衆議院議員 手塚よしお:立憲民主党 東京都第5区<目黒><世田谷>衆議院選挙 立候補

衆議院議員 手塚よしお
都議会1期、衆議院2期。2005年郵政総選挙で落選。真に公正な社会を実現するべく、あきらめずに立ち向かいたい-手塚よしお@充電完了
手塚の独り言手塚コラム
 

駅頭日程 メディア 応援メッセージ 内野席・外野席 秘書日記 政治姿勢 基本政策 ポスター博物館 プロフィール リンク集 アクセス

ネット献金
東京5区

民主党

2013年12月24日
NO.441「ゆく年くる年」渡辺智士

 「だぁ〜いせぇ〜かぁ〜いぃ」
 3億円事件を題材にしたTOKIOの長瀬智也さん主演のドラマ「クロコーチ」。このセリフは、長瀬さん演じる黒河内警部補と剛力彩芽さん演じる清家警部補との掛け合いで出てくるセリフです。
 先日、最終回が放送されたばかりだったせいか、ついついこのセリフが頭をよぎってしまった猪瀬さんの辞任劇。辞めるタイミングが絶妙で、都の来季の予算編成や、2月までにオリンピックの準備委員会のメンバーを決めなければいけないことを考えれば、これ以上の政治空白を作らないためにも、このタイミングは「だぁ〜いせぇ〜かぁ〜いぃ」だったと思います。
 また、見方を変えれば、前回の知事選時に応援し、ご自身の都議選では猪瀬さんとツーショット写真で選挙を戦われた都議会与党のセンセイ方が、日に日に顔色の悪くなっていく知事を見て、このままだと知事は不信任案を出されたら、暴走して都議会を解散するかもしれないと思い始めたのでしょうか。当然、今年の夏に野党が割れに割れてくれたおかげで、議員バッジを手にしたセンセイも多く、議会解散なんてとんでもない、そんなことになったら議席が減っちゃうよという話になる。だから、山口県選出の東京に関係ない巨大与党の副総裁や、野党のはずなのに安倍さんの応援団みたいになっている共同代表が、猪瀬さんにクビを言い渡すわけです。
 きっと、あのタイミングで辞めてなければ、クリスマスには都議会で百条委員会が行われ、年明けには、一足遅い猪瀬サンタが、都議会解散というプレゼントがあったかもしれません。残念すが、そういう意味で彼ら的にも「だぁ〜いせぇ〜かぁ〜いぃ」なタイミングだったわけです。
 しかし、辞めると決まるとマスコミも永田町も冷たいもんで、関心事は次の知事選へ。巨大与党の幹事長も都連幹部も、オリンピックに向けて誠実でクリーンで実行力ある人がなるべきと口を揃えます。
 都知事の仕事って、オリンピックのことだけやっていれば良いんでしたっけ?防災対策は?高齢者対策は?少子化対策は?オリンピック以外にも、もっとやらなきゃならないことがあった気が…。それでも、巨大与党から出てくる知事選候補者はオリンピックのことばかりで、他の政策には触れてほしくないから。で、当選したらオリンピックにかこつけ公共事業の乱発でしょうね。国と同じパターンです。
 国の方では補正予算が成立しまして、これで今年は公共事業だけで11兆円オーバーの予算です。選挙で受かれば何やっても良いってもんじゃないでしょう。消費税あげるんだったら、そこは削るところでしょう。結局、これが自民党なんですよ。選挙のときに都合の悪いことは言わない。選挙が終わってから言う。昔と何も変わってないじゃないですか。 だからこそ、次の知事選は大事なんです。昨年の総選挙で自民党と書いて後悔されている方、今年の参議院選挙でY本太郎、A猪木と書いて後悔されている方、どうぞ今回は政策で「だぁ〜いせぇ〜かぁ〜いぃ」な候補者をお選びいただきますようお願い致します。
 1つの選挙結果が政治の流れを大きく変えることがあります。昨年、今年と辛い選挙が続きましたが、来年はそんな嫌な流れを変えてくれそうな選挙がいくつかあると思います。そんな反転攻勢な1年になることを期待しつつ、手塚事務所は来年も頑張ってまいります。

■ Back Number