衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2006年3月

月別アーカイブ: 2006年3月

2006年3月18日

昨日、メキシコがアメリカに勝ち、日本が準決勝に進出することになりました。明日の正午から決勝進出をかけてまたまた韓国と対戦です。「2度あることは3度ある」のか「3度目の正直」になるのか、いずれにしてもこの強運を生かしたいですね。頑張れ日本。さて、今夜は「手塚事務所インターンOB会」の懇親会が開かれます。今週の独り言でも紹介した今期の4人が12期生。OBは霞が関で官僚として働く者、広告代理店に就職し某党の広報戦略の片棒を担いだ者、テレビ局の記者として先日の永田メール騒動の最中に私を取材しようとして残念ながら失敗した者など、それぞれが社会で活躍してくれています。久しぶりに懐かしい面々に会えるのは本当に楽しみです。15:50

2006年3月16日

「とにかく世界一になりたいんだ」と言っていたイチロー選手。日本ではずっと首位打者を獲得し、メジャーリーグに渡ってからも5年連続200本安打を放ち、名実共に世界一の安打製造機になったはず。ただやはり野球はチームスポーツ。日本人のチームで世界一を目指すという、その純粋でひたむきな姿勢に感動を覚えました。まさに野球少年の夢。しかしその夢の実現はどうやら次の機会に。たった今、日本はWBCの2次リーグで韓国に敗れ、準決勝トーナメントに進出するには、明日のアメリカとメキシコ戦で、アメリカが2失点以上で敗れた場合のみとのこと。他力本願は難しいでしょうね。ただ野球で感じる春の到来。来週には春の選抜高校野球大会、再来週にはプロ野球も開幕します。15:10

2006年3月14日

昨晩は恒例となったインターン生歓迎会。2000年の初当選以来、大学の夏・春休みの時期に都合11期、70名以上のインターン生を受け入れてきた手塚事務所。今回は議席を失った私ではなく、都議となった伊藤悠君がその受け皿となってくれています。実際、2人の事務所は所在地も機能もスタッフも一体ですから、最近では年齢が私の半分ぐらいが当たり前となったインターン生にとっても、1粒で2度美味しいインターン生活になっていることでしょう。今回の男女2人づつの実に粒揃いの4人のインターン生の存在は、常勤スタッフにもいい刺激になっている様子で、昨晩の歓迎会では、自ら壊れてしまったスタッフもいたぐらいでした(笑)。昨日更新した「秘書日記」は久しぶりの「インターン日記」です。こちらも是非ご笑読下さい。12:10

2006年3月13日

今朝は少々落ち着きを欠いた駅頭演説。子どもの頃から野球をこよなく愛する私にとっては、まさに夢の対決が今朝6時にプレーボール。WBCの2次リーグで実現した日本対アメリカ戦は、イチロー選手の先頭打者ホームランで始まる手に汗握る熱戦となりました。関口太一君にマイクを握ってもらっている間、こっそり携帯電話で試合をチェック。結果は残念ながら9回サヨナラ負け。悔しいですね。しかし、勝利した瞬間のメジャーリーガーたちの抱き合う歓喜の表情を見ていると、確かに国というプライドをかけての真剣勝負だったことを物語っていました。アッパレ日本。明後日は朝9時から背水の陣となるメキシコ戦。駅頭演説後の朝食は食べない予定です(笑)。10:30

2006年3月11日

三寒四温。寒かったり暖かかったり、冬と春が喧嘩でもしている気候なんでしょうか。今日は、都議会議員時代からずっとご支援頂いている方のお嬢様の結婚披露宴に出席します。新婦に初めてお会いしたのはまだ高校生だったの頃。月日の経過を感じます。もっと強烈だったのは、昨夕の二子玉川駅。関口太一君といつものように演説をしていると、まだ20歳には届かないと思われる女性から「頑張って下さい。私の父と手塚さんは八幡中で同窓なんです」と。結婚し早く子どもが生まれるとこんなに成長するんだと、あらためて今年40歳を迎える自分自身の年齢を自覚した次第です。政界は今、若いというだけで、稚拙、経験不足という印象のようで、大逆風が吹いています。私より若い政治家の芽がどんどん出て来ている時だけに、踏張らなくてはいけません。15:30

