衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2015年5月

月別アーカイブ: 2015年5月

2015年5月27日

梅雨入りの前の、緑輝く一番いい季節のはずですが、今年は早くも夏が到来してますね。さて国会では、安全保障関連法案の実質審議が始まりました。私自身も国会に議席あった時に審議された、いわゆるPKO法案は3国会 をまたぐ形で成立しましたが、今回は11本の関連法案を、国会を延長し、この夏が終わるまでに成立させようという魂胆のようです。戦後70年の節目に、安倍総理が目論む安保政策の大転換。これは、集団的自衛権の行使を認める、憲法96条が定めた改正手続きを回避した解釈改憲であり、この法案の成立は、なし崩しの解釈改憲を立法府が追認したことになります。昨年の総選挙で意図的に争点化しなかった安保政策ですが、やはりどの世論調査を見ても、およそ国民世論の賛同はありません。しばしば「代案はないのか?」と問われる野党ですが、今回ばかりは、そもそも「今なぜ、解釈改憲が必要なのか?」ということを、安倍総理からしっかり引き出すべきでしょう。熱い論戦の最前線に身を置けない悔しさもありますが、引き続き街頭にて論陣を張って参ります。15:30

2015年5月18日

区議選が終わり、台湾出張もあった大型連休。気が抜けたわけではありませんが、2週間ぶりの独り言になってしまいました。さて昨晩は「大阪都構想」の住民投票。出口調査では各社とも賛成が少し反対を上回ってましたが、期日前投票分に反対票が多く、結果は空前絶後の大接戦の末、「否決」での決着を見ました。賛成派、反対派それぞれの主張に一定の説得力がありましたから、多くの大阪市民も迷いながら投票だったと思います。ただ、外野からの率直な感想は、やはり橋下徹市長が好きか嫌いかの人気投票だったようにも感じます。私のような凡庸な政治家にはとても真似のできない、歯に衣着せぬ物言いで風雲児的存在だった橋下氏。昨日の会見での潔い政界引退宣言は好印象でした。ただ、維新の党はやはり彼のワンマン政党。所属議員の大半は、元々自民党の大阪府の自治体議員だったり、自らの選挙を優位に戦おうとする元民主党の抜け目のない面々だったりと、今後の存続が憂慮されます。他党を心配する余裕などない民主党ですが、やはり野党が束にならないと自民党の暴走に対峙できない状況でもあります。ここは新たな局面での奮闘をお誓いするしかありません。岡田さん、ファイト! 10:10

2015年5月3日

大型連休を利用し、野田佳彦前総理を団長に台湾を訪問しています。民主党政権の時に発災した東日本大震災。世界各国や多くの国際機関から様々な支援が寄せられました。中でも救助隊派遣のみならず、他国と比較しても桁違いの義援金を出してくれたのが台湾だったのです。しかし、正式な外交関係のないため、現職の総理が台湾を訪問することは事実上不可能でした。政権下野から2年半、自らの言葉で直接御礼の言葉を伝えたいという野田氏の強い思いで訪台が決まり、野田政権の官房副長官だった長浜博行氏らと共に私も同行させてもらっています。野田氏による、政界・外交関係者や有識者、マスメディアに対しての記念講演がメインイベント。そして、発災時には夫婦でテレビに出演し、国民に支援要請をして下さった馬英九総統に謁見。さらには、民主進歩党本部を訪れ、次期総統と目される蔡英文主席との会談も実現しました。外交関係がなくても世界一親日的な台湾で、前総理ならではのけれん身のない外交となったように思います。せっかくの台湾。名物の小龍包なども食べて本日帰国する予定です。8:25

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.