衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2015年3月

月別アーカイブ: 2015年3月

2015年3月29日

春爛漫。私の住む中目黒を流れる目黒川沿いの桜も見頃を迎え、例年以上の観光客で大にぎわいです。待ちに待った球春も到来し、プロ野球が開幕。我が阪神も2試合連続のサヨナラ勝ちで首位に立ち、独走を予感させてくれます(笑)。佳境を迎える甲子園では、高校球界の白鵬になりつつある大阪桐蔭をどこが止められるか。根っからの判官贔屓としては、好投手のいる敦賀気比と県岐阜商に期待したいところです。さて、本業ですが、2段階で行われる統一地方選の前半戦の一部がすでに告示されています。これは全国の知事選、県議選、政令市の選挙などで、投票日は来月の12日。東京は、去年都知事選がありましたから、私が関わる目黒と世田谷の選挙は後半戦で、来月の19日告示、26日投票の日程になります。今日も、私の秘書から世田谷区議選に出馬を予定する木村祐介君の決起集会が予定されています。目を患う岡田代表に代わって全国を飛び回る蓮舫代表代行も応援に駆けつけて下さる予定です。春の陣。仲間の飛躍のため、私も全力で応援したいと思います。11:10

2015年3月22日

昨日、春の選抜高校野球大会が開幕。甲子園にこだまする金属バットの打球音が今年も春の到来を告げてくれます。大の高校野球ファンの私から見ても、戦力が拮抗し優勝候補を2?3校に絞れませんが、今までに一度もない、東北や北信越地方の優勝を、今年あたりはあっさり実現してくれる予感がしています。さて、昨日は卒業から33年の時を経て、八幡中学校の同窓会がありました。通称「八中」の同級生で、20歳の若さで出産した旧姓Wさんの長男が私の秘書を務める木村祐介君、27歳。木村君は来月の世田谷区議選に初挑戦する準備を進めています。ただ、彼が活動する地域が私の選挙区ではなく、一緒に駅頭に立つ機会もありませんでした。そこで思惑たっぷりで開かれたのが、Wさんが幹事を買って出た同窓会だったのです。15歳の時の記憶を持ち寄った48歳になる面々の会話は尽きることなく、久し振りに日付をまたいで痛飲しました。参加して下さった4人の恩師の1人が話して下さった「教え子が開く同窓会に呼んでもらえるのが、教員をしていて何よりの喜びなんです」との言葉に救われる思いがしました。同級生の絆から生まれた区議候補の宣伝運動も周到に進めさせて頂きました(笑)。12:15

2015年3月15日

三寒四温。冬と春の綱引きが続いています。メディア報道で追い詰められた文科相は強気の居座りを決め込み、話題の未亡人も狼狽えつつ職務に邁進とのこと。この際は、政治とカネの問題を解決する企業・団体献金の全面禁止についての回顧録を。私自身は23年の政治活動を通して企業・団体献金を受けない姿勢を貫いてきましたが、これを真剣に法制化しようと尽力したこともあったのです。時は4年前の菅直人政権。私は岡田克也幹事長の下の総括副幹事長。私と同様に一切の企業献金を受けていない長妻昭筆頭副幹事長とコンビを組んでの作業でした。党内の反対意見を抑えるため、個人献金の政治文化を広げようと、当時の野田佳彦財務相と掛け合い、個人献金の税制上優遇措置を行う税制改正の了承をもらっていました。あとは党内の根回しと世論換気。そんなタイミングで3.11を迎えてしまったのです。民主党政権だからこそできた大改革だっただけに、今から思えば残念で仕方ありません。民主党政権の「タラレバ」はまだまだありますが、それを言っても栓のないことでしょう。来年度予算案は衆院を通過。舞台は参院へと移りますが、明日はさっそく蓮舫さんの登場です。ご注目下さい。14:30

2015年3月8日

来月実施される区議選に向け、昨日は同時多発決起集会を開催しました。私と関係の深い6人の区議会候補予定者が、それぞれの支援者の皆様に集まって頂いての催しで、すべての会場に野田佳彦前総理と蓮舫代表代行と私が順番に駆け付けるという少々贅沢な企画。午前11時から1時間刻みで6会場。最後は馴染みの中華料理店を貸し切り、私の後援会の幹部や支援団体の代表者にも参加頂いて、野田さん蓮舫さんを囲んでの打ち上げ。総選挙で国政復帰が叶わず、下を向いていた時、敬愛する野田さんからは「どんな会でも応援に行くから、前を向いて再起を」と発破をかけて頂き、今回はその言葉に思いっきり甘えさせて頂いた次第。私を支えてくれている「チーム手塚」の面々の勝利こそが、劣勢の続く我が社の反転攻勢のきっかけになると確信しています。区議選まであと約1ヵ月半となりますが、チーム力、総合力で立ち向かっていきたいと思っています。野田さん、蓮舫さんをはじめ、各会場にご来会頂いた皆様、本当に有難うございました。感謝です。12:20

2015年3月1日

今日から3月。毎年同じことを書いている気がしますが、弥生という響きだけで春の到来を期待してしまいます。先週は早々に西川農林相が辞任。その後は、下村文科相、望月環境相など続々と政治とカネの問題が報じられ、予算委員会でも民主党の厳しい追及が展開されています。一方、国民世論に耳を傾ければ、「閣僚のスキャンダルは許しがたいけど、野党も揚げ足取りばかりしてないで…」との声も聞こえてきます。もちろん、予算委員会では中身の濃い政策論争もありますが、メディアはほとんど報じてくれません。その理由は、視聴率が稼げないから。しかし、解散総選挙で一度はふたをされた政治とカネの問題について、再びメディアが競って報じるモードになりつつあります。ここは少々の異論があっても、野党は野党らしく、閣僚の資質を徹底的に追及し、国民の税金が原資となる補助金を受けている団体や企業からの献金を受けるという、典型的な政・官・業の癒着を正すべきでしょう。そんな中、今日は民主党党大会が開かれます。網膜剥離が再発し、入院中の岡田代表は欠席とのことですが、党一丸で再生への姿をアピールしたいものです。春よ来い来い、早く来い。11:20

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.