衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2017年6月

月別アーカイブ: 2017年6月

2017年6月23日

本日、都議選が告示されました。改めて書くまでもありませんが、私の地元は目黒区と世田谷区。しかし、この両区において過去の都議選とは違う戦い方が求められています。まずは目黒ですが、20年来二人三脚で活動してきた伊藤悠前都議が都民ファーストに移籍。伊藤君にとっては人生で最も強い選挙を戦えることでしょう。多くの妬みや嫉妬と向き合う経験を積んで、政治家として更に成長することを期待したいと思います。一方の世田谷では、こちらもずっと行動を共にしてきた関口太一前都議が出馬を辞退することになりました。世田谷で民進党の1議席を死守するために山口拓前都議に一本化。出馬することより出馬しないことを決断することの方が断然勇気のいることです。関口君の英断を尊重し、今後も彼と一緒に他日を期して参りたいと思っています。そんなわけで、地元での応援は山口拓候補のみ。今夕、三軒茶屋駅頭での出陣式には、敬愛する野田佳彦幹事長がさっそく駆け付けて下さる予定です。各選挙区で戦う同志たちの武運を祈りつつ、私も地元で大いに汗をかきたいと思います。9:30

2017年6月15日

今朝、私が等々力の駅頭に立って演説を始めた頃、昨日から夜を徹しての与野党の攻防の末、参院本会議で共謀罪法案が成立。与党は法務委員会の採決を省略する「中間報告」という奇策まで繰り出しました。一体、何をそんなに急ぐのか? 加計学園問題でこれ以上野党の追及を受けたくない。1分1秒でも早く国会を閉じたいとの安倍政権の意向が透けて見えてきます。そもそも今国会では、森友学園に絡む行政文書、南スーダンPKOの日報など、政府による情報の隠蔽が疑われる問題が相次ぎ、いずれも事実解明にほど遠いまま、会期末を迎えようとしています。数の足りない野党にとっては、こうした辛酸を何度も味わってきましたが、選挙でしか政治の構成を変えられないのも現実。どうやら総選挙は当分先のようですが、1週間後には都議選が告示されます。都民が国民を代表して明確な民意を示すチャンスです。安倍総理が頭を抱えるほど自民党の議席を減らしたいですね。ファイト! 14:25

2017年6月1日

今日から6月。まもなく鬱陶しい梅雨。そして3週間後には都議選が告示されます。そんな中、安倍総理は政権発足以来、最大のピンチを迎えていると言っても過言ではないでしょう。蕎麦屋さながらに、モリに続くカケ。現在進行形の獣医学部新設問題は、前川前文科次官の証言や、個人的には懐かしい響きの総理補佐官による暗躍などが報じられ、おぞましいほどの政治権力の私物化が明らかになりつつあります。籠池氏を悪人に仕立てあげたように、政権に近い御用メディアを使っての前次官への個人攻撃。この国はいつからこれほど陰湿で息苦しい社会になったのでしょうか。岩盤規制に風穴を開けることは結構。半世紀に渡り認可されず、最近でも10数回も却下された学部新設の認可が、なぜここまでトントン拍子に進んだのか。状況証拠がこれほど積み上がっても、国民に対して説明をしようという姿勢がなく、傲岸不遜の極みに映ります。「李下に冠を整さず」。常に権力に対して謙虚な姿勢を持ち続けた野田総理の姿が懐かしくてなりません。10日ほど前に還暦を迎えたはず。諸々エネルギーに変えて、暑い季節を乗り切っていきたいと思います。

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.