2006年3月9日

昨日の「夜明けの会」の朝食会で、鳩山由紀夫幹事長が話して下さった「晴れた日の友と雨の日の友」の話を。長い人生、誰でもいい時も悪い時もあるけれど、いい時は周りに人が集まってくるけれど、悪い時は人が離れていくもの。ただそんな時に大事にしてくれた「雨の日の友」は本当に有難いという話です。総選挙で議席を失い、茨の浪人生活を送る私を物心両面でお支え下さる面々を前に、由紀夫先生が私の代わりに感謝の思いを話して下さったのでしょう。「夜明けの会」の皆様にも、「政治は愛だ」と言って憚らない由紀夫先生にも感謝の気持ちで一杯になりました。厳しい世論。激しい政治闘争の舞台裏。怒濤の如く押し寄せるマスメディアの脅威。色々とありましたが、私も一人の友人として、永田寿康君の「雨の日の友」にはなれたかなと思っています。14:00

2006年3月8日

春らしい気候になってきました。今朝は「夜明けの会」の第4回目の朝食会。ゲストは一連のメール事件の責任をとって辞意をもらしていた時期もあった鳩山由紀夫幹事長でした。時節柄、永田メール騒動の顛末とその舞台裏を丁寧にお話頂くと同時に、民主党再建への思いを熱く語って頂きました。党への風当たりが厳しい時は、本当に由紀夫さんの暖かいお人柄には救われる思いです。「民主党の構造改革は、現在は恒三改革です」との話には参加者一同大爆笑。もちろん笑ってる場合ではありませんが…。来月はいよいよ岡田克也前代表をゲストに迎えることになっています。11:30

2006年3月6日

自民党のある議員からは「民主党は逆イナバウアー状態だ」と言いたい放題に言われる中ですが、私もこの週末は行く先々でお詫びをさせて頂きました。目黒区の2会場で開催したタウンミーティングや、恒例のダイエー前演説では多くのご激励の言葉をかけて頂きました。厳しい時ほど胸にしみます。民主党が失った信頼の回復は容易なことではありませんが、コツコツと地道に信じた道を歩いて行くしかありません。頑張ります。ところで、野球の日本代表チームは昨晩は韓国に敗れたものの、無事にアメリカ行きのチケットをゲット。2次リーグは12日からアナハイムで行なわれます。まだまだ期待出来そうですね。6:00

2006年3月3日

国対委員長に渡部恒三氏との第一報に本当に驚きました。73歳、当選13回、衆議院副議長を務め、現在は民主党最高顧問。私の祖父が同郷で、早大雄弁会の大先輩ということもあり、いつも声を掛けて頂いていました。「この年になると、若い人が部屋に来て昔の自慢話を聞いてくれるとよだれが出ちゃうよ」とまったく飾るところのない好々爺。党にとって厳しい時だからこそ、常に周囲を和ます恒三先生の力をお借りし、総動員態勢で信頼回復をはかっていかなくてはなりませんね。さて、今夕からWBC(ワールドベースボールクラシック)が始まります。まずはアジア地域の代表(2枠)を争う1次リーグ突破を期待したいと思います。初戦は中国です。12:45

2006年3月2日

嵐がなかなか過ぎ去りません。民主党では辞任表明した野田国対委員長の後任人事の調整が難航している様子。また、永田代議士の懲罰動議は本日の衆院本会議で懲罰委員会に付託され、2006年度予算案もあっさりと衆院通過の見通しだと。次から次へと喜べないニュースが飛び込んで来ます。我慢の時なのでしょう。さて話題を変えます。桜の開花予想を耳にしましたが、今年は平年より数日早く東京では3/25頃とのこと。慌ただしく過ぎる日々ですが、季節の動きを少しだけ実感します。明日はひな祭り。12:30

« 1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.