衆議院議員 手塚よしお:立憲民主党 東京都第5区<目黒><世田谷>衆議院選挙 立候補

衆議院議員 手塚よしお
都議会1期、衆議院2期。2005年郵政総選挙で落選。真に公正な社会を実現するべく、あきらめずに立ち向かいたい-手塚よしお@充電完了
手塚の独り言手塚コラム
 

駅頭日程 メディア 応援メッセージ 内野席・外野席 秘書日記 政治姿勢 基本政策 ポスター博物館 プロフィール リンク集 アクセス

ネット献金
東京5区

民主党

2015年05月18日
NO.462「出戻り秘書〜Let’s try again〜」木村祐介

 過去、秘書日記史において2連続の登場となった人物がいたでしょうか。おそらく私が最初でしょう。伝説の男となるべく、今後も2ヵ月に1度のペースで執筆をさせていただく予定ですのでどうぞお付き合いくださいませ。
 先月の26日に世田谷区議会議員選挙が執行されました。私も初挑戦させていただきました。選挙カーを返上しての選挙戦。朝は始発から駅頭へと張り付き、お昼は商店街を練り歩き、夕方はスーパーの前に立ち、そして夜から終電までの駅頭での活動。たくさんのボランティアの皆さまのチカラを借りながら戦い抜いた7日間でした。
 投開票日当日、先に区長選挙の開票が行われますから、区議選の開票が行われるのは23時頃からでした。21時から開票作業が始まった区長選挙は、共に戦った現職の保坂区長が自民・公明推薦の候補者を圧倒し勝利しました。
 そして自分の番が回ってきました。家族、ボランティア、支援者のみなさまが集まって下さり、選挙事務所にて開票速報を見守っていました。
 すると、目黒から一報。手塚事務所で兄貴分の西崎つばさ候補が上位当選確実とのこと。この瞬間は自分のことのように嬉しかったです。
「世田谷からも吉報を待っています!」
 とメールを頂きました。私の得票速報は、開票率が40%時点で1,200票。1,200人の方に「木村ユースケ」と期待を込めて書いていただいたこと、感激しました。
 深夜の1時、開票率90%時点、2,600票。今回の当選ラインは3,300票との見方が強くなってきました。どうやら、私のところまで議席が回ってくることがないことがわかった瞬間でした。
 まず、集まってくださった方に敗戦の弁とこれからのことについてお話させていただきました。ここまで政治の勉強をさせていただき、育ててくれた手塚さんにも
「志は折れていないか」
 と聞かれましたので、
「はい」
 とだけ答えさせていただきました。
 そしてW秘書にも
「お前まだ若いんだし、これからだよ」
 と。
 深夜の3時。携帯が鳴りました。画面には「西崎つばさ」の文字が。
「やっぱり寝れないか。男っていうのは、負けて強くなるんだよ。だからこれから前向いて頑張れよ。できる限りのサポートはするからさ」
 一番身近な政治の先輩は、涙ながらに話してくれました。4年前の悔しさを私に重ねてくれていたのだと思います。これからの4年間は先輩のこれまでの4年間の浪人時代の活動を勉強して、研鑽を積んで行きたいと思います。もちろん、お酒以外ですけれど(笑)。
 くよくよしてなんかいられません。すぐに参議院選挙、そして東京都議会議員選挙が待っています。私、木村ユースケも関わってくれたすべての方々と2,661票の重みを大切に、新しいスタートを切りたいと思います。
 そして、今の公選法ではネット上でしか許されていない御礼のご挨拶を、この場を借りて存分にお伝えしたいと思います。本当にありがとうございました。


■ Back Number