衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2003年1月

月別アーカイブ: 2003年1月

2003年1月31日

昨日、参議院で14年度補正予算が成立したことで、いよいよ今日から15年度の本格予算の審議が始まりました。まずは衆議院本会議場での小泉総理の施政方針演説演説。官僚が書いた原稿の棒読みはいつものことですが、今国会最大の課題である経済再生とデフレ不況克服への決意があまりに希薄であることを露呈させるものでした。構造改革路線からの政策転換との批判を恐れ「大事なことは失敗しないことではなく、失敗を次の成功に生かすことだ!」と、総理お得意の精神論で締括りました。週明けから徹底的な論争がスタートします。ご期待下さい。17:10

2003年1月30日

法政大学野球部の花形選手として活躍、一時は俳優を目指すも、読売新聞の記者として終戦をむかえ、戦後、目黒の自由が丘の地に映画館をつくり大繁盛。ダービー馬の馬主にもなった私の祖父。競馬場に行かない休みの日には孫とキャッチボールもしてくれる、本当に優しい人でした。生前「よしおに事業を継承してもらいたいけど、それ以上に世の中に貢献できる人間になってもらいたいんだ」と。ひょっとすると、私が初めて政治を意識するきっかけの言葉だったかもしれません。今日1月30日、祖父の18回目の命日を感謝の気持ちで迎えています。合掌。11:35

2003年1月29日

一昨日衆議院で成立した14年度の補正予算案は参議院へと論戦の場が移りました。今週に限り我々が属する衆議院は、いわば凪の状態といったところでしょうか。私の体調も少々下降気味で、風邪の前兆を感じています。20代の頃は、風邪なんて気力で克服だと意気込んでいたのですが、年とともに最近は臆病になったようで、明日に備え今夜は早寝したいと思います。中身がない短い独り言でごめんなさい。20:45

2003年1月28日

「民主党エリート代議士の結婚相手はあの美人秘書!」とは週間現代のスクープです。同期の仲間では数少ない年下の中村哲治代議士が結婚をしたのです。彼は京大卒業後、議員秘書を経て、前回の総選挙でわずか28歳で当選。とにかく真面目で頑固な人柄。昨年の代表選でも常に行動を共にした、私にとっては最も信頼する弟分の一人です。話題のお相手も同期の民主党代議士の秘書を務めていた女性で、一昨年世間を騒がす事件を起こした経緯があり、今回の報道になったようです。愚直な彼らしい結婚をただただ祝福し、幸せを心から祈りたいと思います。10:00

2003年1月27日

モンゴル出身の朝青龍が2場所連続優勝を果たし、貴乃花が引退をした場所で横綱昇進を決定的なものとしました。これで横綱はハワイ出身の武蔵丸と2人に。頑張れ日本力士!さて、今日も冷たい雨が降る中、国会では予算委員会での論議が続いています。さきほど小泉総理は、例の「大したことない」発言を「不適切だった」と謝罪したところです。総理としてご自身の言葉にもう少し責任を持ってもらいたいですね。夕方まで予算委員会は続き、その後採決の見込み。補正予算の成立は夜の本会議で。今夜はさすがに新年会どころではありません。14:20

2003年1月26日

まだまだ続く新年会。今日は新年会で頂いたお土産の話です。不況の中、食肉ブランド表示偽装やBSE問題などの逆風続きに終止符を打つべく、目黒食肉組合がレトルトの「めぐろ限定ポークカレー」を昨年12月から店頭発売を始めたとのことで、その試食品を頂いたのです。安全性と高品質、そして低価格で一人暮らしの高齢者などを中心に人気を博しているそうです。落語で有名なサンマに続く、新たな目黒ブランドに育てて、業界や街の活性化につなげたいとのこと。なかなか自宅で食事をする機会の少ない私ですから、試食予定はまだ未定ですが…。17:15

2003年1月25日

昨日は朝から夕方まで予算委員会に缶詰になり、夜はまだまだ続く新年会5会場と慌ただしく、独り言を失礼してしまいました。一昨日の小泉総理の「公約を守れなかったことは大したことではない」発言はやはり大きな波紋を呼んでいますね。総理の口癖でもある「大胆かつ柔軟に!」とは、どうやら「大雑把でいい加減に!」ということだったようです。さて、今日は今年初めてのタウンミーティング(国政報告会)。初めての試みで2会場で開催します。国会の臨場感をお集まり頂いた皆様にお届けしたいと思っています。12:05

2003年1月23日

今朝の雪には驚きました。一時かなり激しく降ったので積もるかと思いましたが、いつの間にか冷たい雨に変わりました。国会は今日から14年度の補正予算の審議のため予算委員会が始まりました。民主党で最初に質問に立ったのは、昨年末に代表に復帰した菅直人代表。舌鋒鋭く「国債発行額30兆円以内との公約は守られたのか?」と小泉総理に問い質すと「この程度の公約を守れなかったことは大したことでない」といつもの感情むき出しの大声で反論。政治家は公約が命ともいわれています。この開き直りには、今朝の激しい雪以上に驚いちゃいました。18:00

2003年1月22日

初当選以来ずっと私が副委員長を務める民主党国会対策委員会。通称国対と呼ばれていますが、実際はどんな仕事をしているか少し説明しましょう。例えば政府から14年度補正予算案が提出され、明日から予算委員会での審議が始まります。審議もそこそこにいち早く成立させたい与党と、テレビの前で徹底的に論戦をしたい野党との間で、では何日間委員会を開催するかを交渉するのが役割になります。また実際に委員会では民主党の誰が何時間質問するかの割り振りも国対の仕事なのです。よくいえば国会の司令塔。あるいは雑用全般のお仕事なのです。15:10

2003年1月21日

平成の大横綱、貴乃花の引退でひとつの時代の終焉を実感しています。無理して政界と角界を比較することもないのですが、こちらにも親が政治家だった二世議員を多く見かけます。特に自民党は約半分がそうで、選挙の洗礼を受けているとはいえ、まるで国会に就職したのではないかと思える議員も少なくありません。一方、二世力士の貴乃花は、日々白黒がはっきりする実力がすべての角界で頂点を極め、見事に一時代を築きました。同時代を生きるものとして、心から拍手を送りたいと思います。「不惜身命」は、我々こそ常に心にとめたい言葉です。14:20

1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.