衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2003年11月

月別アーカイブ: 2003年11月

2003年11月30日

今月最後の日の最初のニュースは、イラクで2人の日本人大使館員が襲撃され、命を落としたとの衝撃的なものでした。現地調査団が帰国し、派遣予定地域は比較的安全との報告を受け、政府はいよいよ自衛隊派遣の基本計画を決定しようしていた矢先の惨事です。小泉総理は再び「テロには屈しない」と声高に宣言出来るのでしょうか。歴代の総理と小泉氏の一番の違いは、その政治基盤を世論に頼ってきたところでしょう。世論の大勢はもちろん派遣反対。国民的な合意と明確な大義を求めつつ、冷静に考え直す時が来たと思います。いかがでしょう?13:50

2003年11月29日

寒い週末に少し嬉しいニュースです。私の選挙区の中でも、特に高級住宅街と呼ばれることの多い世田谷区の深沢。ここに豪邸を構えているのが、民主党の代表代行に就任することになった小沢一郎氏。その小沢事務所から「小沢の自宅に民主党の掲示板を5枚届けて下さい」との連絡を頂きました。この掲示板には「掲示責任者・手塚よしお」と印刷されていて、日頃のポスターを貼るにもとても便利な物なのです。これまで小沢邸には自由党の掲示板が貼ってあり、それを取り替えて下さるとのこと。遅れ馳せながら、思わぬ合併効果を実感しています。17:10

2003年11月27日

今日で特別国会は閉幕。イラクへの自衛隊派遣をめぐり、国民の多くがこれだけ疑問を持ち、憂慮している中、小泉総理の答弁は「状況をよく見極めて判断する」の一辺倒。これでは我々民主党のみならず、国民が納得するはずがありません。あらためて「手塚日記」に私の考え方を記しましたので、是非ご一読下さい。選挙後最初の国会を終え、一番感じたことは、国民に対して真摯に説明責任を果たそうという姿勢を完全に失った現政権は、それほど長くは続かないだろうということです。政権奪取出来なかったことが、今さらながら本当に悔しく思います。18:50

2003年11月25日

朝からずっと冷たい雨が降り続いています。実は今朝の駅頭演説から、スーツのズボンと下着の間に1枚肌着を着用し始めました。モモヒキです。いつのまにか秋も深まり、もうすぐ冬将軍の到来。年明けからは、さらにこの薄手のモモヒキに代わり登山用の肌着の上下になります。季節の移り変わりを肌着の厚さで実感しているわけです(笑)。さて、今日は衆議院予算委員会。民主党は菅代表や岡田幹事長らが質問に立ちました。相変わらず私は、国会対策委員会の動員担当として傍聴や応援を求めて奔走。大汗をかかぬよう、モモヒキは早々に脱ぎました。17:35

2003年11月24日

3種類の国会をご存じでしょうか? 年明けの1月末から約半年間、主に予算審議を行うのが通常国会。それ以外の時期で、補正予算や国政の重要案件を審議する臨時国会。そして、総選挙後に総理大臣の指名などを行うのが特別国会です。現在開会中の特別国会の会期は9日間で、今週の木曜まで。総選挙での民意を受け、第2次小泉内閣が正式に発足したことで、総理の所信表明演説と、各党の代表質問を強く求めたのですが、与党はこれを拒否。行われるのは衆参各1日の予算委員会だけです。なぜそれほど議論を避けるのか、まったくわかりませんね。12:20

2003年11月23日

今日で選挙からちょうど2週間。ようやく私の身体も普段通りに回復したようです。何せウグイス嬢による名前の連呼を一切せず、街宣車を返上しての選挙運動を志向し、朝晩の駅頭、夕方の商店街、休日の集合住宅やダイエー店前など、徹底的にマニフェストの内容を演説して回りましたから、終盤はほとんど声が出ない状態でした。そんな満身創痍の私を、全日程にわたり応援弁士として、時にはビラ撒き隊長としてサポートしてくれたのが関口太一世田谷区議(27歳)と、伊藤悠目黒区議(26歳)。2人の若さとそのエネルギーは何より陣営のエンジンでした。11:40

2003年11月20日

昨日の初登院で「第43回選挙」と裏に刻まれた新しいバッジを頂きました。3年半前の初当選の時は万感の思いがありましたが、2度目となると少々事務的に。ただ、再選を果たした民主党の仲間たちとの国会での再会は、特別な感慨がありました。それぞれの選挙戦での苦労話や、58人もの後輩が出来たこと、あるいはどうやって田中真紀子さんとお付き合いするかなど、その話題は尽きません。本会議場の議席は、期別年齢順に座りますから、3年前に水もかけられた2列目から一気に6列目に。ちょうど真ん中あたりで、景色も大いに変わりました。10:20

2003年11月18日

新たに当選した民主党の新人議員は総勢58人でした。それぞれの議員会館や議員宿舎の割り振りは、各党の国会対策委員会の仕事。野田佳彦国対委員長は「不動産屋さんみたいな仕事だね」と…。さらに今日は、あの田中真紀子さんが、民主党の会派に入るとのこと。その対応にも追われ、すでに国会が始まったような忙しさでした。いよいよ明日、特別国会が召集され、正式な初登院になります。国会正面玄関がこの時だけ開門され、新たな議員バッジも付けて頂けます。いつも通りに、早朝に駅頭で演説をしてから、胸を張って国会に向かう予定です。23:40

2003年11月16日

日頃から「俺たちは、自民党でも民主党でもねー。早稲田党だ!」と言ってはばからない諸先輩が集う目黒稲門会。昨晩、その定例会に参加すると、会は祝勝会に一変し、最後は「紺碧の空」と「都の西北」の大合唱。本当に有難いことです。早稲田といえば、同野球部出身の元大リーガーで、親交のある小宮山悟さんからもお祝いメールを頂きました。以前に私が「文部大臣になって甲子園で始球式をしたい」と口をすべらせたことを覚えてくれていたようで、「1日も早く甲子園のマウンドへ。その時は、私が厳しく指導します」とのメール。感謝感激です。11:10

2003年11月15日

今朝は何週間かぶりに、目覚まし時計のアラームをセットせずにゆっくり休ませてもらいました。選挙期間中とそう変わらない1週間でしたから…。朝夕の駅頭演説はもとより、選挙でお世話になった方への挨拶回りや、マスコミの取材、さらには来週の19日に特別国会が召集されることになり、国対副委員長としての公務も始まっています。選挙期間中のエピソードなども、徐々に書いていきたいと思っていますが、すでに「秘書日記」や「内野席」でその一端が紹介されていますので、どうぞご一読下さい。ちなみに私は5キロほど痩せました。15:30

1 2 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.