衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 手塚の独り言

手塚の独り言

2021年7月25日

多くの不安と混乱を抱えながら、ついに東京五輪が開幕。日本社会そのものの劣化を嘆きたくなるような醜聞も次々と噴出し、さらにワクチン接種が進んでいるにもかかわらずコロナ感染者数の激増が止まりませんから、手放しで喜べる祭典ムードでないことは明らかでしょう。とはいえ、人生と己のすべてをかけて競技に打ち込んできた五輪代表選手に、素直にエールを送ってテレビの前で観戦したいと思っています。そして、まさにこれこそが菅義偉総理が一縷の望みを託してきた五輪祝賀ムードをテコにした政権浮揚策なんだろうなと妙な実感をしていますが、それこそ有権者を小馬鹿にした話に他なりません。各種世論調査における内閣支持率も続落しており、政権与党に騙され続けてきた国民の怒りも沸点に達しようかという明らかな兆候が見て取れます。常識的に考えられる線の早い日程で10月3日、制度上許される最も遅い日程として11月28日が衆院総選挙の投票日となる見込みです。野党共闘のスクラムをガッチリ崩さずに、自公政権とがっぷり四つに組み合い、土俵下へ一気に押しやりた いと武者震いを覚えている7月です。酷暑が続きますが、皆さんもどうぞご自愛ください。10:00

2021年7月5日

都議選が終わり、次の4年間の新たな127議席が決定をしました。立憲民主党は公認15名・推薦2名が当選を果たし、改選議席から倍増となりました。安堵感や達成感とともに、いくつかの選挙区における仲間の惜敗を心の底から残念に思っています。私も何度も苦杯をなめた経験があります。心を折らなければ、必ず捲土重来の時は巡ってきます。まずは支えてくれたすべての人に感謝の想いを持ち、雌伏の時を過ごして欲しいと切に願っています。私の地元である東京5区においては、目黒区の西崎翔(つばさ)、世田谷区の風間穣(ゆたか)の両名が激戦を制し、なんとか当選することができました。特に西崎君は6票差という都議選史上最小の僅差での滑り込みとなり、涙しました。2人の情熱に希望を託してくれた目黒区と世田谷区の有権者の皆様には感謝の想いしかありません。ありがとうございました。ここからは秋の一大決戦となる総選挙に向けて、今度は私が全力を尽くす番です。古い自民党政治に対する有権者の怒りが高まりつつあることは都議選の結果からも明らかで、我々こそがその受け皿にならんと、準備を進めていきます。どうか皆様、引き続きよろしくお願いいたします。感謝。22:00

2021年6月25日

いよいよ都議選の火蓋が切って落とされました。約1年前から、いや2年前の夏に政治スクール「立憲アカデミー東京」を開講した頃から、立憲都連の幹事長としてこの日を視野に水面下の準備を進めてきましたから、まさに待ちに待った決戦の告示日となりました。立憲民主党から28名の公認候補、5名の推薦候補を擁立した今回の都議選は、東京の未来はもちろんのこと、間近に控えた解散総選挙を前にして、日本全体の行く末を占うことになる重要な選挙となります。党全体で「感染拡大の懸念を払しょくできない今こそ五輪は延期か中止をするべき」と訴え、また出産・子育てや学校教育、そしてコロナ対応を始めとした暮らしの安心安全対策強化に人や予算を振り向けていくべきと強く主張していきます。自信を持って薦められる有為な候補者が揃ったと自負していますが、とりわけ地元の目黒区・西崎翔(つばさ)、世田谷区・風間穣(ゆたか)の2人には、どんな厳しい戦況であろうとも当選を果たしてもらいたいと願っていますし、私自身も取りうるすべての方策を駆使する覚悟です。すべての 仲間たちが、感謝の気持ちを胸に悔いのない9日間を駆け抜け、おのおのが描いてきた東京の未来を現実のものとすべく、議会で躍動する場を必ず獲得してもらいたいと思います。11:00

