衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2011年10月

月別アーカイブ: 2011年10月

2011年10月28日

これまでも幾多のドラマを生んできたプロ野球のドラフト会議。昨日の一番の盛り上がりは、北海道日本ハムが巨人と競合して原辰徳監督の甥を強行指名し、その後見事にくじを引き当てた瞬間でした。最速157キロの豪腕はどの球団にとってもよだれの出る存在。しかし、昨年の沢村投手同様に、巨人軍の系列紙などが「巨人以外なら大リーグに挑戦」と囃し立て、結果的に巨人が一本釣り。こんな構図に敢然と立ち向かった日本ハムに拍手を送りたいですし、溜飲を下げたプロ野球ファンも少なくなかったはず。菅野投手の心中はいかばかりかと思いますが、複数球団からの1位指名を誇りに、堂々と日本プロ野球界に就職してもらいたいと思います。さて、話題を国会に。衆参両院の各委員会でお約束の「店開き」も完了し、今日は両院の本会議で野田総理の所信表明演説と、第3次補正予算案提出に合わせ、安住財務大臣の財政演説が行われる予定になっています。10:45

2011年10月25日

1位吉祥寺、2位自由が丘、3位恵比寿、4位二子玉川、5位横浜、6位広尾、7位目黒、8位中目黒、9位鎌倉、10位代官山。ざっとベストテンを紹介してみましたが、これは不動産大手7社が実施した「住んでみたい街」アンケートの結果です。選挙区でいえば、1位こそ前総理に譲ったもののベストテンに4つの街が登場する我が東京5区。人様の憧れの街で政治活動をできることに誇りと喜びを感じています。と言いつつも、平日は総理官邸と国会内で大半の時間を過ごし、地元には夜間寝に帰るだけの生活が続いています。さて、先週召集された国会ですが、今週は国会用語で言うところの「店開き」の1週間。新政権発足や内閣改造などで新しい大臣が就任した際、所管の委員会で大臣が所信を述べ、それに対する質疑を行うことを「店開き」と呼んでいます。一般的に「店開き」が済まないと法案審議には入れないというルールがありますので、28日にも国会提出が予定される第3次補正予算案とその関連法案の迅速な審議のためにも、全店開業が求められているのです。所管委員会のない総理は、ほんの少しだけのんびりです。14:30

2011年10月22日

雨の週末を迎えています。気温もぐっと下がり、朝晩の肌寒さは秋の深まりを実感させてくれます。さて、一昨日、秋の臨時国会が召集されました。今国会では震災からの復興に向けた第3次補正予算をはじめ、党内論議も沸騰するTPP交渉参加問題や、1票の格差是正のための選挙制度改革など、政治決断が必要な重要課題が目白押し。一方、野田総理や関係閣僚の国際会議出席のための外遊も立て込み、51日間となる会期はかなりタイトな日程対応を余儀なくされそうです。ところで会期といえば、今春1月24日に通常国会が召集されて以来、今臨時国会を合わせると、今年の国会会期日数の合計は実に289日にのぼるとのこと。これは通常国会が1月に召集されるようになった1992年以降で最長となるそうです。事実上「通年国会」となる中で休まずに働いても、朝からテレビをつければ、みのもんた氏には「まったく、国会議員ときたら…」と誹謗されっぱなしですから、愚痴の一つもこぼしたくなります。しかし、どんなに激務が続いても、愚痴どころか、顔色一つ変えない野田総理を見習って、我々も国民の信頼を取り戻すべく全力を尽くすのみです。はい。13:50

2011年10月19日

かなり早い段階で諦め、関心さえ失っていましたが、セ・リーグは中日が連覇。我が阪神タイガースは6年連続で優勝を逃し、Bクラスでシーズン終了。戦力的には申し分なく、春頃は独走まで想定していましたので、解任が報じられる真弓監督への同情よりも、来期の監督人事がの方が気になるところです。閑話休題。昨夕から野田総理は韓国を訪問し、本日、李明博大統領との首脳会談を予定しています。主が留守になることを早くから想定し、昨晩は久しぶりのプライベートで、帰国中の大橋巨泉さんと会食しました。民主党から参院選に出馬した際、全国遊説にお供したのがもう10年前のこと。東京馬主会の会長を務めた祖父、同じジャズ評論で一斉風靡した実父。巨泉さんとはまさに親子3代のお付き合いになります。それこそ父親のように「良かったな。ずっと野田を総理にと言ってたもんな。政策については色々言いたいことはあるけど、お前がそこまで惚れ込むんだから、俺もどじょうに期待してるだ」と。昨日ばかりは、いつもの辛口は封印で、私の補佐官就任を美味しいワインで祝って下さいました。感謝です。10:15

