衆議院議員手塚よしおWEB。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院5期、元内閣総理大臣補佐官。現在、立憲民主党幹事長代理、東京都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月: <span>2010年5月</span>

月別アーカイブ: 2010年5月

2010年5月6日

今日から仕事という方も、来週からという方もいることでしょう。いずれにしても天候に恵まれた連休でした。日中は30度まで気温が上昇した上海帰りの私も今日から公務復帰です。この期間に就任後初めて沖縄に渡った鳩山総理。自らの発言で沖縄県民の積年の思いに火をつけ、事態の決着が一層困難になりつつあり、八方美人が八方塞がりにといった厳しいメディア報道が続いています。交渉相手の米国、地元の沖縄や一部移設を目論む徳之島、連立与党、そのすべてをこれから数週間で納得させ、期限内に決着させることは絶望的との観測が広がっています。どこの有名な政治家の言葉だったが定かではありませんが、政治とは?との問いに対し、「妥協の芸術(アート・オブ・ネゴシエーション)」と答えたのを思い出していました。沖縄の負担を軽減したいとの考えには誰も反対意見は持たないはずですから、あとは落としどころにどう妥協の芸術が描けるかということでしょう。政権の浮沈をかけた取り組みを緊張感をもって見守りたいと思っています。7:45

2010年5月2日

1964年の東京五輪と70年の大阪万博。その間の66年生まれの私にとってはリアルタイムの印象はありませんが、戦後日本の経済成長の象徴として多くの日本人の記憶に残っているようで、2008年の北京五輪と今回の上海万博を世界第2位の経済大国になろうとする中国と重ね合わせて見ている人も多いはずです。万博史上最大の来場客を集めた大阪万博の約6400万人に対し、7000万人を突破するだろう予測される上海万博の会場は、上海の街の象徴である黄浦江の両岸にまたがり、5つのゾーンに約240の国と地域が参加しています。我々も限られた時間でしたが、日本館のみならず、企業数社が共同で出展する日本産業館や、中国の国家館、地域館、テーマ館を視察することができました。公式日程は2日間。あとは大好物で上海名物の小龍包などを楽しんで帰国する予定です。23:25

2010年5月1日

昨晩、日本政府からは首相特使として仙谷由人国家戦略担当大臣が、私自身は上海万博協力議員連盟の派遣で、議連会長を務める高村正彦元外相らと共に「上海万博2010」の開幕式に参加する機会に恵まれました。開幕式は2部構成。まず、フランスのサルコジ大統領をはじめとする各国の首脳を迎え、胡錦濤国家主席が開会を宣言したあとは、様々の歌と踊り。谷村新司さんが「昴」を感動的に歌い上げ、会場のボルテージも最高潮に。第2部は会場から全員が屋外に移動。外灘(バンド)の夜景をバックに黄浦江から打ち上げられた数万発の花火が上海の夜空を席巻。その圧倒的な迫力に中国の飛躍的な発展と今の勢いをまじまじと見せ付けられた印象でした。今日はこれから日本館の開館式で、テープカットをさせて頂きます。天候も絶好。8:40

« 1 2

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.