衆議院議員 手塚よしお
手塚の独り言手塚コラム
 

駅頭日程 メディア 応援メッセージ 内野席・外野席 秘書日記 政治姿勢 基本政策 ポスター博物館 プロフィール リンク集 アクセス

ネット献金
東京5区
どばぐる

民進党

2009年6月29日
NO.331 「右も左も」坂本 旬

 こんにちは、ご無沙汰しております。花見大臣の坂本です。私は今、7月12日の都議会議員選挙に向け、毎日朝から晩まで、世田谷の関口太一さんと活動中であります。
 私にとって、スタッフとして初めて戦う選挙となりますので、まだ右も左も分からず、関口さんには迷惑をかけ通しであります。
 先日は、三軒茶屋の狭い路地で対向車を避けるため、関口さんの愛車プリウスのサイドミラーを、右も左も不注意で割ってしまいました。あまりにもショックな出来事に、
「太一さん、おれ最悪なことをやってしまいました」
と報告すると、
「なんや、人でも轢いちゃったかと思った。その程度で良かった、仕事のことだから仕方ない」
とのお言葉。関口さんのとても広い心に救われ、海よりも深く反省した私は、後日、プリウスにつけてしまった傷を綺麗に仕上げることを試みました。
 洗車から始め、サビを落とし、色スプレーでマスキングしたあと、ボカシ剤で目立たせなくする。言葉で言うと簡単に思えるかも知れませんが、これが意外と難しい。日の当たる部分やスプレーからボディまでの距離、ボカシ剤のタイミングなど、なかなかシビアな作業なので、下手をすれば右と左で色が違ってしまいます。
 試行錯誤の結果、今や太一さんのプリウスは私の力作として仕上がっております。都議選に向けての活動の中、期せずして、しょうもないスキルを得てしまいました。できることなら、ビラ配りのスキルももっと身につけたいものです。
 さて、国会では、右へ左へとブレまくる麻生総理の発言が、都議選前の解散で8月上旬の選挙かとメディアを賑わせております。こうなれば、いっそのことまとめてかかってきて欲しいものです。
 私たち手塚事務所スタッフは、都議選の勝利に向けて全力疾走中。この勢いのまま総選挙に行ければ、最初から100%のフルパワーでスタート出来ます。何も出来ない私ですが、気持ちだけは、私の右にも左にも出る者はいないはずです。
 車は傷つけてしまい、日々の激務で心も傷つきそうな毎日ですが、それでも都議選が終わるまで、そして総選挙が終わるまで、全力で走り抜けようと思います。
 余談ですが、都議選の投開票日は、私の24歳の誕生日でもあります。


■ Back Number