員会での補正予算を単独採決し、最後は本会議まで深夜に強行単独採決。安全保障をめぐる歴史的な判断を、歴史的な強行で突破しました。いやはや深刻です。14:45

2004年1月29日

高校を卒業し20年近く音沙汰の無かった同級生からメールが届きました。仕事で中国の南京に赴任している彼は、私のHPの経歴に南京大学留学とあるのを偶然見つけ、南京の思い出や店の情報を聞かせてくれとのこと。私が南京大学に短期留学したのは、もう10数年前で早大在学中のことですから、むしろこちらが発展する南京の様子を教えて欲しいと返信しました。ところで古賀潤一郎代議士は、党除籍処分とする決定がなされました。党として最も厳しい対応をしたことになります。念のため、私も留学証明書を実家から取り寄せたいと思っています。12:17

2004年1月28日

経歴詐称疑惑の古賀潤一郎代議士。やはりこの独り言でも触れないわけにはいかないでしょう。国会の中でもこの話題で持ちきりですし、私自身も多くの記者からコメントを求められました。与野党の攻防が続く中、政争の具にされてしまっているようで気の毒にも感じますし、何より、同じ政党で共に政権を目指した同志ですから、心情的にはバッサリと切り捨てる気分にはなれません。しかし、世論は大変厳しく、国会議員としての資質が問われています。やはり出直して次の総選挙で審判を受けるほか道はないでしょう。本当に厳しい世界です。溜息。16:40

2004年1月26日

私が日本新党で都議会議員に初当選し、約半年が経過していた1994年1月28日の夜から29日にかけての出来事。当時の細川護煕総理と野党第1党だった自民党の河野洋平総裁のトップ会談で、懸案であった小選挙区比例代表並立制導入を含む政治改革関連法案が、劇的な形で成立することが決まりました。政策本位、政党主導、カネのかからない政治、政権交代可能な二大政党制などと、新たな政治の実現に向けて期待が高まり、私自身もワクワクしたことを思い出します。あれからちょうど10年の歳月。その総括と共に、次の10年に目を向けたいと思います。14:05

2004年1月25日

忙中閑あり。本当に久しぶりに映画館に行って来ました。30年代の大恐慌下の米国で、庶民に希望と感動を与え続けた競走馬シービスケット。この小柄な一頭のサラブレッドに導かれるように出会った馬主、調教師、ジョッキーの3人が、不屈の闘志と友情で挫折から立ち上がる物語。実話がベースのストーリーで、競馬好きな人もそうでない人も、もれなく万馬券並みの感動を味わえます。昨日からロードショー公開されている「シービスケット」を大推薦させて頂きます。21:40

2004年1月24日

今年初めてというより、再選後初めてのタウンミーティングです。選挙区を約10の地域に区分けして、約20000世帯に寒風吹きすさぶ中、我がスタッフがコツコツとチラシをポスティングしてくれています。今日は奥沢区民センターで13時半、九品仏地区会館で15時半から。この地域で活動する関口太一世田谷区議もジョイントしてくれます。彼は去年の春に弱冠27歳の若さで初当選したピカピカの新人議員。今回のチラシには「駅頭では、語り尽くせないことがあります…」などと気取ったことが書いてありますが、是非お近くの方はお出掛け下さい。11:15

2004年1月23日

昨日も独り言を書けませんでしたし、夜もこの時間になると相当追い詰められた気分になってしまいます。通常国会が召集され、急に身辺が忙しくなったことは確かですが、独り言を書けない理由を独りごちても仕方ありませんね(笑)。風邪もひかず元気でバリバリと働いていますので、今夜はどうかこの辺でお許しを。明日は今年最初のタウンミーティングです。22:40

2004年1月21日

国会は冒頭から荒れ模様です。今日から始まった代表質問では、菅代表と私と同期で盟友である松本剛明代議士が登壇しました。特に松本氏の質問に対し、小泉総理の答弁があまりに不十分であり、松本氏が持ち時間の範囲で再質問。民主党の若手に執拗に問い質されたことでカッとしたのでしょう。総理は「もう、答弁してる」と開き直る始末。これで本会議は大紛糾です。国論が二分されているイラクへの自衛隊派遣についての質問ですから、本会議場にいる我々だけではなく、国民に対する説明責任を果たすという真摯な姿勢を持ってもらいたいものです。18:05

2004年1月20日

今日は、通常国会召集直後恒例の提出予定法案の説明会。党の国会対策委員会と政策調査会の合同で開催され、両委員会の役員が各省庁から説明を受けました。今年は7月に参院選が予定されていて、例年のような会期延長はしないとすでに総理が言明していることで、限られた会期で法案成立を期す各省庁側の担当者は、必死な形相で「早期成立を」と。野党である我々にここまでお願いするのですから、与党自民党に対してはさぞ頭が上がらないことでしょう。残念ながら、慎重審議、徹底審議で対応させてもらうのが、我が国対の基本方針です。16:10

2004年1月19日

本日、冬の冷たい雨の降る中、いよいよ第159通常国会が召集されました。昨年の総選挙によって生まれた自民、民主両党による二大政党体制のもとでの初の本格論戦の場となることは必至です。午後からの、小泉総理、川口外務、谷垣財務、竹中国務各4大臣の本会議演説で論戦がスタート。国会冒頭の争点は、イラクへの自衛隊派遣の国会承認案件になります。私自身は、野田佳彦国会対策委員長のもと「闘う国対」の一翼を担っていきたいと思っています。一方、懸案の参院選東京選挙区2人目候補擁立問題も大詰めに。150日間、全力疾走で頑張ります。10:50

1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.