衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 手塚の独り言

手塚の独り言

2020年10月26日

今年も、国会前の銀杏並木から独特の香りが漂い始め、馬肥ゆる秋が真っ盛りとなっています。本日、第203回臨時国会が41日間の会期で召集されました。ワクチン関連法案や日英経済連携協定の承認など、約10本の閣法が取り扱われる予定です。新型コロナ対策や学術会議の任命拒否問題など、「丁寧に説明」とは程遠い姿勢の菅義偉内閣と、初めての本格論戦を迎えるわけですから、逃げることのない骨太の議論がおこなわれることを期待して止みません。個人的には、これまで3年間務めてきた議院運営委員会の仕事を離れ、息継ぎしながら国会に臨めるのは新鮮な感覚でもあります。一方、解散総選挙が一時的に遠のいたとの見立てが大勢を占める中で、立憲東京都連として来夏の都議選候補者擁立作業が本格化しています。来月初旬にも、一次公認を発表する見込みですが、女性候補の積極擁立はもとより、ひとりでも多くの有為な候補者を世に送り出すことができるよう、幹事長としてそれぞれの地元とのきめ細やかな事前調整に水面下で汗をかいている真っ最中です。どうぞご期待ください。 15:30

2020年10月3日

気づけば今年のカレンダーも残り3枚。めっきりと涼しさを感じる朝晩になりました。菅義偉政権の誕生と新生・立憲民主党の結党で永田町の景色は様変わりしており、与野党ともに諸々の人事体制が整ってきました。私自身の変化は、3年に渡り務めた議院運営委員会野党筆頭理事を退任し、党幹事長代理に就任。与野党攻防の最前線から、福山哲郎幹事長を支える総選挙対策対応と、仕事環境が大きく変化します。また、変化しないのは、新たに結成された立憲東京都連にて、引き続き長妻昭都連会長とのコンビで幹事長を務めること。こちらは、来夏の都議選対応を牽引します。ひと頃の解散ムードは振り子のように変化を続け、現時点においては年内選挙の機運はだいぶ遠のいたとの観測のようですが、さはさりながら、例え明日解散が宣告されようとも受けて立つのが代議士の常。泰然自若の地道な活動で、万が一に備えたいと思います。高い内閣支持率でスタートした菅政権も、日本学術会議での任命拒否で本性が明らかになってきました。さらに、説明責任を果たさないことも安倍政権を踏 襲するようですから、我々は真っ向勝負するのみです。引き続き、コツコツ頑張ります。10:00

2020年9月14日

残暑一転、早くも政局の秋が到来しています。まずは、本日、旧立憲民主党が3年近くの歴史にいったん幕を閉じて解党となりました。あの前回総選挙直前の電撃的結党からこの党と共に歩みを進めてきたわけですから、幾ばくかの感傷の想いもないわけではありませんが、明日には新生・立憲民主党がすぐさま結党となります。衆・参で150名(土壇場で1増)となる大きな野党の塊で一丸となり、共闘体制をさらに深化させながら難局に当たって参ります。そして、自民党の新総裁に選出された菅義偉氏が、明後日16日に召集予定の第202回臨時国会にて、第99代内閣総理大臣へ指名されることになります。国会論戦を避ける性質は安倍政権を踏襲するつもりなのか、所信表明も代表質問も行わずに、わずか3日間で閉会となる見込みですが、解散風も局地的に吹き荒れており、すべての政界関係者の厳戒体制が続きます。さて、本日9月14日、晴れて54回目の誕生日を迎えました。今年もたくさんのお祝いメッセージを頂戴し、感謝の気持ちで一杯です。国会の最前線で持ち場を与えられている天恵を意気 に感じ、この1年も充実した毎日を過ごせるよう精進して参ります。ありがとうございました。19:20

