衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 手塚の独り言

手塚の独り言

2020年5月26日

4月7日に発令された新型コロナウイルスの緊急事態宣言が、昨日5月25日を持ってすべての都道府県で解除され、政府からの国会報告に対して、私が議院運営委員会の質疑に立ちました。政府の遅くて不充分なコロナ対応に危機感を覚えつつも、感染者数や死亡者数をここまで抑え込めた奇跡を、まずは率直に喜びたいと思いますし、すべての医療従事者等に感謝の意を表したいと思います。一方で、「ジャパン・ミラクル」と諸外国が半ば揶揄を込めて評するように、それぞれの政策が果たして妥当なものだったのかの検証は、第2波へ備えるために欠かすことができません。単に「運が良かった」だけで済ませるわけにはいきません。そして、いよいよ政権末期の様相を呈し始めてきた安倍政権。世論調査では支持率が3割を下回り、黒川検事長を訓告という軽い処分に留めたのが官邸主導だったという報道も出てきて、凋落に歯止めがかかりそうにありません。2次補正予算成立後に通常国会が閉会すると同時に、政権内や自民党内の権力闘争が繰り広げられることは間違いない状況でしょう。我々と しては、疑似政権交代に終わらせることのないよう、新たな選択肢を堂々と提示すべくあらゆる備えを進めていきます。8:30

2020年5月19日

「#検察庁法改正案に抗議します」の声が瞬く間に大きなうねりへとつながった検察庁法改正案は、政府与党が今国会での強行採決を断念せざるを得ない状況まで追い込まれ、世論の勝利で第一幕を終えました。公務員の定年延長のための国家公務員法改正案と「束ね法案」になったまま、次の臨時国会へ先送りされただけですから、秋の陣で最終的な全面撤回を勝ち取るべく引き続き徹底的な審議を求めていきます。さて、新型コロナは全国的に収束の兆しが見えつつあり、東京など8都道府県を除き、すでに緊急事態宣言が解除されています。東京でも新規感染者数1桁が目立ち始め、これまでの自粛効果が着実に出ているようです。とはいえ、疫学的にも次なる感染拡大が再び訪れるのは確実のようで、早急な2次補正予算の成立も含めて、国会でやるべき感染症対策や経済対策を自治体などと連携の上、特急で行っていきます。個人的には、まもなく方針が決まるであろう夏の高校野球の開催可否に大きな関心を寄せていますが、異例ずくめの通常国会も会期末まで残り1ヶ月。同じく都知事選挙の 告示も1ヶ月先に近づいてきています。もう少し水面下での作業が続きそうです。15:30

2020年5月7日

ゴールデンウィークが終わったのか、終わってないのか。そもそも連休があったのかなかったのか、非日常の日々が経過し、気付けば1年で最も過ごしやすい緑が眩しい季節になりました。さて、緊急事態宣言が5月末まで延期。細部はともかく大枠として当然の判断だと思いますし、政府や自治体などが一丸となりコロナに立ち向かっている現状に、国会としても全力投球でスクラムを組んでいますが、家賃補償や学生支援など既存の対策から漏れてしまっているところへ、一刻も早い救いの手を差し伸べられるべきです。巧遅は拙速に如かず、今はスピードが第一です。東京での新規感染者数も、ここ数日は二桁台に落ち着いているようですし、短期スパンでの出口戦略をしっかりと練り、第2波・第3波の来襲に社会全体で備えていきたいものです。今日はプライベートの報告も一つ。息子と同い年だった愛犬・権之助が天に召されてちょうど1年。我が家に新しい家族が加わりました。牡の柴犬。名前はエビ。これまで生まれた場所から命名してきたことを踏襲し、恵比寿から来たエビ君です。と にかく散歩好きで、運動不足になりがちなこの期間、大活躍してくれています。以後、お見知りおき下さい。19:00

