衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2015年02月02日「チーム手塚、活動継続中」木村祐介

  • HOME »
  • »
  • 2015年02月02日「チーム手塚、活動継続中」木村祐介

 時が経つのは早いもので、新年が始まり1ヵ月が経過しました。年の瀬に大変お騒がせしました「大義なき解散総選挙」からすでに1月半。地元の議員・前議員を中心に、かつてない活動量でお訴えをしてきた「チーム手塚」でしたが、国政復帰の大目標を達成できなかったことを大変悔しく思います。
 投票率は史上最低の53%弱。そして、与党の敗北でもなければ野党の躍進でもないという、捉えどころのない結果に、約700億円の税金を使った意味がどこにあったのだろうかと、愚痴をこぼしたくもなります。
 しかも、選挙が終わるやいなや、打ち出される政策の数々。子育て給付金は中止され、低所得者向けの給付は圧縮。にも関わらず、法人税は減税の方向で、さらに補正予算では、商品券などのバラマキをすると言います。
 これでは、日本の少子化対策や財政再建が進んでいく訳がありません。選挙中は「民主党は自民党の批判ばかりだ」という声もありましたが、時の政権の問題点を追及し、国民に議論を喚起していくのは、野党の重要な役割です。
 手塚自身も、総選挙が終わって翌日から街頭での演説活動で皆様にお声がけさせて頂いております。引き続き在野からではありますが、手塚の問題提起にご注目頂きたいと思います。
 さて、息をつく暇もなく、我々には次の戦いが待っています。そう、来春の統一地方選挙です。東京5区が位置する世田谷・目黒でも、区議選が行われる予定です。この「秘書日記」でも何度か申し上げておりますが、わたくし木村も、世田谷区議選での民主党公認を頂いておりまして、初めての挑戦へ向けて準備を進めております。ここ最近も連日、地域を回っております。生まれ育った地元で頂いた声を、しっかりと議会へ届けることのできるよう、引き続き活動を加速させて参ります。
 最後に嬉しいニュースを一つ。我がカープに、黒田博樹投手が戻ってくることが決定しました。しかも、20億円ものオファーを蹴って、愛する貧乏球団に戻ってくるという、男気あふれる決断です。「人を動かすのはお金ではない」ということを証明した黒田選手を見習い、私も、人を感動させるような政治を目指しつつ(笑)、マエケンとの新旧エースの共演を心待ちにしております。
 先週末は、この冬一番の冷え込みで東京でも雪がちらつきました。季節の変わり目は体調を崩しやすいといいます。皆様、くれぐれもご自愛下さい。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.