衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2016年4月

月別アーカイブ: 2016年4月

2016年4月26日

「あと一歩、残念だった」との声が各方面から寄せられた衆院補選。自民党が候補を擁立できなかった京都3区の圧勝については割愛するとして、北海道5区は大接戦の末、約13万対12万で与党候補に軍配。色々な角度からの検証が行われているようですので、私の感想も一言。まず、野党共闘について後ろ向きな意見を言われる方は、14年の総選挙比較して与党候補がほぼ同じ得票なのに対し、野党候補は民主+共産の得票をわずかに下回っていて、その背景を共産党アレルギーと分析しているようです。しかし考えてみれば、もし共闘が不調に終わりそれぞれが候補を擁立していれば、おそらく13万対8万対4万の結果でしょうから、共闘の方向性は決して間違っていないはず。そもそも北海道5区は、09年の政権交代選挙でも自民党が勝利した自衛隊の駐屯地の多い保守地盤で、しかも今回は弔い選。北の大地に大きな影響力を誇る某父娘の変節という要素を加えても、これ以上ない善戦で、与党幹部も肝を冷やしたことでしょう。震災対応を優先し、ダブル選回避との見立てが広がっていますが、ダブルといえば「死んだふり解散」が歴史です。引き続き緊張感をもって過ごしたいと思っています。13:45

2016年4月17日

山が崩れ、橋が落ち、住宅が倒壊。5年前の津波とは違う景色ながら戦慄が走った熊本からの映像。震度7が本震ではなく前震で、M7.3が余震ではなく本震とのこと。天災は忘れる前にもやって来るようで、改めて日本列島はどこにいても震災と隣り合わせだとのことを実感しました。一瞬にして未来を失ってしまった方々へ、心から哀悼の気持ちを表したいと思います。また、余震に怯えながら不便な生活を余儀なくされている方々にお見舞いを申し上げます。不謹慎にならない程度に、この震災後の政治的変化を予測してみたいと思います。まずは補選の影響。京都3区は自民党が不戦敗ですが、大激戦と報じられる北海道5区はいよいよ不透明に。震災対応が投票に微妙な影響を与える可能性も指摘され始めています。次に消費増税。こちらは安倍総理も格好の理由を手にした形となり、再延期表明が早まる可能性もあるでしょう。そして、ダブル選。何より優先されるのは被災地の復旧と復興。こちらは逆に思惑通りに解散するのは難しくなったかもしれません。そう、一寸先は闇。合掌。10:40

2016年4月8日

我が家の愚息も今日から小学3年生。担任の先生を含めたクラス換えもあり、ハラハラドキドキで登校しました。その新3年生からも「パパ、また選挙なの?」と聞かれるぐらい、ダブル選挙の噂が広がっている様子。私が最も不思議に感じるのは、消費増税再延期とリンクさせるメディア報道です。1年半前と同様に再延期した場合は、安倍総理が「次は何が何でも増税する」と言っていたことを反故にする訳で、これほど明確な公約違反はなく、解散より総理辞任が政治の筋道のはず。それでも解散の噂が止まらないのは、やはり総理自身が目論んでいると周辺が思っているからでしょう。必ずある参院選の勝敗の分かれ目となるのは32県の1名区。野党統一候補が出揃い、1名区で善戦しているとの世論調査結果が続々と入ってきます。参院でも3分の2を占め、憲法改正を発議しようとの目論みはすでに崩壊していて、むしろ参院選で大きく負け、腹痛で退陣という9年前の悪夢が蘇っているのではないでしょうか。ダブル選にして、全国の小選挙区で自民党の候補者をフル稼働させ、負け幅を小さく抑えるたいとの魂胆のように感じます。いずれにしても、常在戦場ですね。11:55

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.