衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月: <span>2020年12月</span>

月別アーカイブ: 2020年12月

2020年12月26日

コロナに翻弄され続けた2020年がまもなく幕を閉じます。東京オリ・パラも延期となり、年始に思い描いていたメモリアルイヤーとは残念ながらだいぶ違った1年となってしまいました。一方、今年も変わることがなかったのは、政権与党の腐敗ぶりで、元国交副大臣のカジノ汚職、元法務大臣夫妻の広島での選挙買収、元農水大臣の裏ガネ事件、そして、極めつきは安倍前総理が特捜部から事情聴取され、公設秘書が政治資金規正法違反で書類送検と、見事なまでに年の瀬まで汚職事件のオンパレードでした。衆院の任期満了まで残すところ10ヵ月となり、来年が天下分け目の選挙イヤーになることは確定です。腐敗の極致に達しながらも、コロナ禍で苦しむ国民の悲鳴にまったく応えられていない自公政権を絶対に引きずり降ろす、その一心で都議選と総選挙の準備を鋭意万端に進めていきます。コロナが収束し、平穏な日常が取り戻されることを願いつつ、政治の立場で出来得ることに最大限注力することを改めてお約束しながら、2021年の新たな年を迎えたいと思います。今年も年末恒例の個人的 な「10大ニュース」を「手塚コラム」に掲載しましたので、是非ご笑読ください。それでは、良い新年をお迎え下さい。15:30

2020年12月13日

新規の感染が連日過去最多を更新する師走。内閣支持率70%前後でスタートした菅政権も、支持率下落が顕著で、一部では不支持率が上回る数字も出てきています。菅総理自身の妙なこだわりに周辺が右往左往し、まさにスピード感をもって、政権の目指す「スピード感のある政治」が消え去りました。ブレーキとアクセルを同時に踏むような中途半端なコロナ対応が、年末年始に向けて更なる感染拡大を招き、結果的に経済にも今以上の深刻な悪影響を及ぼすことを強く危惧します。少なくとも税金で旅行や飲食を促進する「GoToキャンペーン」は一時的に停止し、損失は政府が補てんすべきでしょう。予備費は7兆円も残っていますし、医療への支援も急務です。来年の国会召集のタイミングは1月18日に決定的とのことで、いわゆる新春解散の可能性も完全に無くなりました。野党の役割を十分意識した上で、来年の都議選と総選挙への仕込みをする年末となりそうです。今年も残り3週間。早いものです。14:00

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.