衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2014年5月

月別アーカイブ: 2014年5月

2014年5月26日

先週は旧交の暖まる機会に恵まれました。木曜は、咽頭がんの手術から不死鳥の如く蘇った大橋巨泉さんの「傘寿と快気祝いの会」。巨泉さんと私の実父は同じジャズ評論で世に出て、巨泉さんは父を「生涯のライバル」と言ってくれています。そんなご縁もあり、13年前の参院選で、当時衆院1期生だった私が秘書役を務めさせて頂いたのもいい思い出です。快気祝いの席で政治の話は出ませんでしたが、きっと安倍総理の暴走に腹を立てているはず。引き続き、辛口の援護射撃を期待したいところです。金曜は、政界を勇退することを表明し、軽井沢にて隠居生活を送っている小宮山洋子さんを訪ねました。同じ世田谷を選挙区で分け、野田政権では厚労大臣として「社会保障と税の一体改革」に尽力された、まさに戦友です。閑静な別荘地でのんびり過ごされる様子に羨望の眼差しを送りましたが、ご一緒した蓮舫さんと私には「あなたたちはまだ若いんだから、もっと働いて」と叱咤激励。確かに。さて今日は、久し振りに野田前総理の視察に同行します。夜の宴席までご一緒ですので、早朝から深夜まで仕えた総理補佐官時代の充実した日々が蘇ります。さて、野田さんはクールビズでしょうか? 12:20

2014年5月19日

この週末は、2年前に30歳の若さで旅立った、故蓮孝道君の墓参りに。命日はバレンタインデーですが、今年は大雪に見舞われ、群馬の山奥まで行けず延期になっていました。今もなお、彼の屈託のない笑顔が甦り、背筋の伸びる思いです。さて、通常国会の会期も残り僅かとなって来ました。重要法案はありませんので、やはり懸案は、安倍総理が目論む集団的自衛権の行使に向けての解釈変更でしょう。消費増税などに比べると、安全保障政策は生活に直結していないこともあって、反対世論の盛り上がりに欠けるとの指摘もあります。さらに、この週末に石破幹事長あたりがテレビ出演で主張した「中国の軍拡に代表される国際情勢の変化」が、一定の説得力を持ってしまっているのも事実でしょう。しかし、国の根幹を成す最高法規の縛りを、その時の指導者の考えで簡単に読み替えることは明らかに立憲主義に反しますし、私は中身の議論以前の問題だと思っています。支援団体が反対を唱える公明党に大いに歯止め役を期待しますが、やはり野党第1党の抵抗力が改めて問われていると思います。13:15

2014年5月9日

天候にも恵まれ、今日は我が家の愚息の小学校入学後最初の遠足。お約束のおやつは300円まで。「バナナはおやつですか?」といった、我々が子どもの頃にした質問もいまだにあるようですが、チョコレートやグミを抱えて楽しそうに出掛けて行きました。閑話をもう一つ。この独り言で阪神好調と書いたとたん、打線はかげり、注目をお願いした上本選手は骨折。いやはや、まるで不幸の手紙のようです(笑)。今日からは伝統の巨人戦。何も書きません。さて、ようやく政治の話です。安倍内閣が1人の閣僚も交代することなく発足から500日を超えたとの報道。なんと戦後初めてのことだそうです。一言で感想を言えば、「敵ながら、あっぱれ」です。第1次安倍政権は、毎月のように閣僚が交代し、自殺者まで出る始末。衆参とも圧倒的な多数をしめる国会情勢こそ安定政権の最大の背景でしょうが、徹底した官邸のメディア対策が奏功しているとの印象です。前回の政権を思い出しつつ、安倍政権の前途を「一度転がり始めたら崩壊も早い」と予測してきましたが、なかなかつまずかないのですから、野党にとってはしんどいところです。季節は夏へ。我々にとっては冬が続きます。12:05

2014年5月1日

今日から5月。早いもので10年目のクールビズもスタートしました。米国からは、人種差別発言で渦中の人となったNBAの人気球団のオーナーに対し、約2.5億円の罰金を科した上で永久追放を通告したとの報道。発言そのものがあまりに幼稚で、特別な感想もありませんが、この処分の大きさこそが米国らしいエンターテイメントとの印象です。この話題に関連しますが、ロードショー公開では見逃していた「42」のDVDを自宅で鑑賞。まだ米国で黒人に対する差別が横行していた1940年代に、初めて褐色のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンの実話に基づいた物語。野球に関心のない人でも感動する傑作でした。連休でお時間のある方にお薦めします。野球といえば、巨人との開幕戦を見たときには、今年もダメかとため息をついた我がタイガースが絶好調です。甲子園で10連勝。未知数だった新助っ人も現在打点王。私が特筆したいのは、広陵高、早大で主将を務め、今年から阪神のキャプテンに就任した上本博紀内野手。背番号4。元メジャーリーガーの怪我が完治しても1番セカンドは譲らないほどのブレイク。阪神ファンでない人にも是非覚えて頂きたいです。13:15

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.