衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院5期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月: <span>2006年12月</span>

月別アーカイブ: 2006年12月

2006年12月13日

連日の忘年会で私の強靱な肝臓も少々疲れ気味です。さて、捲土重来を期す私の政治活動を財政的に支えて頂いている「夜明けの会」は発足からちょうど1年を迎えました。特別会員の方を対象に、毎月第2水曜日に党幹部などのゲストを迎えての朝食会を開催させて頂いていますが、去る7月にサポーター会員の皆様にもご参加頂き開催した拡大夕食会が大変好評だったこともあり、今宵は同じ形式で忘年会も兼ねた夕食会を企画しました。ゲストは会員の皆様から要望が多かった渡部恒三民主党最高顧問です。お支え頂いている皆様に心からの感謝を申し上げつつ、私自身も政界随一の「恒三節」を堪能したいと思ってます。15:20

2006年12月12日

マスコミ各社の世論調査で安倍内閣の支持率が続落中です。政権発足から2ヵ月半、当初は70%近くあった支持率が初めて5割を割り込みました。節操のない郵政造反組の復党問題や、道路特定財源をめぐる与党との調整で、相変わらず道路建設を優先する腰砕けの決着が大きく影響した模様です。昨晩酒席を共にしていた某政治部記者が「自民党の支持率(約40%弱)を下回ったら、安倍さんを総理にしておく意味がないもんね」と辛辣に一言。こうした報道に一喜一憂するものではありませんが、不遇な浪人生の師走の夜には、何とも溜飲が下がる話題ではあります(笑)。さて、連日の冷え込みを受け、今日から駅頭活動では恒例の股引生活に突入。今年も越冬準備です。15:25

2006年12月11日

先週、私が久しぶりに古巣の都庁に出向いて、目黒区議会の政調費問題について記者会見を開いた直後のこと。石原慎太郎都知事が都議会で3選出馬を表明しました。東京への五輪招致を契機に予想されていたこととはいえ、少々歯痒い思いです。石原知事の周辺は四男の公費出張問題で騒がしくなっています。子を思う親心なのか「うちの息子は立派な絵描きですよ。違法性があるなら指摘してもらいたい」と、何とも不遜な会見も目にしました。仮に依頼されたとしても、都民からすれば依怙贔屓に見えてしまうもの。このところ続く知事の逮捕劇も、その大きな権力にすがる身内から腐敗していく姿がありありと浮かび上がっています。権力者として、公人として襟を正してもらいたいものです。同時に民主党も、ちゃんと対抗馬を擁立しないといけませんね。14:50

2006年12月9日

政府の月例経済報告によれば、景気回復は4年10ヵ月にも及び、私が生まれた頃の「いざなぎ景気」を超えたとのこと。つまり、やたらと景気のいい年末だと。月並みですが、その実感がわかない人がほとんどでしょう。40年前の好景気では成長率が10%を超えていましたが、今回はせいぜい2%程度で、企業の設備投資が景気を押し上げても、個人消費は一向に盛り上がりません。年金などの社会保障制度への信頼が揺らぎ、将来への不安が個人消費を刺激しないこともあるでしょう。また、企業のリストラと規制緩和によって、パートやアルバイトなどの非正規雇用の人が激増し、働けど暮らしが楽にならないワーキングプアーも社会問題です。好況だととても浮かれてはいられない師走。それにしても寒くなりました。風邪にご注意下さい。15:00

2006年12月7日

目黒区議会の政務調査費問題。前議長の抱き枕に続いて報道されたスクーター購入などなど。民主党所属議員の一部にも不適切な支出がありましたので、本日緊急記者会見を開き、党の目黒の責任者として心からのお詫びを致しました。不適切な支出については即刻返還し、今後議会において厳正なルールが確立するまでは、一切の政調費を返上することを表明しました。その性格上公私の区別がつきづらいものがありますが、そこは納税者の思いを感度よく受け止め、信頼回復をはかっていかなくてはなりません。ただ、政調費自体がもう不必要だということになれば、すでに生業をもち経済的に余裕のある人しか議員になれなくなってしまいかねません。そのためにも今は襟を正す時。同時に議会改革の絶好機だと受け止めています。14:20

2006年12月5日

実弟・ゴルフ場経営者・元国会議員秘書。この3人の共通点は? 答えは、福島・和歌山・宮崎と続いた談合ドミノで、県知事の周辺で談合を仕切っていた面々です。決別出来ない談合体質への処方箋として明解なのは、行政が入札に参加する業者を選ぶ指名競争入札から一般競争入札への転換でしょう。宮崎県では1億円超の工事の平均落札率が95.8%で、田中康夫前知事が定着させた一般競争入札を導入している長野県の落札率を20%以上も上回っていました。まさに指名競争入札が談合の温床となっているのです。出直しの宮崎知事選には、タレントのそのまんま東さんが立候補するとのこと。かねてから政界でも噂になっていた人ですが、誰になろうとも、制度を改めない限り、そのまんま宮崎なのでは…。15:45

2006年12月4日

昨日は世田谷の尾山台と奥沢の両地域で今年最後のタウンミーティングを開催。この地域を地盤に来春の区議選を目指し活動を始めた中村公太朗・橘秀樹の両秘書にとっては、緊張のデビュー戦となりました。もちろん、やらせも動員も謝礼もない企画ですが、非常に政治意識の高い方々にご参集頂き、緊張感のある意見交換が出来ました。政治家はこういう場面で鍛えられるもの。ビギナーの2人にとっても大いに勉強になったはずです。このタウンミーティング開催中に注目の大学ラグビーの天王山の早明戦が行われ、母校・早稲田が無敵の6連覇を達成してくれました。対抗戦新記録の43連勝のおまけつき。大学選手権での史上2校目の3連覇にも期待大です。10:30

2006年12月2日

やたらと結婚披露宴が多かった1年の締め括りはダブルヘッターでした。まずは大宮へ向かい、早大本庄と早大雄弁会の1学年後輩にあたる沢田力さいたま市議の披露宴へ。彼は来春改選で、新婚旅行にも行かず、週明け月曜の朝に2人で大宮の駅頭に立つとのこと。ウェディングケーキ入刀に次ぐ共同作業だそうです。政治家は本当に大変な職業です(笑)。夕方には都内に戻り、私の竹馬の友が経営するベンチャー企業の共同経営者の披露宴へ。こちらの新郎は2度目の結婚。麻布迎賓館で芸能人も顔負けの超豪華なハデ婚でした。それにしても日中から飲み続けるアルコールは堪えますね(笑)。とにもかくにもお幸せに。22:10

2006年12月1日

今日から師走。枯葉が舞う季節に、地元の目黒区議会が大揺れです。政務調査費問題でワイドショーなどにも取り上げられ、今やすっかり有名人となった自民党の宮沢信男区議会議長。政調費で買ったとされる抱き枕を「腰に当てる枕だ。名誉棄損だ」と抗弁していたそうですが、今度は「うっかり請求した」として、収支報告書を訂正し、昨日議長職を辞任。昨日の目黒区議会には100人を超す区民や報道陣が詰めかけてんやわんや。私もどこに行ってもこの問題について聞かれ、その関心は高まるばかりのようです。こうした議員が行政をチェックする役回りである以上、税金のムダ遣いなくなりそうにありません。連日の何をか言わんやです。9:50

« 1 2

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.