衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2004年3月

月別アーカイブ: 2004年3月

2004年3月17日

福岡管区気象台は桜の開花宣言。東京でも20度を超える暖かさで、いよいよこちらも秒読みでしょう。今日は大学時代の弁論部の後輩が高知から上京し、昼食を共にしました。広田一君という、選挙で有権者に書いてもらうにはもってこい名前の彼は、県議を2期務め橋本大二郎県知事の自他共に認める秘蔵っ子。3年前の参議院選にも無所属で出馬しましたが、次点惜敗。捲土重来を期し、今回は民主党の推薦を受けての再挑戦になります。あまたの政治家を輩出してきた我が早稲田大学雄弁会の、最年少国会議員の地位もいよいよ危うくなってきました(笑)。18:45

2004年3月16日

マラソンの高橋尚子選手のアテネへの道が閉ざされました。会見で「これからはもっと自由に走れる」と語る姿は清々しく印象に残りました。これまでの活躍にあらためて拍手を送りたいと思います。さて、五輪の年は選挙の年。11月の米国大統領選では、ブッシュ大統領が再選されるか否か世界中の注目の的です。ロシアでは14日にプーチン大統領が70%を超える得票で再選されましたが、私の視線は20日に投票が行われる台湾総統選に。現職で民新党の陳水扁氏と国民党の連戦氏の一騎打ち。日本にも少なからず影響のあるこの選挙については、また改めて。12:30

2004年3月15日

今週も予算審議が参議院で続いていることや、月曜日は衆院で本会議がないことなどで、本来ならば緩やかな日程のはずですが、今日はそうもいきません。桜の咲く頃までには発表出来るだろうとしていた、参院東京選挙区の2人目の候補者擁立の件で、周辺が相当慌ただしくなってきました。さらには、目黒の区長選。薬師寺区長の逝去から1週間が経過し、先週中にはご遺族だけでの密葬も終わったことで、自薦他薦も含め出馬に向け瀬踏みをする方々が続々と。私にとっては足元の重要な選挙ですが、区民の視点で最良の区長候補を探さなくてはいけません。17:45

2004年3月14日

最近めっきりデフレという言葉を目にも耳にもしなくなったような気がします。先日発表されたGDPは年率換算7%というバブル期以来の高い伸びを示し、景気回復が実感され始めた兆候なのかと…。しかし実態は、物価の下落幅は拡大し、デフレは悪化しているとのこと。思い返してみれば、デフレこそ不景気の元凶で、デフレ脱却が経済再生の条件だとの論議が圧倒的でした。この間の我が国の不況の原因はデフレではなかったということになるのでしょうか?景気に明るい兆しが出てきた今こそ、デフレ問題を冷静に再考すべき時なのかもしれません。17:55

2004年3月13日

昨日、韓国の国会が盧武鉉大統領の弾劾訴追案を可決しました。就任からまだ1年、任期を4年も残す中で、激しい政争がもたらした、隣国の一大事です。大統領の職務権限の全面停止は、おそらく北朝鮮の金正日総書記もびっくりの展開に違いなく、大統領と国会との対立を憲法裁判所が裁くことになります。地域対立やボス支配、金権が幅を利かせる伝統的な政治風土のもと、民主化運動と流血の犠牲の上に韓国国民が勝ち取った現行憲法で、三権分立の在り方がこれほど鮮明に問われることはなく、来月の総選挙の行方も含めて、注視が必要でしょう。12:25

2004年3月12日

一昨日の夜の話です。党の国対副委員長として頑張ってくれている3人の1期生議員を、野田佳彦国対委員長と共に慰労しようという会合がありました。その最中に菅代表から連絡が入り、後ほど合流しようとのこと。断るわけにもいかず会場移動。代表は前の会合でだいぶアルコールも入っていたようで「細川政権の時の最強野党自民党の如く戦うんだ!」とか「君たち若い者が徹底的にやれぇ!」と口角泡を飛ばしての叱咤激励。政権奪取への強い思いと、その圧倒的な迫力に、同席していた我々は一気に酔いが冷めてしまったのは言うまでもありません。13:40

2004年3月11日

一気に春がやって来たような天気ですね。昨日は、党の両院議員総会で秘書制度改革に向け2時間に渡る大激論の末、一連の不祥事を受け、配偶者を含む3親等以内の親族の公設秘書への採用を禁止することになりました。党内には配偶者を公設秘書にして、その給与で生活をし、自らの議員歳費を全額政治活動費に充て、企業献金などを受けずに清廉な活動をしている議員もいます。しかし、それぞれが個々事情を言っていては改革も進みませんし、信頼回復にも至らないことでしょう。さらなる抜本的な秘書制度改革にも踏み込んでいきたいと思っています。14:50

2004年3月9日

今日から予算審議の舞台は参議院へ。衆議院はしばらく凪ぎの状態になります。手塚事務所では、この携帯版HP開設から2年半、試行錯誤を重ねてきましたが、この機に井上秘書がコツコツと各コンテンツのバックナンバーを整備してくれています。実は私自身も、この独り言を書き込むにあたって、去年の今頃はどんなことを書いているかとバックナンバーを覗いてみると「自民党の坂井隆憲氏が逮捕された云々」と。総選挙もあった1年が巡り、同じ時期に佐藤観樹氏の逮捕。こんなことが年中行事では、政治への信頼回復など絵空事と言われてしまいます。11:55

2004年3月8日

昨日急逝された故薬師寺克一目黒区長のご自宅に弔問に行って参りました。憔悴しきった奥様にお掛けする言葉も見つかりませんでしたし、71歳というお年で、自らの人生に自らピリオドを打つという、その筆舌に尽くしがたい区長の心境を想像し、私自身も言葉を失いました。ご出身の大分弁なのでしょうか、「手塚シェンシェーイ」といつも気さくにお声掛け頂いた言葉が耳に今も残ります。はなはだ無念ですが、現実政治は残酷で4月18日告示、25日投票の区長選の日程を確定したとのこと。いやはや。合掌。17:10

2004年3月7日

一寸先は闇。何があるかわからない世の中ですが、またしても耳を疑うような出来事が。今朝、目黒の薬師寺克一区長が亡くなりました。第一報は脳梗塞で倒れたとの連絡でしたが、実際は自殺とのこと。その後も様々な情報が錯綜し、背景などの詳細はまだわかりません。一昨日は朝食を共にし、いつもと変わらずお元気な姿でしたから、とてもとても信じられないというのが率直な心境です。心から御冥福をお祈りしたいと思います。合掌。19:50

« 1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.