2020年8月29日

2020年酷暑の夏、立憲民主党、国民民主党、社会保障を立て直す国民会議、無所属フォーラムなどの合流が最終的な合意に至り、ようやく新党の結成にたどり着きました。紆余曲折に苦しみながらも、自公政権に対峙する大きな塊をどうにか作り出せたことに、安堵と期待と使命をずっしり感じている一方で、これが真に背水の陣であるとの危機感も強烈に意識しています。そんな残暑厳しき8月28日の昼下がりに突如して飛び込んできた、安倍総理辞任のニュース速報。芳しくない体調が続き、通院での治療が公然と報道されていたわけですから、晴天の霹靂とまではいきませんが、それでも一定の衝撃が永田町全体に走っています。自民党が一大イベントに仕立て上げるであろう新総裁選出の党内選挙にて、疑似政権交代が演出されることのないように、今こそ野党の胆力が試されていると言えるでしょう。果たしてどなたが宰相の座を射止めるのかわかりませんが、どのような政局にも即応し得る体制を築くのみです。7年8ヵ月に渡る一強体制の終焉。その感慨にひたる暇などないことは確かでしょう 。前進あるのみです。9:00

2020年8月3日

例年と違ってあまり季節感を感じない中、ようやく東京でも遅い梅雨明け。記録的な豪雨の連続で甚大な被害に見舞われた地域に対し、国会としてなすべき法整備などに迅速な取り組みを進めていく必要があります。さらには、新型コロナウイルスの第2波も想像以上で、連日新規感染者の記録を更新。そんな中、野党がどんなに要求をしようとも、安倍総理は国会での追及を嫌い、引きこもり状態。公式な会見もずっと開かれず、一時の「やってる感」すら感じない政治不在。誰もがまだ早いと感じるGoToトラベルキャンペーンを強行したと思えば、誰も求めていない小さめ布マスクの追加配布の頓珍漢。野党としては、憲法53条の規定に基づく国会召集要求を行いましたが、過去にもこの要求を無視した実績もある総理のこと、ストレスフルな日々が続く予感です。一方、我々野党側も、総選挙が今秋にもあるかもとの指摘がされる中、大きな塊をつくろうとの動き。立憲民主党が積み上げてきた理念や基本政策を大切にしながらも、新たな政権の受け皿をつくる夏にしなくてはなりません。急に暑く なりました。くれぐれもご自愛下さい。9:00

2020年7月6日

17日間の東京都知事選挙が終わりました。小池百合子都知事が再選を果たし、私たちが市民と野党の共闘で推した宇都宮健児氏は次点となりましたが、25の小選挙区単位で野党と市民が合同選対を一緒に立ち上げて活動を進め、共闘が劇的に深化したという大きな財産を得ることはできました。それにしても、これだけ私心なき純粋な気持ちを持った候補者と選挙を闘えたことは大きな誇りですし、立憲東京都連の仲間たちの奮闘にも心から敬意を表したいと思います。また、同時に行われた都議補選では、北区の斉藤りえさん、大田区の松木かりんさんが、残念な惜敗となりました。定数1を争う補欠選挙の難しさを痛感する結果となりましたが、これも次につながる前向きな敗戦です。課題を直視しながら、捲土重来に期待します。そして、不気味な静けさが漂う永田町では、水面下で早くも権力闘争の鍔迫り合いが繰り広げられ、夏の政局が始まっています。とはいえ、国民感情をそっちのけにして、再び感染拡大局面を迎えようとしているコロナ対応がおろそかになることのないように、我々こそ が政府の監視を強め、即応を求めていく構えです。鬱陶しい空が続き、梅雨明けが待ち遠しいですね。10:00

2020年6月18日

昨日、会期150日間の第201回通常国会が閉会。2月末以降は世界中がコロナ一色となり、誰も経験したことのない国会対応を強いられましたが、補正予算成立など与野党一丸となって国難に当たれたとの自負もあります。とはいえ、コロナ禍への迅速対応を可能とする事実上の「通年国会」を与党が拒んだことで会期延長なしの結末になりました。今後は、極めて異例の合意に至った週1回の閉会中審査でコロナ関連の各委員会が開かれることになります。桜吹雪に賭け麻雀、そして河井夫妻が買収容疑など、汚職と疑惑にまみれた安倍政権が国会審議から一刻も早く逃げたいと思う心理は、誰でも容易に想像できますね。さて、本日告示の東京都知事選挙。立憲民主党は、市民と野党の共闘で、宇都宮健児(けんじ)弁護士を強力にバックアップして参ります。「正直、公正、宇都宮けんじ」の骨太の政策実現に大きな期待を寄せ、小選挙区単位で25カ所に立ちあげた市民選対を中心にして、梅雨の首都決戦を全力で闘っていきます。今夕は、新橋SL広場前にて、各党党首が揃っての演説会。私も司会をさ せて頂きます。13:00

