元衆議院議員 手塚よしお:民進党 東京都第5区<目黒><世田谷> 衆議院選挙 立候補

元衆議院議員 手塚よしお
手塚の独り言手塚コラム
 

駅頭日程 メディア 応援メッセージ 内野席・外野席 秘書日記 政治姿勢 基本政策 ポスター博物館 プロフィール リンク集 アクセス

ネット献金
東京5区メールを送る

民進党

2017年09月14日 17:10

天命を知ると言われる50歳から1年が経過し、本日51歳の誕生日を迎えました。天命などまったくわかりませんし、11年経っても何かと惑わされることしきり。私も子を持つ親となってまもなく10年。誕生日はお祝いというより親への感謝を念を胸に過ごしたいと思っています。さて、前回独り言を書いたとたん、予\定されていた幹事長人事が頓挫し、離党する議員のニュースにも鈍感にならざるえないほど、前原新体制は前途多難な様子。一方、安倍総理への国民の支持はすでに飽和点に達し、総理に任せて憲法改正をなんていう空気は微塵も感じません。閉塞感漂う世論をまとめると、自民党に対抗できる、しかしバラバラの民進党ではない、新しい政治的な力の登場に期待するといったところでしょうか? よく解党的出直しをなどと言われますが、自虐的かつ厭世的に党を嘆いても何も始まりません。何がなんでもオプションBが必要だという揺るぎない信念をもって、この難局を乗りきっていくしかないでしょう。精神論ではなく実行あるのみです。今日は多くのお祝いと激励のメッセージをありがとうございました。必ずご期待にお応えして参ります。17:10

back

INFORMATION

下記日程にて演説会を開催いたします。
お誘い合わせのうえご参集ください!!

〜ご案内〜
***出陣式***
日時:12月4日(火)19時より
場所:スーパーマルエツ前
※JR「目黒駅」西口徒歩10分
***演説会***
日時:12月7日(金)19時より
場所:ホテルクラスカ3F
目黒区中央町1-3-18
03-3719-8121
応援弁士:蓮舫参議院議員

■2012年11月16日
 歴史的政権交代から約3年4カ月を経た11月16日、衆議院が解散されました。
 これまで、甘い財源の見通しや党内の混乱などで、皆様の高いご期待を裏切った責任の重さを痛感しています。
 それでも、七転八倒の苦しみの末に、野田総理と共に政治生命をかけて、税と社会保障の一体改革を推し進めてまいりました。
 厳しい現実を見据えながら、批判を反省に変え、反省を再生に活かし、前へ前へ進んでいきたいと思います。

■2012年8月11日
「政治改革家宣言」

 野田総理が政治生命を懸けた「社会保障と税の一体改革関連法案」が成立しました。決めるべきことを決める。これこそが今の日本に求められている政治改革です。
 日本は「失われた20年」のあいだ、何度も何度もやるべきことを先送りしました。国会で金権政治と闘い、選挙制度を変えることだけが、政治改革ではなかったのです。
 ブレることなく、決断する政治を。私たちは「政治改革家」を貫きます。

■2012年6月26日
 政権の命運を懸けた社会保障と税の一体改革関連法案は、苦難の末衆議院を通過し、成立に向け佳境を迎えています。これまでの政権で先送りされ続けてきたこの改革は、未来にわたる国民生活に思いを寄せ決断した総理の壮絶な決意の表れでもあります。
 「決められない政治」からの脱却に向け、着実に一つ一つ課題を乗り越えていく野田総理を、補佐官として引き続き支えて参ります。

■2012年4月3日
 この国の未来を決める「社会保障と税の一体改革」の関連法案が国会に提出されました。
 およそ、国民の皆様から拍手喝采を頂けるテーマではありませんが、世代間の公平や制度の安定性、財政状況を鑑みると、待ったなしの改革であることはご理解頂けると思います。
 野田総理が政権の命運を懸けて取り組む課題。総理補佐官として全力で支えて参ります。

■2012年1月19日
 激動の予感がする2012年。
 野田政権が歴史的使命の中でチャレンジする改革は、自民党政権時代よりずっと先送りされ続けたものであり、将来世代のために誰かが成し遂げなければならない喫緊の課題です。
 大いなる未来に向け、総理補佐官として不退転の覚悟で取り組んで参ります。

■2011年9月5日
 野田佳彦内閣総理大臣誕生及び新内閣が発足しました。新政権の当面の課題は、我が国が直面する2つの危機への対応です。まずは、原発事故の収束を含む東日本大震災からの復旧・復興、そして、速やかな円高・デフレ対策の遂行です。
 手塚よしおは内閣総理大臣補佐官を拝命いたしました。野田総理大臣を命懸けで支えて参ります。

■2011年3月15日
 民主党は東北地方太平洋沖地震による被災地支援のため義援金の受け付けをいたします。
 皆様のご協力をお願いいたします。
 詳細はこちらまで。

■2009年9月17日
 動画メッセージ:初登院@国会正面
(右側 Adobe Flash Player にて配信)



LOVE JAPAN