2020年4月20日

目黒区長選挙は、市民と野党の共闘で推した山本紘子(ひろこ)候補が大変残念な惜敗に終わりました。各党の政治的な思惑が交錯する中で選挙の構図がなかなか定まらず、また緊急事態宣言のもとで史上空前の低投票率が危惧されながらも、33.33%と前回比7.31%増の投票結果となるなど、大変に舵取りが難しい選挙でした。有権者の判断を真摯に受け止め、我々が当選に一歩届かなかった敗因を詳細に分析する必要があろうかと思っています。それにしても、改革意欲に溢れる最高の女性候補だっただけに、至極無念でなりません。一方、国会では安倍政権が迷走に迷走を重ねています。前代未聞の補正予算案の組み替えに連立パートナーの公明党から追い込まれる顛末を経て、ようやくすべての国民への一律10万円給付を決定しましたが、この半月のムダな足踏みがいったいなんだったのか、国民の不安と怒りを安倍政権はどこまで実感できているんでしょうか。来週1週間で急ピッチの予算審議がおこなわれる見込みですが、大型連休明けの緊急事態宣言の延期も予測されていて、先行きがまったく見 通せない状況になっています。平穏な日常が1日も早く戻るよう、今出来ることに全力を尽くして参ります。22:00

2020年4月5日

今年から中学校に進学するはずの息子の授業も始まらず、毎年ワクワクするプロ野球の開幕も見通しが立たたない中、気づいたら新年度がスタートしていた感じです。猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。我々が生活と仕事をする東京でも、1日の感染者数が3桁になり、いよいよ週明けにも緊急事態宣言かとの雰囲気になってきています。1ヶ月前の特措法が成立する場面では、私権制限につながるとの警戒感が広くありましたが、むしろ現在は早く強い制限のもと、医療崩壊だけは絶対に避けなければならないとの世論になりつつあります。何から何まで後手後手にまわってきた政府の対応を批判するのではなく、大胆な政策をスピード感をもって進める後押しや、冷静にチェック機能を果たしていくのが野党の定めと思っていた矢先に、布マスク2枚配布は、開いた口が塞がりません。それでも、政治活動も自粛し自宅で過ごす週末に、改めて自身の政治行動について熟考する時間となっています。仮に緊急事態宣言があっても、4月12日告示、19日投開票の目黒区長選は延期できないというのが 総務省の見解です。国難の時ほど冷静に、かつ大局に立った判断をしなくてはなりません。外では桜吹雪が舞っています。11:30

2020年3月23日

暖冬の影響か、例年より早く桜が開花。それでも、目黒川沿いの桜を見に来る人々は、海外からの観光客がほとんどいない分、ボリュームは少なくなっています。本来なら、甲子園に響く金属バットの打球音に春の到来を実感し、プロ野球の開幕にワクワクの時期だけに、気分的に寂しい春本番となりました。追い討ちをかけるように、東京オリンピック・パラリンピックの延期が決定的になり、関心はすでに延期時期に移りつつあります。まず五輪憲章の変更の必要のない今年の秋へ。そして来年への1年延期。さらに冬季五輪と同年に行う2年延期の3択でしょう。いずれにしても、素人でもわかるハードルがあり、判断は難しいところ。最終的にはIOCの判断に委ねることになりますが、政局的にも安倍総理の判断に大きな影響を与えることも必至でしょう。衆院の任期満了まで1年半。解散のタイミングを予測する以上に、解散権を行使するのが果たして安倍総理なのかと考え出すと、いよいよ迷路に入ってしまいます。ここは落ち着いて、間違いなく来月19日に行われる目黒区長選はもとより 、6月に告示される都知事選の野党統一候補擁立に、全身全霊で当たっていく春となりそうです。コツコツ。

2020年3月1日

野党共同で提出した、コロナ対策費を盛り込みカジノ予算を削った組み換え動議が否決され、新年度予算案は与党の賛成多数で衆院を通過。しかし、与党からは例年の安堵ムードはまったく伝わって来ません。むしろ、新型コロナウイルスの初動対応失敗を契機に、政府・与党内で大きな地殻変動を起こし始めていることを感じます。安倍総理から突如表明された全国の学校臨時休校の要請が、日本中を大混乱へ陥らせました。この判断が正しいか否かはこの際棚上げしたとしても、大きな決断をする時には想像力を働かせ周到に準備することが指導者の鉄則。しかし、今回の判断は、危機管理を担ってきた官房長官も聞かされていないどころか、文科省や専門家会議と丁寧に合意形成をした様子はまったくなし。総理自身の桜の件などで支持率が急落し、後手後手となったコロナ対策に批判が集まる中、東京五輪をやりたい一心で、想像力を欠いた「思いつき」での判断だったことが、多くの国民に見透かされていることでしょう。昨日の記者会見は、新味も具体策も乏しいアリバイ的なものになりまし た。国難ともいえる弥生・3月。我々野党も冷静かつ機敏に対応して参ります。10:30

