衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2009年6月15日「地元案内」鈴鹿雄大

 3月にインターン生として登場させてもらいましたが、今回からは学生スタッフとしての秘書日記を書かせていたくことになりました。これからもお世話になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 先日、私の地元の神奈川県では、横浜開港記念150周年のイベントが行われましたが、目標集客数を大きく下回ってしまう結果になりました。横浜の素晴らしさを知る私は悲しい程この上なしで、この秘書日記を横浜PRとして「地上273メートル・ランドマークタワー展望台から望む横浜ガイド」にしようと考えていたところを、ボツにされてしまったので、横浜の話はまたの機会にします。
 どうしても気になる方は鈴鹿までどうぞ!
 代わりにと言ってはなんですが、今回は春休みから私の2つめの地元となっている東京5区の名所をご案内したいと思います。私は当初、中村公太朗世田谷区議の下でインターンをしていたこともあり、世田谷区の案内をさせていただきます。
 東急大井町線等々力駅から徒歩2分ほど歩くと、野山に瞬間移動してしまったのではないかと錯覚を起こしてしまう素晴らしい自然に囲まれた場所が現れます。
 その名は「等々力渓谷」。
 国分寺崖線の一部であり、谷沢川が流れる等々力渓谷は、全長1キロメートルと他の渓谷よりもコンパクトですが、マイナスイオン溢れんばかりの生い茂る緑からは東京に居ることを感じさせません。また23区で唯一の渓谷であり、週末には都会の生活に疲れた渓谷マニアたちが集まってくるという話も聞きます。梅雨の季節にはアジサイが、その後にやって来る暑い夏には涼しさが、心地よい絶好の散歩道になります。また渓谷内には、等々力不動尊や横穴式古墳などが点在し、私たちを楽しませてくれます。これからの季節、都会のオアシス「等々力渓谷」にいらしてみてはいかがですか?
 私は、この6月、中村区議の国会見学ツアーに同行をして、国会を初めてご案内しました。お越しくださった皆様には、深く感謝します。
 上記のように、東京5区のことには幾分か詳しくなってきた私ですが、国会議事堂に行く度にまだまだ勉強不足だと感じさせられます。手塚が国政復帰を果たした際には、「第3の地元は永田町」と言えるよう、等々力渓谷並みの名所案内をできるようになるつもりです。
 今は、来たる選挙に向けて東京5区を日々歩き回っておりますが、まずは7月12日に気持ちのよいバンザイができるように、世田谷で都政改革に再チャレンジする関口太一さんの応援を全力でしていきたいと思っています。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.