衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2006年7月

月別アーカイブ: 2006年7月

2006年7月30日

夏の甲子園を目指す全国の高校球児たちの戦いもいよいよ佳境に。松田哲也秘書の母校で、甲子園の常連でもあるPL学園は、昨日大阪大会の準々決勝で敗退。そう毎年は行けないのが甲子園。一方、私の母校の系列校で、野球少年の頃の憧れであった早稲田実業は、手に汗握る大熱戦の末、西東京大会を制して10年ぶりの甲子園を決めました。万歳。甲子園まで応援に行きたい欲求がふくらみます。気象庁は中国・近畿・東海・北陸・関東甲信越と一気に梅雨明けを発表。これで待ちに待った夏本番です。高校野球や阪神の応援ではありませんが、明日から大阪に行って来ます。詳細はまた。17:25

2006年7月28日

昨日、谷垣禎一財務相が正式に自民党総裁選への出馬を表明。また、麻生太郎外相も来月には正式に表明をするとのこと。意欲のある人はまだまだいるようですが、結果はすでに決まっているとの私の見方に変化はありません。我が阪神は後半戦の開幕カードで、宿敵の中日によもやの3連敗。痛い連敗ではありますが、ペナントレースはまだまだこれから。それ以上にわからないのは、米国産牛の輸入再開問題です。安全性に対する国民の不信感は、当面販売を見送る方針だという大手スーパーの対応を見ても一目瞭然。国民の食の安全の問題を、米国への配慮から政治決着するのはあまりに無責任と言わざるをえません。12:40

2006年7月27日

昨日、親しくしている新聞記者にある素敵な女性を紹介して頂きました。彼女は私より1歳年下で、東大医学部卒業の脳神経外科医。東大医学部付属病院に勤務後、現在はドイツに滞在し文字通りエリート女医として活躍中。この紹介ではまるで私との接点はありませんが、彼女の生活の中心は高校野球なのです。春と夏の甲子園の季節に帰国して予選大会から追い掛け、甲子園ではほぼ全試合をスコアブックに付け、監督の采配まで研究するとのこと。いやはや、政界一の高校野球ファンも舌を巻いてしまいました。片山晴子さんといい、すでに「甲子園巡礼」という観戦記を出版されています。分析が非常に鋭く、そのなめらかな語り口にも引き込まれました。今後の活躍に大いに注目したいと思います。12:10

2006年7月25日

朝日新聞の世論調査で、次の総理の靖国神社参拝について、これまでは賛否が拮抗していましたが、今回は反対が60%を占め、賛成の20%を大きく上回ったとの報道。先週の日経新聞のスクープで、昭和天皇が靖国へのA級戦犯合しに不快感を示したいたとされる側近のメモが明らかになったことが、どうやら大きく影響している模様です。靖国神社参拝に否定的な立場だった福田康夫元官房長官が総裁選への出馬を断念したばかりですが、小泉総理がこの5年に渡って参拝を繰り返してきたきたことが、この問題を総裁選の最大の争点にしてしまった背景でもあります。小泉改革を継承したいとされる官房長官の明快な考え方を、この際是非披露して頂きたいものです。14:00

2006年7月23日

今日は午後から世田谷の下馬と上馬の2会場でタウンミーティングを開催。なかなか多くの皆様にはご参加頂けませんが、小泉政権の総括や靖国問題など活発な議論が出来ました。そのまま目黒に戻り、日曜恒例の碑文谷ダイエー前演説。総選挙で落選してから早10ヵ月、次の戦いがいつになるのかわからない日々ですが、相変わらずここでは多くの方にご激励頂け有難い限りです。演説終了後、急いで自宅に戻ってプロ野球のオールスターをテレビ観戦。夢の球宴のハイライトは、阪神の藤川投手と清原選手の対戦でした。唸るような剛速球で三振を奪った瞬間は震えるような感動を覚え、まさに野球の醍醐味を味わいました。珍しく日曜夜の独り言。おやすみなさい。22:50