2020年2月22日

国会は衆院での予算審議が佳境を迎えています。嘘八百と揶揄されるような答弁を繰り返す総理、明らかに不公正な議事運営をする予算委員長、迷走答弁の特命大臣、不倫相手の官僚のみに答弁させ逃げ続ける総理補佐官。定年延長の法解釈を突如変更する法務省。書き出したらきりがないほどの不祥事も、新型コロナウィルスの報道に隠されてる印象もありますが、一言で言えば、長期政権の弊害が、膿となって一気に吹き出して来ている印象です。ストレスが溜まりますので、今日は未来思考のご報告も一つ。足下の長期政権と戦うため、立憲所属の山本紘子(ひろこ)目黒区議が、4月19日投開票の目黒区長選挙への立候補を表明。山本区議は、埼玉大卒・東洋大院修了・東工大院在学中の区議2期で、3人娘を育てる43歳。青木英二現区長が3期12年としていた自らの公約を反故にして5選出馬を表明する中、果敢な勇気を持って区長選に挑戦する決意を固めてくれました。前回の都知事選以来、2回の参院選、私の国政復帰を導いてくれた2017年の衆院総選挙と、目黒区では野党共闘が飛躍的に深化 を遂げており、立憲や共産他の野党各党がガッチリとスクラムを組んで、目黒初の女性区長誕生を目指して参ります。ご期待下さい。11:00

2020年2月9日

猛威をふるう新型コロナウイルス。国際的な緊急事態においては細かな対応の不備をあげつらうことなく与野党が結束して水際対策や感染拡大防止に全力を尽くしたいところですが、それにしてもチグハグで後手に回っている印象の強い政府の対処にはいささかの疑問が残ります。無事に封じ込めが叶い、流行が収束したのちにはきちんと検証される必要があろうかと思っています。連日続く予算委員会では、安倍総理の「募ってはいるが、募集はしていない」の珍答弁に代表されるよう、もはや日本語の問題になっていたり、総理自ら急に逆ギレまでする始末。また、閣僚がまともな答弁が出来ずに委員会が散会となる事態まで発生していますが、新型ウィルスのニュースに席巻され、国会の様子が大きく取り上げられないもどかしさを感じているのも事実です。また、地元では目黒区長選をめぐる調整をはじめ、都知事選対応と来年の都議選に向けての候補者擁立作業も始まっていて、都連幹事長としての仕事も続きます。春の到来に思い馳せながら、引き続きコツコツと精進して参ります。12:20

2020年1月21日

早大が11年ぶりの優勝を飾ったラグビー大学選手権。歓喜感涙の荒ぶるフィナーレとなり、私にとってはこの数年で最も興奮したスポーツ観戦だったかもしれません。これまでのうっ憤を晴らすような黄金時代の到来を強く期待しています。さて、150日間の会期で第201回通常国会が昨日召集されました。6月17日が会期末となり、翌18日が都知事選告示日であるのは何かの巡り合わせのように感じられてなりません。前回総選挙以来、議院運営委員会の野党筆頭理事として迎える3回目の通常国会となりますが、内閣提出予定法案は史上最少で、たったの52法案のみとのこと。桜の件、カジノ疑獄、自衛隊中東派遣と、世論の大勢が政府与党に厳しい視線を注ぐ問題を抱え、守り一辺倒の政権運営に陥りつつあるのかもしれません。特に、カジノ疑獄で逮捕者を出したことや、昨秋大臣を辞任した議員への強制捜査もあり、安倍総理が伝家の宝刀を抜けると考える永田町関係者はひとりもいませんが、一刻も早い解散総選挙は我々の望むところで、あらゆる局面の野党共闘を深化させながら、全身全霊をか けて通常国会での舞台作りに励んでいきます。ご期待下さい。9:30

« 1 2 3 262 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.