2021年6月3日

東京地検特捜部が略式起訴する見込みと報じられている前経産大臣の議員辞職が、本日の衆院本会議にて許可されました。香典や現金配布など公職選挙法違反の容疑は論外として、驚きに輪をかけたのが、この1年で国会議員4人の辞職者を輩出した自民党の頂点に君臨する二階幹事長の発言です。政治と金の問題を「ずいぶんきれいになってきている」と記者会見で平然と言い放つ姿には、空いた口がふさがりません。もっとも広島の選挙買収事件を「他山の石」と言ってしまうわけですから、今さら何をか言わんやですが。腐りきった政治を一新するには選挙で勝つ他に王道はなく、今月25日に告示が迫る都議選の天王山で、我々立憲民主党が先頭になり、「市民と野党の共闘」を進める勢力が東京都議会の多数を占めることができるよう死力を尽くします。都議選の争点のひとつとなるオリパラ対応については、感染拡大の懸念を払しょくできない限りは、東京五輪は延期か中止にするのが当然の判断であり、コロナ対策に予算や人材を集中すべきと、党全体が一丸となり強く訴えていきます。ご期 待ください。16:00

2021年5月7日

昨年同様、窮屈で退屈なゴールデンウィークが終わりました。長引くコロナの休業要請などで仕事や生活が切迫している方も大勢存在し、我々が1年以上にわたり強く訴え続けているにもかかわらず、現実に即した形での自粛と補償のセットが未だに実現しきれていないことに強い憤りを覚えています。東京都などの緊急事態宣言も5月末まで延長となる見通しで、ワクチン接種もなかなか進まない五里霧中がまだまだ続くようです。個人的には、3年以上続けている筋力トレーニングで、不覚にも腰を痛めてしまいました。歩行は問題ないのですが、駅頭などでは不自然なビラ配りになってしまっています(笑)。さらに、個人的な話題で恐縮ですが、我が阪神タイガースの例年とは明らかに違う快進撃に元気をもらっています。ルーキーながら、今夜から堂々の4番に座ることになりそうな佐藤輝明選手の規格外の活躍で、2005年を最後に遠ざかるリーグ優勝の可能性を感じさせてくれています。夜の会食の予定も当分なく、腰のケアも兼ねて、静かにテレビの前から声援を送りたいと思います。13:30

2021年4月18日

事実上の第4波が襲来している日本列島ですが、首都圏での感染者数も増加傾向が止まらないようです。遅々として進まない、先進国で最低レベルのワクチン接種状況を尻目に、変異株との入れ替わりが急激に起きているとの指摘もあるようで、これでも東京五輪を本当に開催するつもりなんだろうかと、言われもない不安を募らせている都民が多いであろうことは想像に難くありません。そんな不透明さが増すばかりの東京の未来を占う東京都議選が6月25日告示で実施されますが、立憲民主党の第3次公認候補9名を都連常幹で内定しました。これで、公認27名・推薦5名の候補予定者がすべて出そろったことになります。平均年齢45.9歳、女性比率34.4%の蒼々たる陣立てが整ったと自負しております。思えば、2009年の政権交代も、東京都議選での地滑り的な大勝利が直前にありました。あの時とはまったく政治環境は異なりますが、単なる自治体議員選挙に止まらないインパクトが都議選にあることは間違いありません。おそらくその先になるであろう解散総選挙につながる最重要決戦まで2か月 半。都連一丸の取り組みを進めていきます。ご期待下さい。12:00

2021年4月2日

4月の訪れとともに、早くも満開の桜並木に新緑の葉が目立ち始めました。今日は私の母の誕生日。とっくに傘寿は超えてますが、衰えを感じさせません。いつまでも元気でいてもらいたいものです。さて、2年ぶりに球音が鳴り響いた春の選抜甲子園は、エースの力投と、門馬監督の采配が光った東海大相模の優勝で幕を閉じました。夏の選手権大会では、アルプススタンドが超満員で揺れることに期待をしたいと思います。閑話休題。緊急事態宣言の全面解除前から懸念が囁かれていたリバウンドの兆候が全国的に顕著となってきており、4月5日からは「まん延防止等重点措置」、略して「まん防」が、大阪、兵庫、宮城の3府県へ発令されることとなりました。専門家からはすでに第4波到来の指摘もあり、日本のワクチン接種の遅れが影を落としている側面が否めません。また、変異種もじわじわと広がっているようで、引き続き警戒感と緊張感をもって当たっていきたいと思います。さて、今月は、選挙イヤーの前半の山場となる、衆・参補欠及び再選挙が4月25日投票で実施されます。北海道 、長野、広島。3戦全勝で都議選、総選挙に勢いをつけたいところです。コツコツ。18:00

