衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2002年1月

月別アーカイブ: 2002年1月

2002年1月11日

昨晩の雑な独り言に反省しながらも、この忙しさで、いつ書き込みをしようかと思い悩むこの頃です。地元での新年会も連日ですが、21日から始まる通常国会に向け、党の国会対策委員会と各常任委員会の理事の方々との打ち合せが始まりました。新年なので食事をしながらの会合となるのですが、会場の段取りなどが私の仕事。すべての委員会の課題など大変勉強になる機会なのですが、さすがに毎昼、毎晩となると大変です。この独り言を連日読んでくれている思わぬ人にも、会場の予約でお世話になりました。さあ、今晩の夜の部に出動です。17:55

2002年1月10日

今日から国会日程も入ってきました。先日の不審船をめぐる国土交通委員会での審議がありました。党の国会対策委員会の通常国会に向けての会議もスタートしました。夜は夜で相変わらずの新年会。まだ、帰れません。11:20

2002年1月9日

仙台からの帰路の途中です。昨晩からの雪。車窓からの雪景色もなかなかです。ところで、私の出身高校は早大本庄高等学院といいます。私がその記念すべき1期生ですが、他に同校を出身で早大の弁論部に入った後輩が2人います。本庄市議の吉田信解君とさいたま市議の沢田力君。はからずも、私も含めて3人とも政治の道を進んでいます。今日は久しぶりに2人に会い、昼食を共にすることになっています。3人の中間点である大宮で途中下車をします。今は福島のあたりですが、外は吹雪です。12:25

2002年1月8日

新幹線で仙台に向かっています。急遽、インドに訪問することになった鳩山代表の代理として、甚だ役不足ですが、同期の鎌田さゆり代議士の新春の集いでトークショーに参加します。鎌田代議士は年が私の一つ上で、本会議場でも席が隣り、女性ならではのしなやかな感性をもっていて、最も親しくしている仲間の一人です。私自身、彼女こそ、日本初の女性総理になってもらいたいと思う人材ですので、是非覚えておいて下さい。ともかく、仙台は東京より寒いことでしょう。普段あまり外套を着ない私も、今日ばかりはしっかり持参しての出動です。15:50

2002年1月7日

今日から本格的に仕事始めという方も多いと思います。私は4日からスタートした、各団体の新年会回りが続いています。今朝は玉川消防団始式、この後は都心に向かい、労働組合連合の旗開きです。そう、団体によって新年会の名称が違うのが面白いですね。賀詞交歓会、新春の集い、始式、旗開きなどなどです。どこに行っても、新年のご挨拶をさせて頂けるわけですが、場数を踏んでいるとはいえ、緊張感の連続です。しかし、そう見えないとの声があるのも事実です。13:15

2002年1月5日

今日は、世田谷区の新春の集い、民主党世田谷支部の顔合わせ、目黒消防団始式、そして新年恒例の碑文谷ダイエー前での街頭演説と、いかにも新年らしい日程でした。家に戻ったあとは、先日ビデオに録画しておいた、大好きな浅田次郎原作の「壬生義士伝」を見ていました。この番組は正月の特別企画で、何と9時間もの。気が付いたらこの時間です。新年早々、シンデレラのような独り言でした。11:55

2002年1月4日

明けましておめでとうございます。2002年の手塚の独り言、今日からスタート。ご愛顧のほど、よろしくお願いします。国政は、株価や完全失業率などの、すべての経済的数値が悪化する中、依然として小泉総理への期待は高く、文字通りその真価が問われる1年になります。今年60歳の還暦を迎える小泉総理は午年生まれの年男になります。国会最年長年男は84歳の中曽根元総理。元気そうです。一方、国会最年少年男は36歳になる、不肖、手塚よしおです。こちらも元気満々で頑張らなくてはなりません。今日は、目黒区の新春祝賀会からスタートです。8:05

« 1 2 3

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.