衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2003年11月10日 「当選御礼」中村公太朗

 あっという間に過ぎていった12日間。冷気で眠気を覚ましながらの早朝街頭ビラ配り。事故など起こさないように瞼と死闘を繰り広げながらの日中ポスターメンテナンス。19時を超える頃にはプルプルと震え出す足を必死に堪えての夕方街頭ビラ配り。反省や談笑を織り交ぜながら深夜まで続くスタッフミーティング。そしてまた次の朝へ・・・。まさに、体力のデフレスパイラルに陥った選挙戦でありました。
 30代の候補者を、20代の秘書(例外も少々)と20代の学生スタッフで支えてきた若さあふれる我が手塚事務所ですが、キャンパスライフを犠牲にして手伝ってくれている彼らが日に日に年老いていく姿には、本当に申し訳ない想いで一杯でした。しかし、それもこれもあの瞬間を味わうためのスパイスだったと気付いたのは、人生最高の万歳をしながら弾ける彼らの笑顔、涙を見た時です。きっと、ビラ配りの途中で多くの通行人からかけられた激励や、マニフェストをお持ち帰り下さった人々の顔が、頭の中を駆け巡っていたに違いありません。そして、秘書軍団も喜びで顔面が溶けてしまっていました。
 選挙序盤の夜から壊れ始め、ついに普段のクールなテンションに戻ることのなかった松田秘書。開票立ち会いで当確の瞬間には間に合いませんでしたが、帰って来たとたん目を真っ赤にしながら手塚に飛びついた秦秘書。言葉を忘れた珍獣(?)たちは、ボディランゲージを駆使して喜びを表現しておりました。
 それにしても、誰かのためじゃなく、本当に自分たちのためになった選挙戦でした。
 候補者から代議士に戻った手塚よしお、ハチャメチャながらも何とか選挙を乗り切った秘書軍団、いよいよ2期目の活動を開始します。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.