2006年7月22日

今週はずっと梅雨空が続きましたが、ようやく今日の午後には晴れ間が広がるとの予報です。昨晩、自民党総裁選への出馬が取り沙汰されていた福田康夫元内閣官房長官がようやく不出馬を表明。その一番の理由は70歳になる年齢とのこと。プライドの高い福田氏のことですから、勝算なしとの判断をしたのでしょう。いずれにしても、これで自民党総裁選は事実上の決着です。梅雨明け前にゲームセット。5年ぶりの新総理誕生に直結する選挙でしたが、見る側からすればまったく面白みのないものになってしまいました。退屈な夏になるかもしれますが、誕生するウルトラライト新総理には厳しい目を向けて行きたいと思っています。8:15

2006年7月19日

今朝の自由が丘駅はいつもと違う様相でした。フィンランド生まれで青い瞳の国会議員として有名なツルネン・マルテイさんが、来年の参院選で改選を迎えるため、すでに精力的に東京都内を遊説をしているとのことで、今朝はご一緒させて頂いたのです。伊藤悠都議はいつも通りですが、目黒に住む蓮舫さんも駆け付けて下さり、まるで選挙期間中を思わせる雰囲気となりました。比例全国区での運動となるのに、大きな組織に頼らず地道な活動に精を出すツルネンさんに頭が下がりました。同時に、決してお世辞でも上手とは言えない応援演説ですが、こうしたイベントには必ず顔を出して一緒に汗をかいてくれる土屋克彦目黒区議にも感謝です。ちなみに土屋君も来春改選を迎えます。16:40

2006年7月18日

今、浜松から帰京する新幹線の中です。昨夕から国会で仲良くしていた仲間数名と、同期当選で昨年の総選挙で一緒に議席を失い浪人生活を送る鈴木康友前代議士の地元へ。康友さんの後援会の会合にゲスト参加し、その後は美味しい浜名湖の鰻を頬張り、深夜まで旧交を温めて来ました。私をはじめ多くの仲間が敬愛する野田佳彦代議士に対し、松下政経塾の同期生ということもあってか「おい、デ○!」と気軽に声を掛けることの出来る康友さんと、必ず一緒に復活を果たし、また国会で共に汗を流したいとの思いが募った旅になりました。それにしても、昨日からずっと雨。梅雨明けが待ち遠しいですね。10:45

2006年7月16日

国連の安全保障理事会は、常任理事国それぞれの思惑が錯綜する中、妥協を重ねて対北朝鮮決議を採択したとのこと。また、サミット参加のためロシアのサンクトペテルブルグを訪れている小泉総理は、プーチン大統領と首脳会談を行ったとのニュース。私の周辺からは、世田谷区から選出されている公明党のベテラン都議が急逝されたとの一報。ご冥福をお祈りします。現実的な話で恐縮ですが、これで来春の都知事選と同日の都議補選実施が確定し、世田谷では区長選、区議選と2週間のズレがありながらも、来春は事実上のトリプル選挙ということに。いずれの選挙に私が出馬するわけではありませんが、海外からのニュース以上にそわそわしてしまっている連休です。18:35

2006年7月14日

暑くなって来ましたね。昨日に続き今朝も30度を超える夏日に。私以上に大汗かきの関口太一君が、隣でマイクを握りながら滝のような汗を流しているのを見て、いよいよ真夏の到来を実感します。ところでプロ野球では、あまりに弱い巨人にばかり注目が集まっていますが、今夜から我が阪神と中日の首位攻防3連戦です。さらにこの季節、どうしても気になるのが夏の甲子園を目指して全国で行われている高校野球の地方大会。母校の早大本庄は昨日、埼玉県大会の1回戦をコールド勝ちで突破した模様。私の生きている間になんとしても甲子園に行ってもらいたいものです。夏本番、皆様もくれぐれも夏バテにはご注意下さい。12:50

1 2 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.