衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2015年10月

月別アーカイブ: 2015年10月

2015年10月30日

朝晩は肌寒く、秋の深まりを実感する昨今、プロ野球は大方の予想通り、福岡ソフトバンクが2年連続日本一に。エースと4番を欠いていましたから、選手層の厚さは羨ましい限りです。私の野球熱はすでに六大学へと移っており、学生安打記録を更新した逸材と、主将の捕手の2人をドラフトで阪神に送り出してくれた明治が独走していましたが、土壇場で法政に敗れ、優勝の行方は週末の早慶戦次第に。もちろん愚息と神宮に応援に行くつもりです。国会を召集してくれないと、久しぶりの独り言も野球の話題で終わってしまいそうです(笑)。最新の報道では、年内は国会を開かず、来年の年明け早々の4日に通常国会を召集する方向とのこと。総理の外交日程をその理由にしていますが、この時期に国際会議などが多いのは例年と同様。新閣僚の週刊誌ネタを追及されたくないとの思惑が透けて見えますが、いつかやらなきゃならないのは夏休みの宿題と一緒。野党は憲法53条の規定で国会召集を求めていますが、安倍総理も菅長官もどこ吹く風。もとより憲法を軽んじる傾向の強い政権ではありますが…。13:40

2015年10月13日

年間を通して最も清々しい秋の好天に恵まれていますが、昨日は愚息と清宮君の応援で市営立川球場まで足を運びました。今年の早実は打てません。残念ながら2回戦で敗退し、春の選抜甲子園への道は閉ざされてしまいました。残念なのは阪神も。タナボタで出場したCSも巨人に敗れ終戦。助っ人に頼ったチーム編成で、若手が延びず苦しい1年でした。来年はアニキこと金本監督で出直してもらいたいところです。さて、そろそろ政治の話も。先週は内閣改造がありました。地味な改造に特別な感想もありませんが、安倍総理と違う考え方の新閣僚もいるようですので、その所信も聞いてみたいですね。さらには、野田政権でスタートしたTPP(環太平洋パートナーシップ)の交渉も大筋合意とのこと。自民党の農村部を選挙区とする議員の多くはTPP断固反対を訴え当選したはず。その政権与党としての矛盾もはっきりさせないといけません。長かった通常国会でしたが、課題山積の政治状況です。秋休みもほどほどに、1日も早い臨時国会の召集を求めたいと思います。10:30

2015年10月4日

長かった通常国会国会が閉幕し、メディア報道は明後日にも行われる内閣改造が中心になっていますが、主要閣僚と党役員は留任のようですし、私にはまったく関心がありません。安保法制の成立後、政治的な一番の変化は日本共産党の大転換でしょう。野党間の選挙協力のみならず、連立政権樹立を目指すという新方針を発表しました。民主党内からの異論や支持者からの「共産党とは組まないで」との声も聞こえてきますが、自民党より長い歴史を誇る共産党の決断を、私は率直に評価したいと思っています。野党がバラバラで巨大与党に対峙するのは、権力を握る側の思う壺。岡田克也代表の「連立政権となるとかなりハードルが高いように思うが、志位委員長は信頼できる方。誠意をもって建設的な協議を続けていきたい」との発言に尽きると思います。一方、およそ信頼できないのは大阪方面。政界引退を表明された方が、党を分裂させ新党結成。しかも、安倍政権の補完勢力になろうとする姿は、「維新」というより幕末の新撰組を連想してしまいます。いやはや。さて、プロ野球。阪神は秋恒例の失速で、中村GMは天に召され、和田監督は退任へ。いやはや。ヤクルトごっくん。10:45

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.