衆議院議員 手塚よしお
手塚の独り言手塚コラム
 

駅頭日程 メディア 応援メッセージ 内野席・外野席 秘書日記 政治姿勢 基本政策 ポスター博物館 プロフィール リンク集 アクセス

ネット献金
東京5区
どばぐる

民進党

2005年2月7日
NO.200
「初めまして」 名和久美子

 初めまして。今年から手塚事務所議員会館スタッフとなりました名和久美子です。
 昨年の12月、私が学生時代からお世話になっておりました墨田区議会議員堺井ゆきさんが郷里大阪に帰り、国政を目指すことになりました。私にとっても嬉しいビックニュースではありましたが、共に寂しい別れでもありました。
「年越しから無職…」と思っていましたところに、手塚よしお代議士に会館スタッフとして面接をしていただけることは、願ってもないチャンスでした。自分自身の未熟さを痛感することが多く「秘書として成長するには、もっと大勢の中で勉強したい!」常々感じていたのです。
 手塚事務所は公設秘書、私設秘書、学生秘書そして学生インターン、私が知っているだけでもざっと15人を超える大所帯。以前から、このホームページの愛読者でもあった私は、それぞれのスタッフの皆さんが「代議士と同じ目標を持ち、自分ができることを精一杯やる」事務所の雰囲気を、そしてそのスタッフの仕事を間近に見ることは、これ以上ない勉強の場になると感じていたのです。
 面接でお会いした代議士は、仕事の話をするときは厳しいのですが、そんな中にもユーモアたっぷり。雄弁であり、責任感溢れる人柄に感銘を受けました。
 感銘を受ければ受けるほど、頭の中は真っ白になってしまい、背筋を伸ばし
「がんばります!」
としか言えなかった情けない私を代議士を笑顔で事務所に迎えてくださったのです。
 手塚事務所の仲間入りをしてはや1ヶ月が経とうとしています。「24時間政治家」は傍から見ると「本当に?」と疑いたくなってしまうような代議士のキャッチコピーですが、見事に実践中の代議士を間近にし、手塚事務所スタッフとして責任ある仕事をしなければと、身の引き締まる思いです。
 面接時、代議士が話して下さった「信頼する愉快なスタッフ」の中に私も登場させてもらえるよう、笑いのセンスも含め、勉強させていただきたいと思います。


■ Back Number