衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。
手塚の独り言
  • HOME »
  • 手塚の独り言 »
  • 月別: 2006年6月

月別アーカイブ: 2006年6月

2006年6月30日

昨年の11月、まさに清水の舞台から飛び降りる思いで受けた視力回復手術。詳細は独り言のバッグナンバー(2005年11月22日付け)をご覧頂くとして、私の強い勧めに感化された伊藤悠都議もようやく昨日手術を受けました。今朝も支障なく一緒に駅頭演説が出来たくらいですから、レーザーを使って目の屈折を矯正するこの手術の簡単さが理解頂けると思います。事前の検査には少々時間がかかりますが、実際の手術は所用10分程度。費用は保険が適応されず両目で20万弱ですが、眼鏡やコンタクトレンズとさよなら出来ることを考えれば決して高くはないと思います。何だかこの業界の広告塔のようですが、近視の方にはあらためてお勧め致します。9:00

2006年6月28日

W杯はベスト8が出揃いました。強豪国が順調に勝ち上がって来ていますが、世界トップレベルの技術はやはり寝不足の原因となりますね(笑)。スポーツの世界では、テニスのトッププレイヤーがウィンブルドンを目指すように、ゴルフのトッププロがマスターズを目指すように、国境のない分野で世界最高のレベルでしのぎを削るのはもはや必然となりました。競馬の世界も例外ではなく、日曜の宝塚記念を圧倒的な強さで制したディープインパクトが、いよいよ世界の頂点に挑むことになりました。舞台は10月初旬のパリを彩る凱旋門賞。日本競馬史上最強馬が世界最強の称号を手に出来るか、同じく今秋のポスト小泉をめぐる総裁選以上に注目しています。10:05

2006年6月26日

W杯は決勝トーナメントで見応えのある試合が続いていますが、今日は久しぶりに野球の話です。私がこよなく愛する阪神の新守護神となった藤川球児投手が凄いことになっています。連続無失点記録が40イニングを超え、金田正一や江夏豊などの往年の名投手と肩を並べました。この金字塔を先発ではなく中継ぎや抑えで達成したのは藤川投手が初めてで、防御率(1試合で何点取れるか)の0.20や、奪三振率(1試合で何三振奪うか)の13.94はまさに驚異的な数字です。直球を投げることがわかっていても、ほとんど打たれることのない細身でタフな剛球投手を、阪神ファン以外の方にも是非とも注目して頂きたいと思います。17:20

2006年6月25日

昨日は早大雄弁会の後輩の要請を受け、伝統の早慶新人弁論大会の審査員をして来ました。会場となった慶応大学の三田演説館は、福沢諭吉によって建設された我が国最初の演説会堂。ちょうど20年前、私自身も初々しい弁論を行なった思い出の会場です。その時の審査員は現在フジテレビのキャスターとして活躍している黒岩祐治氏だったのを記憶しています。私の半分ぐらいの年齢のフレッシュな早慶新人弁士10人による弁論は、少々稚拙なところもありましたが、政治の現実の中で失いかけた理想論もあり、懐かしさと共に刺激を受けて来ました。もちろん公平な審査をしましたが、上位はすべて早大雄弁会の後輩が独占。頼もしい限りです。今日は6年前に、私が衆院議員に初当選した記念日。まさに光陰矢の如しです。12:05

2006年6月23日

今朝は私も4時に起きてブラジル戦をテレビ観戦しました。日本がブラジルに勝つ確率は、週末の宝塚記念でディープインパクトが負けるのと同じぐらいかなと予想していましたが、残念ながら4対1で敗北。ボールの支配で圧倒されていて、やはり実力の違いを実感しました。日本の前回に続いての決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、夜更かしや早起きまではしないまでも、最後まで世界のトップレベルの争いに注目したいと思います。ズバリ私の優勝予想は、本命アルゼンチン。対抗にブラジルとドイツ。穴にエクアドルです。15:10