2020年6月5日

2週間後の18日に告示される東京都知事選挙に向け、立憲民主党は宇都宮健児(けんじ)氏を支援することを、昨日開かれた都連常任幹事会で正式に決定しました。宇都宮氏は、元日弁連会長の人権派弁護士です。立候補表明の記者会見で改めて世に印象づけた誠実かつ真摯な受け応えの姿勢に、大きく感銘を受けた人が多かったようですし、4年前の都知事選で大局的な決断で候補者一本化に応じて下さったお人柄を、私もよく存じ上げております。表では改革を標榜する都民ファーストの会を事実上率いながらも、裏で旧態依然の自民党ともがっちり手を組み、メディア映えばかりを意識した劇場型政治に明け暮れる小池百合子都知事に、コロナ感染拡大下における都民の命を託すことは絶対にできません。反転攻勢の材料がまったく見当たらない安倍末期政権の体たらくを前に、国政政党の様々な思惑が交錯する都知事選となりそうですが、難局にある東京の舵取りを任せることができるのは誰なのか、都民の心根にじっくりと問いかけていきたいと思っています。さて、通常国会の会期も残り2週間 。週明けから、財政民主主義の原則に反する、10兆円予備費が計上された2次補正予算の審議が始まります。梅雨入りも近そうですね。7:00

2020年5月26日

4月7日に発令された新型コロナウイルスの緊急事態宣言が、昨日5月25日を持ってすべての都道府県で解除され、政府からの国会報告に対して、私が議院運営委員会の質疑に立ちました。政府の遅くて不充分なコロナ対応に危機感を覚えつつも、感染者数や死亡者数をここまで抑え込めた奇跡を、まずは率直に喜びたいと思いますし、すべての医療従事者等に感謝の意を表したいと思います。一方で、「ジャパン・ミラクル」と諸外国が半ば揶揄を込めて評するように、それぞれの政策が果たして妥当なものだったのかの検証は、第2波へ備えるために欠かすことができません。単に「運が良かった」だけで済ませるわけにはいきません。そして、いよいよ政権末期の様相を呈し始めてきた安倍政権。世論調査では支持率が3割を下回り、黒川検事長を訓告という軽い処分に留めたのが官邸主導だったという報道も出てきて、凋落に歯止めがかかりそうにありません。2次補正予算成立後に通常国会が閉会すると同時に、政権内や自民党内の権力闘争が繰り広げられることは間違いない状況でしょう。我々と しては、疑似政権交代に終わらせることのないよう、新たな選択肢を堂々と提示すべくあらゆる備えを進めていきます。8:30

2020年5月19日

「#検察庁法改正案に抗議します」の声が瞬く間に大きなうねりへとつながった検察庁法改正案は、政府与党が今国会での強行採決を断念せざるを得ない状況まで追い込まれ、世論の勝利で第一幕を終えました。公務員の定年延長のための国家公務員法改正案と「束ね法案」になったまま、次の臨時国会へ先送りされただけですから、秋の陣で最終的な全面撤回を勝ち取るべく引き続き徹底的な審議を求めていきます。さて、新型コロナは全国的に収束の兆しが見えつつあり、東京など8都道府県を除き、すでに緊急事態宣言が解除されています。東京でも新規感染者数1桁が目立ち始め、これまでの自粛効果が着実に出ているようです。とはいえ、疫学的にも次なる感染拡大が再び訪れるのは確実のようで、早急な2次補正予算の成立も含めて、国会でやるべき感染症対策や経済対策を自治体などと連携の上、特急で行っていきます。個人的には、まもなく方針が決まるであろう夏の高校野球の開催可否に大きな関心を寄せていますが、異例ずくめの通常国会も会期末まで残り1ヶ月。同じく都知事選挙の 告示も1ヶ月先に近づいてきています。もう少し水面下での作業が続きそうです。15:30

1 2 3 261 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.