衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2003年7月

月別アーカイブ: 2003年7月

2003年7月31日

学生野球で活躍する選手の大半は特別推薦枠で入学している昨今、2浪して早大に入学。大学ではエースで主将。千葉ロッテにドラフト1位指名で入団しエースに。その後、FA権を行使し夢の大リーグ、ニューヨークメッツへ。同時代を早大で過ごしただけでなく、そのクレバーな投球術にも魅せられ、私も応援していた小宮山悟氏。現在は我が選挙区にもお住まいとのことで、昨晩は、共通の知人のはからいで食事を共にする機会に恵まれました。政治家であることを忘れ、野球談義に花が咲きました。夢を実現した生きざまは、さすがに説得力が違いました。12:40

2003年7月30日

昨晩は、今時のガングロ(顔を黒く化粧)チャパツ(髪の毛が茶色)の女子高生と交流してしまいました。新たなメディアとして注目されるインターネットTVで「Hot Communication」という放送局の「THE 永田町学園」なる番組に講師として出演してきたのです。番組は私が学校の先生で、生徒が一般募集の、前述の女子高生をはじめ社会人や主婦など約20名。恐らく初めて接するであろう国会議員に、生徒さんから様々な質問がなされ、それに私か答えていく形式です。夏休みでお暇な方は、来週以降の放送になりますのでご覧下さい。hc-tv.com です。16:10

2003年7月29日

私の選挙区である東京5区にも、自由党の候補予定者がいることで、多くの方にご心配をお掛けしているようです。遠藤宣彦さん、40歳。旧郵政省の出身で、そのお人柄までは存じませんが、同世代で志を持たれた有能な人材であることは間違いなさそうです。両党が合流してひとつになるのですから、党公認の候補者も当然1人に。合併合意書では「候補者調整では小選挙区当選者を優先し」とされていて、あらためてのご心配には及びませんが、そこは相手もあることですから、少々複雑です。いずれにしても、我々の相手は自民党の候補者ただ1人です。18:30

2003年7月28日

今日は、すでに他界した実父の73回目の誕生日。職業は音楽評論家でしたが、政治の対しても一家言あった親父は、この会期末をどのように見ていることでしょう? 190日間に及ぶ長い通常国会が、本日で閉幕しました。およそ構造改革など進まない予算案に始まり、与野党が辛抱強く協議を重ね成立させて有事法制。最終盤で与野党激しく対峙したイラク新法などなど。その間にも、統一地方選を戦ったり、土壇場での自由党との合流もあり、とても濃密な半年間だったと思います。天国からは「次は選挙だぞ」との親父の声が聞こえてきそうですが…。18:45

2003年7月27日

民主党の同期生で、仙台が選挙区の鎌田さゆり代議士から「生きた心地がしないわよ」とのメール。宮城県北部を襲った大地震。気象庁では、震度6弱以上の強い地震を1日に3回観測したのは初めてのことだそうで、その後の被災の状況が危惧されます。5月末にも東北地方では大きな地震がありました。「天災は忘れた頃のやってくる」と言われますが、忘れる暇もなく襲った再度の震災。先日の九州での大雨災害もしかり、地球温暖化や都市部への人口集中で、自然災害は世界的に大規模化する傾向にあるとのこと。決して他人事ではありませんね。13:30

2003年7月26日

通常国会の最終盤で、深夜にもわたり与野党が攻防を展開していた最中に、弱冠20歳の北島康介選手が、水泳世界選手権で世界新記録での2冠を達成していました。拍手を送りたいですね。我が母校は埼玉県予選で5回戦まで進むものの、甲子園でも優勝候補になるであろう浦和学院にコールド負け。後輩球児、夢をありがとう。阪神はいつのまにか貯金40。こちらの夢はふくらむばかりです。さて、自由党との合流については、今日の「手塚日記」に私の思いをまとめてみましたので、是非ご覧下さい。最大の夢は、言うまでもなく政権交代です。18:05

2003年7月25日

昨夜は参議院での与野党の攻防を見守り、国会を後にしたのが午前1時過ぎ。今日はひどく寝不足です。小泉総理の「公約を守らないのはたいしたことではない」との発言で幕開けした通常国会は、一昨日の党首討論で、イラクのどこが非戦闘地域なのか「わかるわけがない」と、総理がまたしても無責任に言い放ち、本日いよいよクライマックス。我々が提出した小泉内閣不信任案は、与党の反対多数で否決こそされましたが、そこは数の壁を前にした無力感よりも、近い将来の解散総選挙に対して、むしろ武者震いを覚える結果だったと思います。21:55

2003年7月24日

自由党との合併構想が再浮上し、急転直下、自由党が解党し我が民主党に吸収合併されることとなりました。昨日はこの事態を受け、党内でも様々な会合が持たれ、私も忙殺されていました。一夜明け、今日は朝から「禁足」です。これは緊急事態にそなえ、全議員が国会から離れてはいけないという党からのお達し。その背景は、参議院での「イラク復興支援特別措置法」の採決が近づく中で、野党4党共同の内閣不信任案の提出も視野に入っているためです。今日は、約半年間にわたる長い通常国会の締め括りに相応しい、長い長い1日となりそうです。10:50

2003年7月22日

今日は阪神ネタではありません。甲子園を目指して、私の母校早大本庄高等学院の快進撃が続いています。強豪埼玉栄の勝って4回戦も突破してしまいました。第2秘書の松田君の母校、泣く子も黙るPL学園とは違って、そろそろOBの我々もソワソワしてきたところです。ちなみに秦秘書の母校都立羽田高定時制は軟式の星で、神宮球場を目指していて、中村秘書の立教付属高は野球よりゴルフだそうです。それぞれの夏、爽快な梅雨明けが待ち遠しいですね。国会では、与党が「イラク復興支援特別措置法」の強行採決の構えです。緊迫の終盤。詳細はまた。15:45

2003年7月21日

この独り言を私が携帯電話を使って直接書き込み、皆様もPCがなくても簡単に携帯でご覧頂けるようになってまもなく2年です。私が副委員長を務める民主党の広報・宣伝委員会が、党のHPを管理・運営していますが、お恥ずかしいことに、これまでは携帯サイトがありませんでした。主要政党の現状を調べると、内容はともかく既に準備されているのです。政治のIT化を進める民主党として何たる大失態。私が責任者になり、大急ぎで民主党の携帯サイト開設を進めてきましたが、明日堂々のスタートです。アドレスはwww.dpj.or.jp/mobile/ 乞うご期待。17:50

1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.