衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2014年3月

月別アーカイブ: 2014年3月

2014年3月28日

上杉裕之前世田谷区議を送った1週間は色々なことがありました。葬儀の席、未亡人になってしまった喪主から、「釜石で息を引き取った上杉は、皆様に被災地を忘れないで下さいとのメッセージだったと思います」と。震災復興に尽力した上杉さんを偲びつつ、その言葉が胸に突き刺さりました。上杉さんのことも決して忘れることはないでしょう。合掌。大相撲では、逆転の初優勝で鶴竜が横綱昇進へ。モンゴル横綱トロイカ体制確立。頑張れ、日本人力士。昨日は、私が生まれた1966年に起きた「袴田事件」で、長年無実を訴えてきた袴田氏の再審開始の決定があり、即日釈放されました。「国家が無実の個人を陥れた」との踏み込んだ指摘ができるのなら、なぜこんなにも再審まで時間がかかったのか。死刑執行の恐怖に怯えた袴田氏の半世紀を考えると、本当に胸が痛みます。政治の話題も一つ。みんなの党の代表が化粧品会社の会長から計8億円を借りていた事実が露呈。「私個人に対する支援で、選挙資金には使ってない」との釈明は、半年前の前都知事とまったく同じ。金額が桁違いなだけに、見苦しい言い訳にか聞こえません。そして、東京では桜が開花。今日は身近な面々と花見の宴です。16:00

2014年3月11日

国会議員を25年務め、突如引退したかと思いきや、その数年後に都知事選に出馬し、3期12年。年齢も80歳に達し、勇退濃厚との報道もありました。後継指名するつもりでアプローチされたのが、私の仲人親の松沢成文神奈川県知事。一体何があったのかか、前夜に息子に説得され、一転4選出馬表明した石原慎太郎氏の都議会での演説。当時は与党民主党の都知事候補選びの責任者だった私の議員会館の部屋にも多くの記者が押し掛け、一緒に石原氏の演説に驚愕していました。松沢氏から電話があり「冗談じゃない、はしごを外されたよ」と、その嘆きに相槌をうっていた時にグラグラっと。あの日あの時の記憶が甦る大震災から今日で3年が経過しました。震災後、党の総括副幹事長として、政権党に集まるあまたな情報を交通整理し、支援物資やボランティアの供給など、国会内の対策本部で過ごした不眠不休の日々も思い出されます。3年の歳月で起きた様々な変化に思いも巡らしつつ、1日も早い復興を改めて念じたいと思っています。合掌。8:00

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.