2011年10月15日

国会閉会中とはいえ、盛り沢山だった1週間を振り返り、何より印象に残ったのは、私が言うと怒られそうですが、意外と野田総理がどこに行っても大人気なんです。農業関係の視察で訪れた群馬での熱烈歓迎については先日の独り言で触れましたが、一昨日、天皇陛下にお招き頂いた園遊会でも、艶やかな着物姿を披露した、なでしこジャパンの澤穂希選手に負けず劣らずの大人気。参加者からひっきりなしに記念撮影をお願いされ、私もシャッター係を務めさせて頂きました。一緒に収まると誰しも小顔に写る特典付きです(笑)。失礼。そして、昨日同行した視察先の子育て支援施設でも、次々とお母様方から「うちの子もお願いしま〜す」と赤ちゃんの抱っこをせがまれます。握手を求められることの多い職業ではありますが、こんなに抱っこを求めれる横綱キャラの総理はいなかったはず。縁起物の「総理抱っこ」なのでしょうか。様々な触れ合いを通して、野田総理の温かく実直な人柄が伝わっていくことに喜びを感じています。一方、とても人柄だけでは乗り切れない、難題山積の臨時国会の召集日も来週20日に決まったようです。11:05

2011年10月10日

久しぶりに愚息と遊ぶ時間もあった秋の3連休。体育の日の今日は、天候にも恵まれ絶好の行楽日和。およそ行楽とは言えませんが、私も野田総理の視察に同行し群馬に行ってきました。まずは、世田谷区と姉妹都市提携する川場村。ここはお米コンクールで4年連続金賞を受賞したというブランド米「雪ほたか」の成功で名を馳せています。当然総理にもコンバインに乗って新米を収穫して頂きましたました(笑)。これが、ほんとによく似合うんです。また、農業+観光という位置付けで人気の道の駅を視察したり、群馬県知事らとの懇談など盛り沢山の行程でしたが、行く先々での「総理、頑張れ!」とたくさんのご声援を頂きました。環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加という難しい課題も抱える野田政権ですが、総理も現場主義で答えを出していかなくてはと決意を新たにされたはずです。20:55

2011年10月6日

激務が続き、独り言の更新がままならず、心苦しい限りですが、ご容赦下さい。さて、今週は週の始めから野田総理の2つの大きな決断に立ち合うことになりました。まずは、私も視察に同行した朝霞公務員宿舎。結論は報道の通りですが、私の感覚では、5年間の建設凍結は事実上の中止と受け止めていいのではないかと思ってます。もう1つの決断は、メディアから復活を求められていた「ぶらさがり取材」について。こちらも明確で、野田政権では「ぶらさがり取材」には対応せず、違うスタイルで国民に向け発信していくというものでした。その趣旨については先日も触れていますので、今日は野田総理の決断のプロセスについて。まずは、とにかく人の話を黙ってよく聞きます。決して一方に偏らない情報をしっかり集め、沈思黙考。ただ、そこからの決断は早く、先送りや棚上げ、あるいは人任せということは絶対にありません。何より、自ら決断したことについては全責任を持つという姿勢が凛々しく、周辺が安心してついていけるリーダーの資質なのかもしれません。いずれにしても、大きな決断する場面がこれからも次々と続く野田総理を全力で支えていきたいと思っています。9:55

2011年10月1日

野田政権にとって最初の国会が昨日で無事閉幕。衆参で4日間続いた予算委員会は、連日早朝6時台から答弁準備の勉強会があり、私の目覚まし時計も5時台セットの生活が続きました。補佐官は時より口をはさみ、できるだけ総理に良い答弁をして頂く準備をするのみですが、総理自身は毎日7時間のテレビ中継入り委員会での答弁の連続ですから、筆舌に尽くしがたい想像以上の激務です。決して大風呂敷を広げず、思いつきの発言も慎み、丁寧に誠実な答弁を重ねた野田総理でしたが、メディアの総じての評価は「安全運転」で面白みなしといったもの。何とも勝手なもんです。愚痴の一つも言いたくなりますが、そこは総理と同様で「大忍」の日々。忙中閑ありとまでは言えませんが、今日野田総理はご家族と共に赤坂の議員宿舎から総理公邸にお引っ越し。私は床屋で整髪中です。総理いわく「人生が変わっちゃった」9月が終わり、今年もカレンダーは残り3枚となりました。11:55

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.