2006年6月21日

昨晩は、一昨日の川崎に続いて横浜へ。私の仲人親の松沢成文神奈川県知事と、あの坂本竜馬が愛したおりょうさんが仲居頭をしていたという歴史のある割烹で会食。久しぶりにお会いした松沢さんとの付き合いは、今から約20年前に遡ります。松沢さんが28歳で神奈川県議選に初挑戦した時、まだ20歳の大学生だった私が選挙をお手伝いしたのがきっかけでした。また、松沢さんの弟さんと私の兄が友人だったり、知事夫人が私の八幡中学校の先輩だったりと、不思議なほど縁がありました。まさに私が政治の世界に関わるようになった原点が松沢さんですから、浪人生にとってはまたまた大きな刺激を頂きました。この梅雨の欝陶しさに負けずに頑張りたいと思います。13:10

2006年6月20日

昨日は川崎に行って来ました。来春の統一地方選挙で改選される民主党の川崎市議団がローカルマニフェストを検討中とのことで、昨年の都議選で初めて地方議会の選挙でローカルマニフェストを作成した際の責任者であった私に声がかかったようです。私からは、首長が示すマニフェストと比べてその実現性と実行力で意味合いは異なってくるが、検証可能な公約を有権者示すことの意義と、いかに効果的にマニフェストを選挙戦で活用するかというような話を、自らの経験と同行してくれた伊藤悠都議の補足を受けつつしっかり説明させて頂きました。川崎市にとどまらず、日本全国でローカルマニフェストが当たり前になることを期待しています。さて、イラクに派遣されていた自衛隊は正式に撤退が決定。沖縄では梅雨明けだそうです。13:15

2006年6月19日

今朝は駒沢大学駅で山口拓都議と一緒に駅頭演説。心なしか寝不足模様のサラリーマンの方が目にとまりました。こちらも同様で、昨夜は日本がクロアチアと0対0で引き分け、ブラジルがオーストラリアから2点を取るところまで見届けちゃいました。これで日本が決勝トーナメントに進出するためには、金曜早朝のブラジル戦へと持ち越されましたが、スーパースター軍団に2点差以上での勝利することが最低条件で、さらにはオーストラリアが引き分けるか僅差で負けなくてはならないと、まさに首の皮一枚だけつながっている状況です。しかし4年に1度の「にわかサポーター」は奇跡を信じています。問題は金曜の朝4時に起床出来るかでしょう(笑)。10:10

2006年6月16日

梅雨の最中。それにしてもよく雨が降りますね。政治活動を始めてから一番嫌いな季節になりました。せっかく街頭演説をしているのに、スタッフがビラを配れない。ガード下などで濡れずに配れたとしても、傘を持っていて手がふさがれ、ビラの受け取りが極端に悪い。マイクを握るこちらも、反対の手で傘を持つと、その後は肩凝り。いいことがないのです。さて今日もW杯の話題にしましょう。日本と同じF組のブラジルが圧倒的な優勝候補ですが、そのブラジルとクロアチアが先日互角の戦い。そのクロアチアと明後日、そしてブラジルと来週戦うのですから、ここ数日行く先々で「3連敗なのかなぁ?」と弱きな予想に接します。国会は事実上今日で閉幕。せめてW杯はもう少し楽しみたいところです。12:10

2006年6月14日

ドイツに滞在する成沢広修文京区議会議長からは「川淵キャプテンは『全ては結果責任。マスコミはたらればの議論をするだろうが、責任は俺が取る』と言ってます。日本の総理に聞かせてやりたい」と少々やけ気味メール。せいぜいビールとソーセージを楽しんで来てもらいたいものです。さて、毎月第2水曜は私の政治活動を財政的に支えて頂いている「夜明けの会」の朝食会。早くも第7回目を数える今朝のゲストは松本剛明政調会長でした。最も親しい同期当選の松本さんは、昨秋前原代表就任時に政調会長に抜擢され、小沢代表になっても留任。党執行部の一員として活躍する立場から、現在の民主党について忌憚なく話して頂きました。毎月のことですが、目黒まで足を運んでくれる仲間の友情に感謝です。11:50

1 2 »

過去の独り言

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.