衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(世田谷)。都議1期、衆院5期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 手塚の独り言

手塚の独り言

2024年6月20日

本日、東京都知事選挙がスタートしました。5月27日の出馬表明記者会見から、目まぐるしくも濃密な準備期間を過ごし、蓮舫さんがついに立候補のスタートラインに立ちました。東京都民の期待感がひしひしと伝わってくる、かつてなく大きな選挙戦になると武者震いをしています。現役世代の手取りをあげる若者支援を少子化対策につなげていくこと、本物の行政改革で都政をガラス張りにしていくことなど、私たちの訴えに対する反響の凄さに驚いていますし、それだけ自民党の裏金政治とこっそり結びつく現職都知事を変えたい、という世論のうねりも充分に感じています。まもなく遅い梅雨入りを迎える東京中を17日間にわたって駆けめぐり、「あなたと次の東京」をつくっていく決意を轟かせていきます。凛と立つ、蓮舫東京都知事候補へ、何卒ご支援をお寄せください。15:00

2024年5月28日

昨日5月27日、蓮舫さんが、東京都知事選挙への出馬を表明しました。6月20日告示・7月7日投開票の戦いです。2004年の参院初当選から4期20年、順風の時も苦しい時も、常に政治行動を共にしてきた一番の盟友の決断です。この数週間、ここに至るまでの逡巡や葛藤に接してきましたし、逃れられない責務に懸命に立ち向かおうとする姿も目の当たりにしてきました。4月の衆院3補選での勝利に加えて、この日曜日の静岡県知事選、目黒区での都議補選の結果に勇気づけられたことも、最終決断の一因になりました。ただ、それ以上に蓮舫さんを突き動かしたのは、「反自民党政治・非小池都政・オール東京」を新しくつくりたい、ブラックボックスに取り込まれてしまった小池都政を終わりにし、「東京をリセット」して、真に都民のため、生活者・納税者のためになる東京にしていきたいという思いです。私自身も、自らの選挙以上に、全身全霊を賭した勝負になると覚悟しています。最大級に多忙な夏を迎えることになりますが、この舞台で躍動できることを意気に感じています。私たちの原点を見失わず、多くの都民の声に耳を傾け、東京中を駆け巡り、必ず新しい東京をつくります。応援宜しくお願いします。14:20

2024年4月30日

春の統一衆院補選、立憲民主党候補の3戦全勝という素晴らしい結果となりました。特に、立憲都連として総力を挙げて挑んだ東京15区では、酒井菜摘(なつみ)さんが昨年12月の区長選惜敗をはねのけて初当選を飾ることとなり、こんなに嬉しいことはありませんね。解散総選挙など次なる戦いへ大きな弾みがつきました。一方で、岸田政権不支持の深刻度や、政治不信の要因となっている政治とカネの問題の闇深さ、ここから先に我々が背負っていかなければならない責務の重さなど、手放しに喜びばかりを爆発させられる政治状況にないことは言うに及びません。さらなる政権末期モードに突入していく岸田内閣がどんな制御不能な状態に陥っていくのか、誰も読めない政局が続いていくことになりますし、1日でも早く「新しい政権」へ向けた戦略を具体化させていく必要があります。覚悟を持って、事にあたっていきます。まずは、今回の「市民と野党の共闘」で共に汗をかいて下さった各政党や各団体と、そして、「古い政治ときっぱり決別してまっとうな政治をつくる」との訴えに共感をしてくださった有権者のひとりひとりに御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。まったく余談となりますが、我が阪神タイガースは、3たてなんて一度もしてないものの、我々が選挙に没頭している間に、首位独走状態になりつつあります。皆様も、良い連休をお過ごし下さい。21:00

2024年3月30日

年度末。東京でもようやく桜が開花し、春のセンバツ高校野球にプロ野球の開幕と今年も待望の「球春」が到来しています。1年でいちばんワクワクする季節ですね。阪神タイガースの連覇へ向け、今年も声を枯らさんばかりの全力応援に励みたいと思います。そして、この4月にさらなる精励奮闘を誓っているのが、まずは来月21日投票の目黒区長選挙です。私の秘書出身の西崎翔(つばさ)都議が出馬表明をしており、5期20年変わり映えのしない古い目黒区政に新風を吹き込めるか、乾坤一擲の大勝負に挑みます。区議2期、都議1期、3児の父親の40歳。他に類を見ないほど実直で誠実な好漢ですから、打ち立てた志が必ず成就するよう、皆で支えて区民のための勝利をもぎ取ります。また、島根1区や長崎3区と並び東京15区でも天下分け目の衆院補選が28日投票で控えており、ここから先の政局に直結する重要な首都決戦となります。皆で一緒に推せる候補者であることが何よりも大切であり、目黒区とあわせて23区内の東西から、新たな政治の潮流を生み出したいですね。それにしても、裏ガネ問題は底が抜けたかのように闇の終着駅がまったく見えず、やはり自民党に下野していただく以外に効果的な処方箋はないように思います。我々こそが地力をさらに養われければなりません。攻勢の夏に向けて、まっすぐに進んでいきます。12:00

