衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2011年2月21日「サクラサクために」木村祐介

  • HOME »
  • »
  • 2011年2月21日「サクラサクために」木村祐介

 こんにちは、木村祐介です。はじめまして。まずは軽めに自己紹介からいたします。
 1987年生まれの23歳。昨年の10月から手塚事務所でお世話になっております。J2降格のFC東京サポーター、中継ぎ投手のいない広島カープファン。両チームとも素敵ですね。趣味はサッカー・野球観戦です。
 Jリーグもプロ野球も、各チームはすでにキャンプイン。練習試合・紅白戦の結果などを目にして一喜一憂しています。新シーズンが待ち遠しい時期になりました。各チームの新戦力と同様に、私も期待の戦力になれるよう全力で活動していきたいと思っています。
 しかしながら、最近、23歳という若さで尿路結石を患ってしまい、お腹が痛いこともしばしば。血尿が出たりもします。渡辺秘書をはじめ、学生スタッフにもいじられる始末(笑)。でも、これはこれでおいしいポジション。サンキュー結石&血尿。
 医師によると、予防法は水分を毎日2リットル以上飲むこと、夜にたんぱく質の摂りすぎに注意すること、そして適度な運動をすることなのだそうです。再発率は50%以上とのことで、予防を実践しなくてはいけません。
 さて、つい最近年が明けたと思ったら、すでに2月も下旬。先日は東京にも雪が降り積もりましたが、昼間は春めいた陽気になり、近づく春に心を踊らせる毎日が続いています。しかし、朝の寒さはまだまだ厳しく、街頭演説では体をブルブルと震わせながらビラを配っています。貼るホカロンが腰から離れるのはいつになることやら。伊藤悠都議から頂いた軍手も重宝しそうです。
 今月は学生のインターン生も新しく7人入ってきました。先月までは、青葉台事務所には渡辺秘書、友常秘書、私の3人だけということもしばしばあったのですが、今は学生スタッフや区議選の候補者も入り混じって、昼時などは10人以上となることも。普段も賑やかな青葉台事務所ですが、人口密度が高くなったことにより、さらに賑やかになりました。ランチタイムがこんなに待ち遠しくなるのは、中学校の給食の時間以来ではないでしょうか。今回もインターン生は高い志を持って精力的に働いており、大変助かっています。
 春が近付いてきたと前述しましたが、今年の春といえば統一地方選挙。私はその準備に毎日を費やしております。まずは朝は7時45分から駅に立ち、候補者が演説をしている約1時間の間、ビラ配り。
 その後は、青葉台事務所へ。午前中から夕方にかけては、小さなエブリへと乗り込み、ポスターメンテナンスやチラシのポスティング。夕方の5時頃からまた街頭演説にてビラ配り。こういった作業をしております。
 街頭演説中は風当たりの強い、厳しい声掛けがあったりもします。しかし、それ以上に励ましの言葉も多く寄せられます。
「民進党頑張ってよ! 応援してるから!」
この言葉が寒さで冷たくなった体に一番効く特効薬。応援してくれる方々に感謝し、期待に応えられるように今日も頑張ります!
 全ては有権者の心に響くように。春には弾け飛ぶほど笑いあえるように。抱き合って、あるいはうれし涙を流しながら喜び合えるように。サクラサクと信じて今を全力で活動していきたい。そんな風に思います。
 議員秘書1年生。稚拙な文章ですが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。また、秘書日記に登場するときにお会いできるのを楽しみにしております。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.