衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2011年11月28日「実感。~青葉台事務所の場合~」木村祐介

  • HOME »
  • »
  • 2011年11月28日「実感。~青葉台事務所の場合~」木村祐介

 野球ファンの誰もが注目した日本シリーズも閉幕し、今年のプロ野球の全日程が終了しました。第7戦までもつれこんだ接戦はソフトバンクがパ・リーグを連覇した底力を見せつけ、日本一を勝ち取りました。それから一転、シーズンオフになると、毎年人事や補強などに注目が集まります。
 しかしながら、今年のオフシーズンは例年とは少し異なった事柄が注目されているように思います。その中でも特に私が注目しているのは、横浜ベイスターズ球団譲渡問題です。当初はモバゲーなどのSNSを中心に運営しているDeNAが譲渡先として報道されていました。しかしグリーがDeNAを提訴したとの報道もあり、この訴訟の状況次第では買収にも影を落とす可能性があるとのこと。まだまだ、横浜ベイスターズから目が離せそうにありません。
 さて、野田内閣が発足し、手塚が内閣総理大臣補佐官を拝命してから、早3ヵ月が経とうとしています。国会事務所の秘書は
「親方の仕事場がすっかり官邸に移っちゃって、週に1~2回くらいしか会えないよ」
といい、顔を合わせる回数が激減したことにより実感するそうです。しかし地元の青葉台事務所の秘書である私が業務の中で実感できる仕事といえば、やはりポスティングやポスター貼りをしている時です。
 ポスティングやポスター貼りは、地元の選挙区を1軒1軒回り、チラシを配りながらポスターのお願いをするという作業です。事務所に入りたてのころは、人さまのお宅のインターホンを押すのはかなり抵抗がありました。
「怖い人が出てきたらどうしよう、怒鳴られないかなぁ…?」
とかなり不安だったことを覚えています。しかしながら、今ではもう慣れっこ。数をこなすことによってポスターを貼らせて頂けそうなお宅を見つけては積極的にインターホンを押す勇気が身に付きました。最近は地元の方々から、
「ああー、手塚さんね。最近テレビに出てるのよく見るわよ。頑張ってね」
「手塚さん? 普段はポスターはどの党のも断るんだけどねぇ。いいよ、貼ってけ!」
こうしたお声がけを頂くことが出来ます。この瞬間、地元の秘書としては手塚が官邸入りを果たした事を実感することができ、また感慨深いものを感じる事が出来ます。
「まだまだやれる、こんなもんじゃない」
と意気込みまして、手塚の顔を地元に増やすため、今日もポスターを車に積み込んで、走り回ります。これからも粒粒辛苦、ハングリー精神を忘れずに頑張ります。
 ここでなぞかけを一つ。
「木村祐介とかけまして、携帯向けゲームサイトと解きます」
その心は
「ハン(Han)グリー(GREE)があるんです」
お後がよろしいようで。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.