2021年3月20日

相次ぐ接待汚職疑惑で揺れる国会を尻目に、明日3月21日で緊急事態宣言が全面解除されることが決定しました。ようやくという安堵感と、時期尚早だという現実的判断が入り混じった複雑な世論の受け止めが見て取れますが、各種指標にリバウンドの兆候が現れているのは事実のようで、ワクチン接種が少しずつ進む中、ここで踏ん張れるかどうかが重要なターニングポイントになりそうです。さて、昨年は中止となった春のセンバツ高校野球が、今年はどうにか開幕。入場観客数の制限があったり、アルプス席でのブラスバンド演奏が事前録音になったりと、試行錯誤をしながら大会運営に携わるすべての関係者に頭が下がります。野球ができる喜びを噛みしめ、感謝の気持ちを持ちながら、すべての高校球児がノビノビとプレイしてくれることを願っています。また、プロ野球もまもなく開幕します。毎年決まってこの時期に、「今年の阪神は強いぞ」と言ってる私ですが、即戦力の超大型新人の入団で、今年は一切の迷いもありません。2005年以来の優勝を期待したいと思います。何かとワクワク してしまう春の到来ですか、引き続き、警戒感と緊張感をもって当たって参ります。11:00

2021年3月1日

2001年からこの「独り言」を開始して20年。毎年お決まりのように「弥生3月、春の到来」のような言葉を書き連ねてきましたが、今年も心が浮き立つ季節がやって来ました。しかし、朝一番に飛び込んで来たのは内閣広報官の入院と辞任の一報でした。彼女は世田谷区で副区長を務めた時期もあり、私も知己を得ていましたので、少々複雑な心境です。一方、この件は菅総理の長男の問題であり、自民党的世襲政治とは毛色の違う、菅総理の苦労人伝説を打ち消すことになったかと思います。完全に負のスパイラルに陥った現政権。コロナ禍にあって、国民の関心はワクチン接種の進捗でしょう。情報が錯綜しつつも、どうやら日本で一般へ接種が行き届くのは7月以降になる見込みのようで、東京オリ・パラの開催がどうなるかも不透明な状況が続きます。いずれにしても、7月4日投票の都議選日程などを総合的に勘案すれば、解散総選挙の時期は早くとも夏以降になるというのが確定的かと感じています。まずは、夏の都議選へ向けて、候補者擁立と争点設定という自身の持ち場でに全力を尽くし ていきたいと思う、弥生3月のスタートです。10:00

2021年2月6日

通常国会の幕が開け、早くも半月。緊急事態宣言の延長が決まり、コロナ禍で緊張を強いられているせいか、時間の進みがどことなく遅いような錯覚も感じていますが、3次補正予算にコロナ特措法・感染症法の改正など、例年とは少しばかり異なった日程感で国会審議が進行しています。年が明けても一向に変わらないのは、選挙買収の有罪判決で河井案里氏がようやく議員辞職し、菅義偉総理の長男が総務省幹部の違法接待を報じられるなど、国民にとって不幸なトピックが絶えないこと。我々は決して単なる評論家ではありませんから、最大野党としてここで有権者の叫びを代弁すべく懸命な奮闘を続けています。史上最速の「春一番」が記録され、124年ぶりに2月3日が立春となるなど、異例づくめの2021年。オンラインで行われた立憲民主党大会にて、枝野幸男代表が「政権の選択肢になる」と表明した決意が真になるように、全力を尽くします。さて、センバツ高校野球の出場チーム32校が決まりました。昨年は球児が悔しい想いをした1年でしたが、今年こそはなんとか開催にこぎつけて欲 しいと心から願っています。プロ野球のキャンプもスタートし、球春到来まであと少しとなりました。21:00

1 2 3 263 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.