2024年2月26日

季節外れの夏日に氷雨の厳寒3連休と、空模様がいまいち安定しない如月もすでに最終週へと突入。例年であれば衆院予算審議のクライマックスを迎えようかという時分ですが、今年は確たる国会日程が未だにあやふやな状況が続いています。辞任ドミノの防波堤にとばかりに、旧統一教会との蜜月関係を追及された盛山文科大臣の不信任案は無理やり否決したものの、今度は「裏ガネ議員」代表として5名の出席が調整されている政治倫理審査会を完全非公開にすると粘り出すなど、自民党国対の実務を担う方々の心労は大変なものになっているでしょうね。同情を禁じ得ません。ちなみに衆院政倫審の開催は15年ぶりで、中央公聴会が分科会後の開催となるのは66年ぶり、また、仮に参院送付後30日の自然成立が担保されない日程での衆院予算可決となれば9年ぶりとなるそうです。この政治局面においては、我々の信ずる道をまっすぐに進むのみです。そして、イレギュラーな政変でも起こらない限りは七夕投票がすでに決定している東京都知事選に向けて、市民団体や野党各党が一堂に会する形で「候補者選定委員会」が立ち上がりました。同じ方向を向いた共闘を進めてきた仲間同士で、一致結束して推せる候補者を囲みながら、人に寄りそう新しい東京をつくり出していくため、擁立作業などにおける舞台整備に汗をかいています。まだまだ道のりは険しいながらも、全力を尽くしていきます。もうすぐ春ですね。14:00

2024年1月28日

明けましておめでとうございますと言うのが憚られる新年になってしまいましたが、今年最初の独り言。どうぞよろしくお願いします。さて、コロナ禍で自粛されていた新年会や旗開きが今年からいよいよ本格解禁となったこともあり、多忙な年明けを過ごしています。そして、政治とカネの腐敗に塗れた岸田政権の支持率がどん底に落ちる中、通常国会もいよいよ開会となりました。能登半島地震からの復興、110兆円を超える新年度予算の中身、バラマキ定額減税の是非など、審議すべきことは山のように横たわるものの、最大のテーマは政治資金の透明化を主軸とする政治改革となるでしょう。立憲民主党としては、政治資金パーティーの全面的な禁止、企業団体献金の禁止、連座制を導入して議員本人の責任を明確化するなど、政治改革の方針案をすでに決定しました。小手先の派閥解散の目くらましで抜本改革を逃れようと画策する自民党には、賛成することは絶対に難しいでしょうね。しかし、それを有権者の厳しい目が果たして許すかどうか、日本の政治の行く末を占う岐路になる予感がしています。政治改革の条理に殉ずる覚悟を持って、この局面に臨んでいく決意です。改めて、本年も宜しくお願いします。12:00

2023年12月28日

激動の2023年が幕を閉じようとしています。私にとって、政治活動30周年の節目の1年を、我らが阪神タイガースの日本一で締めくくることができた、生涯忘れることのないであろう爽快な年でした。一方で、いつの時代かと見まがうようなパーティー券収入の裏金問題に象徴されるように、いまだに古くて汚い自民党政治が跋扈することで、日本社会が歪み続けてしまう事態に陥っています。様々な経済指標が国際的に低下し続ける中、そろそろ何もかもが手遅れになってしまうその前に、私たちこそが新たな政治の地平を拓かなければならない、そんな大きな気概を胸に持ちながらも、大きな山はいきなりは踏破できませんから、まずは気負いすぎることなく目の前のひとつずつのハードルをコツコツと乗り越えていく、改めてそれを肝に銘じる年末にしたいと思っています。毎年12月恒例で書き続けてきた個人的な「今年の10大ニュース」を、「手塚コラム」のコーナーにアップをしました。今年も温かな目でご覧下されば幸いです。辰年となる来年2024年は7月に東京都知事選挙が控えるなど、各級選挙が目白押しです。そして、何よりも衆院任期はすでに折り返しの2年を超えており、最低レベルの内閣支持率の有り様を考慮したとしても、常識的には解散総選挙へ向けたアラートが鳴り続ける時期へ徐々に突入していきます。私たちにはまだまだ成し遂げなければならない責務が山積みです。健康に政治活動を続けられていることや、多くの皆さまに支えて頂いてることを常に感謝しながら、これからも歩みを前に進めていきたいと決意を新たにしています。どうか、良い新年をお迎え下さい。11:00

