衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院5期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月: <span>2006年6月</span>

月別アーカイブ: 2006年6月

2006年6月13日

昨日、日頃から親しくしている文京区議会議長の成澤廣修氏送ってくれたドイツからのメールで「オーストラリア戦が行なわれるカイザースラウテルン市で、文京区少年サッカー選抜チームとカイザー市少年サッカーチームとの交流試合が行なわれ、文京区チームが6対0で勝利!」と。ドイツに行ってるとは羨ましいとひがみながらも、これは幸先がいいと、私もしっかり夜10時に自宅に戻り、焼酎を片手にテレビ観戦。何とか初戦突破出来たかなと思いつつ、グラスに氷を入れようと立ち上がった刹那、同点、逆転、追加点。悪夢の逆転劇でした。遠ざかるラスベガス。しかし野球のWBCを思い返せば、まだまだこれから。次は18日のクロアチア戦です。10:40

2006年6月12日

通常国会は会期延長もなく今週一杯で閉幕とのこと。小泉総理にとっては最後の国会でありながら、多くの重要法案は次の内閣に先送り。確かに拙速な論議で成立させるべきではない法案がたくさんありましたが、ここまでやる気のない政権末期の総理の姿を見ると、辟易としてきます。週末に総理はオペラ鑑賞を楽しんだそうですが、こちらは地理の勉強を。トリニダード・トバコやコートジボワールといった国がどの辺りに位置するのか、世界地図で確認してみました。何かと興味がふくらむW杯でもあります。さぁ、今夜いよいよオーストラリア戦がキックオフ。楽しみですね。9:30

2006年6月10日

いよいよ関東地方も昨日梅雨入り宣言がありました。そして今朝未明、ドイツでサッカーのワールドカップ大会が開幕。この地球上で最も注目されるスポーツの祭典です。カジノのイベント企画会社を経営する友人が、ラスベガスに仕事で出掛け、「JAPAN」とスタンプされた10ドルのクジを2枚お土産に買って来てくれました。オッズは販売されるホテルごとによって多少異なるそうですが、日本の優勝は200倍以上とのこと。ちなみにブラジルは3倍以下だそうです。もちろん換金は販売されたホテルのみなので、日本優勝の際はラスベガスに旅行しなくてはなりません(笑)。単純に計算しても、航空賃もホテル代も4000ドルもあれば十分でしょう。友人の計らいで、浪人生にとっても夢のW杯。頑張れ日本! 10:10

2006年6月8日

昨晩、早大雄弁会時代の後輩と会食。日頃は私の活動をバックアップしてくれてる後輩ですが、食事をする時ぐらいは先輩風を吹かさなくてはと、最近私が凝っているジンギスカンをご馳走しました。ラムやマトンなどの羊肉を兜のような鉄鍋で野菜と一緒にジュージュー焼いて、特製のタレにつけて食べる料理。昔は北海道の名物でしたが、最近は品種改良が進み、肉の臭みがなく東京でも美味しく頂けます。低カロリーで焼肉を食べた時のような胃もたれもありません。何といっても安いのがどんどん店舗が増えている背景でしょう。二子玉川の高島屋の裏手にある「カルニチン堂」(電話03-5797-5088)は、私の幼なじみが経営しています。私の経験上、この店が一番美味しいです。飲んでたらふく食べて予算は3000円程度。一度お出掛け下さい。10:00

2006年6月6日

「金儲け、悪いことですか?」と弁舌巧みに会見を行なった村上世彰氏は、昨夕証券取引法違反で逮捕。会見では「聞いちゃった」と、ちょっとした不注意ぶりをアピールしていましたが、それ以前にライブドア側にニッポン放送株を大量取得するようそそのかしていたようで、むしろ村上ファンド側が主動的な役割を果たしていたのではないでしょうか。残念ながら、罪の意識というものをほとんど持ってないように感じました。ただ誤解を恐れずに雑感を書かせて頂くと、突き抜けた存在に、時の権力とメディアが総動員態勢で襲い掛かり、退場を求めていく雰囲気は、決して気持ちいいものではないですね。もちろんこの件に限らずですが…。13:45

2006年6月5日

秋田県の小1男児殺害事件で容疑者として逮捕されたのは、4月に水死体で見つかった小4女児の母親でした。同じ住宅団地の2軒隣に住み、事件当初から注目され、ワイドショーに出演し疑惑を否定し続けて来た女性の逮捕劇も、その動機や背景が判然とせず、後味の悪さに言葉もありません。今日は村上ファンドのインサイダー取引疑惑でも進展がありました。記者会見で村上世彰氏は容疑を認めて謝罪。「商取法のプロ中のプロを自認している自分が、証券取引の憲法を犯したんだから、私は身を引きます」と引退表明。あまりの潔さに、狐につままれた気分です。一方、あまりに潔くない洋画家の和田義彦氏の盗作疑惑で、文化庁審査会は文部科学大臣賞の取り消しを決定したとのこと。いやはや、ワイドショーも大忙しのようです。12:40

2006年6月3日

省エネルギーと地球温暖化防止対策で昨年から始まったクールビズ。小泉総理ら閣僚も率先したことで、政界ではかなりこの軽装が定着したといえるでしょう。昨年の総選挙でも、私自身ほとんど上着を着ることなく、ワイシャツにたすきを掛けて戦いました。ただ、今年も6月になり、衣替えをするようにネクタイをしないで堂々と駅前に立てるかというと、若干の躊躇を伴うのも確か。去年もほんの数人の方からですが「公人なんだからネクタイをした方がいい」とご注意を受けたこともありました。しかしこの運動は2年目が肝心で、定着するか一過性に終わるかの分岐点に立っていると思います。その趣旨を考えれば、ここで保守的な対応をする私ではありません。週明けからクールビズを実践します。ご理解の程、宜しくお願いします。12:10

2006年6月2日

このHPの「内野席」と「外野席」についてです。「内野席」は大学在学中から私の公設秘書を務めていた伊藤悠都議が毎月書いてくれています。いわば「秘書日記」の卒業生バージョン。一方「外野席」は職務上名前を公に出来ない私の学生時代からの友人が書いてくれている覆面エッセイ。しかし、この友人が最近多忙を極めているようで、原稿が滞りがちなのです。「手塚日記」を約4ヵ月も更新していない私が、まさか催促をも出来ずに苦慮していたのです。打開策として、この春手塚事務所を巣立ち、郷里の群馬で頑張っている蓮孝道君に「群馬からの便り」を寄せてもらいました。「外野席」の新境地。ご笑読下さい。8:00

2006年6月1日

今日から6月。欝陶しい梅雨の季節ですが、もうずっとこんな気候が続いていますので、この際は早く灼熱の太陽が眩しい季節になってもらいたい気分です。国会はどうやら会期延長せず、再来週一杯で閉会する模様。重要法案は軒並み先送りし、名実ともに自民党総裁選をスタートさせたいようですが、そんな思惑とは裏腹に、これから巷の話題を席巻するのはワールドカップドイツ大会でしょう。日韓共催の前大会からもう4年も経ったと思うと、国政復帰を目指しての浪人生活も意外とアッという間かもしれません(笑)。日頃はサッカーより断然野球派の私も、この期間ばかりは健全なナショナリズムを胸に「にわかサポーター」になって、日本代表に大声援を送りたいと思っています。6:50

« 1 2

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.