衆議院議員 手塚よしお
手塚の独り言手塚コラム
 

駅頭日程 メディア 応援メッセージ 内野席・外野席 秘書日記 政治姿勢 基本政策 ポスター博物館 プロフィール リンク集 アクセス

ネット献金
東京5区
どばぐる

民進党

2006年11月6日
NO.261
「踊る手塚事務所」 大平 順

 自称ドブネズミこと田浦貴明秘書。早稲田大学在学中。歳は僕よりも1つ上。手塚本人から手塚事務所のホープと称されている。教養の塊のような人間であり、その取り扱いが大変難しい。
 そんな彼が野田佳彦事務所から手塚事務所に出向してきて早くも半年が経とうとしています。総選挙後、スタッフの人数が減少した事務所にとっては貴重な存在です。野田事務所のみならず数々の選挙で鍛えられているのか、事務所内ではすぐさま頭角を現し、今では重鎮の一角をなすに至っています。そんな彼の存在に嫉妬するにまで至っていない未熟な僕は、インターン生の世話、タウンミーティングなどの仕事を彼に丸投げ、いや、引き継いで、夏に長期間海外旅行に行って来ました。そうでなくても人手不足が否めない状況で、この間の補選の手伝いも重なり、彼には随分ときつい思いをさせてしまいました。学生でありながらも事務所を背負うというその責任感にはただただ脱帽です。
 現在、田浦秘書と僕は学生秘書コンビ?を形成し、橘・中村の秘書と候補者の二足のワラジコンビを支えていこうとしているところです。田浦秘書は先週末も僕を連れて世田谷の玉川地域に出没し、ポスター、事務所作業、駅頭などを手伝い、その際には自称「数々の選挙で鍛えた名演説」を披露してくれました。僕はカラオケすらまともに出来ないっていうのに…。
 さて、気づけばもう11月です。そろそろ関東でも紅葉が見ごろになろうこの時期、手塚事務所も忙しくなっています。統一地方選に向けたポスター貼りや駅頭、挨拶まわり。機動力抜群の手塚事務所の名を汚さないよう、僕も田浦秘書を追い掛けつつ頑張りたいと思っています。


■ Back Number