衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2013年4月15日「政治の真実」早稲田大学1年 丸子大輝

  • HOME »
  • »
  • 2013年4月15日「政治の真実」早稲田大学1年 丸子大輝

 はじめまして。早稲田大学法学部1年の丸子大輝と申します。この春、知り合いに誘われてインターンに参加した私ですが、政治について何も知りませんでしたし、実を言うと、そこまで興味もなかったので、そんな自分がインターンをするのは迷惑なのではないかと不安に思っていました。
 しかし、その不安は一瞬で消え去りました。アットホームな事務所で皆さん優しく、政治について色々と教えてもらいながら楽しく仕事をすることができました。膨大な量の事務作業を経験しましたが、作業をしていくうちに効率のよいやり方を発見していくのは楽しかったですし、何よりも何千何万という封筒を完成させる作業は大変で、送られてきた相手の方からすればたったの1つに過ぎませんが、その1つ1つの封に秘められた地道な努力やその価値を、この身をもって知ることが出来ました。
 私の政治に対する見方を最も変えたのは、駅頭の手伝いをしたことです。ビラを配るのは人生で初めての経験で、最初はとても緊張して、受け取ってもらえなかったときは少し落ち込みました。その中で、「お疲れ様。」「頑張ってね。」と言って下さる方々の存在は大きく、頑張ることが出来ました。
 また、駅頭では、道行く人々に様々な表情があるのも面白かったです。私の「おはようございます」という声に、笑顔で答えて受け取ってくれる方や、申し訳なさそうにして受け取るのを断る方、無反応で不自然なくらいに瞬きをせずに一点を見つめ素通りしていく方、イライラした表情を浮かべる方などたくさんありました。
 そこで気になったのは、政治に関心のない人があまりにも多いのではないかということです。私自身も政治について無関心だったので、他人のことを言える立場ではありませんが、メディアによる情報や世論だけを見て、政治の善し悪しを決めつけてしまうのはよくないことだと思います。国や地域の代表者をそのようなもので決めてしまうのは問題ですし、ましてや、投票に行かないなんてもっての外です。少なくとも私はそのような人になりたくないと思いました。
 そして同時に、多くの人々が様々な政治活動に目を向けて、その時の雰囲気だけでなく、その政治家についての真実や、掲げているマニフェストなどをしっかりと知る必要があると感じました。そのためには何をすればよいかを、これからも色々と考えていきたいです。
 とりあえず、私の周りの学生にも政治に関心のない人が多いので、まずはその人たちが少しでも政治に興味を持てるように、このインターンで見たことや感じたことを伝えていこうと思います。
 特別な意思を持ったわけではなく、何気なく始めたこのインターンですが、考えさせられることが非常に多くありました。また、素敵な方々と出会えて、非常に充実した春休みを送ることができました。本当にありがとうございました。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.