衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院5期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月: <span>2003年7月</span>

月別アーカイブ: 2003年7月

2003年7月20日

通常国会も残すところあと1週間。政府与党が会期延長の大義名分とした「イラク復興支援特別措置法」の参院での審議もいよいよ大詰めを迎えています。しかし連日のゲリラ戦の報道に、さすがに政府与党内にも派遣への迷いが出てきたようで、法案が成立したとしても、実際の派遣は11月以降に先送りしようとのこと。秋に噂される総選挙あった場合、投票日前に自衛隊が戦闘に巻き込まれ、犠牲者が出れば与党にとって打撃になりかねないとの思惑もあるようです。ご都合主義もほどほどにして、この法案を一度断念する勇気は持てないものでしょうか。17:40

2003年7月19日

社民党の辻元清美前代議士が逮捕されました。議員辞職をしてから1年以上、今秋の解散総選挙が噂される中での突然の逮捕劇は、どこかすっきりしないものを感じる方も多いと思います。民主党はこの間の経緯も踏まえ、政治の透明性を高めるため、所属国会議員の公設秘書の氏名とその主たる勤務地、及び秘書が親族の場合はその旨を明記し、党のHPで公開を始めました。日本の政党では初めてのことです。これで党のHPでも私の秘書の実態も把握して頂けますが、その仕事ぶりも含めて毎週月曜に更新される「秘書日記」をご愛読頂ければ一層幸いです。12:30

2003年7月18日

昨日の日経新聞朝刊のコラムは思わぬ大反響でした。昨日の午前中から、行く所々でこの話題で声を掛けて頂きました。中でも、綿貫民輔衆議院議長や安倍晋三官房副長官からの「交遊抄、拝見しました」には、さすがの私もビックリです。また、多くの方から電話やメールも頂きました。中国の南京大学に一緒に留学した友人からは「次は、私の履歴書を目指して頑張れ。その際は自分のことも1行ぐらい触れてくれ…」と、とっても夢のあるメールも頂きました。嬉し恥ずかしの週末ですが、皆様もどうか良い連休をお過ごし下さい。23:35

2003年7月17日

今朝の日経新聞の人気コラム「交遊抄」を読んで頂きたいと思います。筆者は不肖手塚。3ヵ月ほど前、このコラムを執筆した同僚の永田寿康代議士が、ダーツの面白さを私から教えてもらったと紹介してくれました。お昼の人気番組の「友達の輪」さながらに、今度は私に執筆依頼があったのです。各界で名を馳せた方が、その友人関係を明かすコラムで、私では甚だ役不足の感が否めないのですが、祖父、父と3代に渡ってのお付き合いのある大橋巨泉さんのにご登場頂きました。PC版HPのメディアの覧でもご覧頂けますので、ご笑読頂ければ幸いです。10:50

2003年7月16日

海の向こう米国では、1年に1度の夢の球宴、大リーグオールスター戦。イチロー、松井ら日本人選手が、大スターに混じって活躍する姿は本当にワクワクしますね。いや、もうすでに彼らが大スターなのでしょう。日本でも、全パリーグ対阪神のオールスター戦が行なわれています。こちらは、秋の日本シリーズの予行演習になればと思います(笑)。野球の話題をもうひとつ。夏の甲子園を目指し、各地で行なわれている地区予選。埼玉県大会では、我が母校、早大本庄高等学院が2戦連続コールド勝ち。急に強くなったのでしょうか?頑張れ後輩球児!11:05

2003年7月15日

「権腐十年」とは、もともとは朝鮮の格言のようで、権力は10年も経つと腐ってくるという意味で、細川元総理が、熊本県知事を人気絶頂ながら2期8年で辞めた時に使った言葉です。民主主義の先輩国である米国ではこの思想が定着していて、大統領はじめ、ほとんどの州知事に2期8年の任期制限があり、多選が禁止されています。辞職した土屋義彦埼玉県知事。参議院議長も歴任し、行動力抜群で清潔な改革派知事と目されていましたが、その職をすでに11年務め4選を目指していたとのこと。長女の不祥事と逮捕は、何より「権腐十年」を物語っています。11:20

2003年7月14日

政権交代の条件とは?自民党より、魅力的な政策を国民に提示すること。もちろん正解ですが、それ以前の問題として、480名の衆議院の議員定数に対し、過半数以上の候補者を擁立することが必要です。まだ選挙制度が中選挙区制で、野党第1党が社会党だった頃、いくら政権交代の必要性を訴えても、候補者数が定数の半分に満たなかったのですから、今から思えばお笑い草です。私が委員を務める民主党の選挙対策委員会。赤松広隆委員長を中心に、次期総選挙に向け精力的に候補者擁立作業を続けています。これも、政権交代への大事な準備なのです。13:50

2003年7月13日

長い眉毛と、歯に衣を着せない物言いでお馴染みの、江藤隆美代議士。小泉総理のパフォーマンスにいち早く反応し、テレビの前でも言いたい放題。先日も、小泉総理を「金正日よりひどいぞ」と挑発していたのが印象的です。政治エンターテイメントとしては面白いのですが、昨日の講演では、不法滞在の外国人について「泥棒やら人殺しばかりしている奴ら」と暴言を。時代錯誤の歴史認識をもとに、外国人への偏見をあおっているとしか思えません。こんな政治家の存在こそが、中身のない小泉政権の延命に手を貸してしまっているのではないでしょうか。21:15

2003年7月12日

昨日の続きで長崎の事件について。12歳の中学生の、その貧しい動機などが明らかになり、誰もがやりきれない思いを感じていることでしょう。鴻池特区担当相は、加害者の親について「市中引き回しうえ打ち首にすればいい」と語ったとのこと。親に社会的制裁を加えれば済む問題ではないからこそ、世の親たちは悩み、立ちすくんでいるのです。大臣として、政治家としての資質が疑われるだけでなく、人としてどうなのかと思います。言うまでもなく、政治家は言葉が命。口がすべったでは済まされない責任を、任命権者(総理)も感じて欲しいものです。18:50

2003年7月11日

長崎の幼稚園児殺害事件の結末はショックでした。その影響ではありませんが、昨夜は疲れから早寝をしてしまい、独り言を休んでしまいました。さて、この事件で犯人が12歳の中学生であったこともあり、誰もが数年前の神戸での事件を思い出したことでしょう。この種の事件があると、決まって少年法の改正を口にしたりする政治家がいますが、私は刑法の改正で解決するものだとは思っていません。むしろ、ここ数年著しく検挙率が低下している警察の防犯指導体制の方が、よほど気になるところです。今はただ、駿ちゃんのご冥福を祈りたいと思います。13:20

« 1 2 3 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.