2023年11月14日

我が阪神タイガースが、38年ぶり2度目の日本一に輝きました。稲門出身で野田佳彦総理の同学年でもある岡田彰布監督が歓喜の宙に舞う姿を、まさか球場にて見られるとは夢にも思っていませんでしたが、私にとって生涯忘れ得ぬ年になりました。おめでとうございました。そして、ありがとうございました。感謝と言えば、先週には「手塚よしお政治活動30周年感謝の集い」を憲政記念館で開催。満場にご参集下さった皆さまへ、日頃からのご支援に対する御礼をお伝えするとともに、人と人との縁を紡いでいくことを私がいかに大切に思っているかと改めてお話させて頂きました。私たち立憲民主党も、再び「アレ」を目指していこうとの決意表明も相次ぎ、30年の長きに渡り、歯を食いしばってやってきて良かったなと改めて実感できた、実に嬉しい夜でした。臨時国会に目を向ければ、副大臣や政務官の辞任、新任大臣の拙い答弁などからも、内閣支持率が圧倒的な急落と低迷を見せており、年内解散見送りの報道が続出。衆院選は事実上来年以降に持ち越しとなっています。そもそもこの政権がいつまでも持つのかと囁かれ始めていますが、こんなときほど自らの気を引き締め、持ち場でコツコツ努力していくことを再確認したいと思います。都内では江東区・武蔵野市・八王子市などで首長選挙が控えていますので、有権者の負託へ充分に応えることのできる選択肢をしっかり提示し、勝ち切っていく構えです。どうか、ご期待ください。10:00

2023年10月23日

「ようやく」国会が召集されました。第212回臨時国会、会期は55日間で12月13日までとなります。時の総理を揶揄するような言葉はできるだけ慎みたいとは思うものの、ネット上などでは「増税メガネ」なるワードが飛び交い、それに過剰反応するが如く場当たり的な減税施策の打ち出しが報道され続けていますが、一般家庭を直撃している物価高や負担増は、もはや耐え難いほど待ったなしの状況です。そんな民意が如実に反映されたと言えるのが、昨日投開票の衆参2補選。徳島・高知選挙区では野党候補が圧勝し、長崎4区でも、前評判以上に自民党候補が大苦戦するなど、一夜明けての各紙では「政権運営に黄信号か」の報道一色となっています。特に早大雄弁会の後輩にあたる広田一さんが参院へ国政復帰して、改めて一緒に仕事をできることがすごく嬉しいですね。先週、都議補選で自民党候補に競り勝ち、「立川ショック」を起こしたと言われている、同じく雄弁会の後輩にあたる鈴木烈都議の誕生とあわせて、後輩からの刺激は嬉しい限りです。さて、嬉しいと言えば、クライマックスシリーズを制して、日本シリーズへ駒を進めた我が阪神タイガース。1985年以来の日本一を目指して、頑張ってもらいたいものです。どうやら、岸田総理の目論む早期解散の可能性も乏しくなったようですので、さすがに甲子園までは行けませんが、魂のこもった声援を送りたいと思っています。14:00

2023年9月15日

我が阪神タイガースが、18年ぶりのリーグ優勝を果たしました。それも私の誕生日である9月14日その日に、甲子園球場で岡田監督の胴上げです。57歳と「アレ」が同時にやってきて、実に感無量の誕生日となりました。健康にこの日を迎えられたこと、多くの方々に支えられて政治活動に邁進できていることに感謝を新たにして、次の1年もコツコツと仕事に打ち込みます。多数のW祝福のメッセージなど、ありがとうございました。さあ次は、1985年以来の「ソレ」を果たすしかありません。まだまだこの秋は至福の楽しみが続きます。さて、内閣改造が行われ、岸田政権の顔ぶれと自民党役員が新しくなりました。こちらは晴れやかな門出をすんなりと祝福される様相ではなく、様々なスキャンダルを抱える人もチラホラといて、すでに政策本位の国会論戦に支障が出るんじゃないかと心配になりますね。永田町では、秋の解散総選挙の想定日程も、相変わらず噂が飛び交っていますが、およそ伝家の宝刀を抜けるような政治環境にないと判断するのが妥当なところのようです。20:30

1 2 3 267 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.