衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2009年10月27日「永田町ガールのドタバタ日記」富川知子

  • HOME »
  • »
  • 2009年10月27日「永田町ガールのドタバタ日記」富川知子

 自転車を投げ捨て、ダッシュで階段を上り、発車ギリギリに電車に滑り込みセーフ。電車通学をしていたのは15年以上さかのぼる中学の3年間だけで、ここ最近は五本木事務所への自転車通勤。いわゆるラッシュ通勤というものをしたことがない私は、電車に乗るだけで一苦労で、やせる思いです。
 最初の1週間は乗り換えにてこずったり、駅の出口がわからず迷子になったり、いかに自分がダメ人間かを思い知らされましたが、お陰様で国政復帰を果たした手塚よしおと共に、私も永田町ガールの一員となることが出来ました。
 前回の秘書日記がついこの間のことのように感じますが、引き続き今回も怒涛のように過ぎた日々でありました。
 紆余曲折の都議選から、ほっと一息つく間もなく総選挙へ。そして、政権交代実現という歴史的な出来事の余韻に浸る間もなく、手塚事務所は引っ越しの準備が始まりました。
地元の五本木事務所が道路の拡張工事で立ち退きを余儀なくされ、更に会館事務所へも入居というダブル移転で、てんやわんやの大騒ぎでした。
 引っ越しから1ヵ月が経ち、やっと新体制が整い始め、地元の新しい青葉台事務所との連携もスムーズになり、落ち着いてきたところです。
 よく皆さんに
「どう? 議員会館は?」
と聞かれますが、基本的には日程調整、名簿の管理、日々の経理事務など、今までと仕事内容はそれほど変わりません。
 一番驚いたのは来客の数で、同僚の政治家からお役人さん、記者の方、有権者の皆さん、各種セールスマンまで、ひっきりなしにご挨拶や陳情に来られます。
 次々と分刻みで入ってくる日程にも圧倒され、みんなが異常な早口で、聞き取りにくい国会関係者からの電話にもあたふたしてましたが、ようやくこちらにも慣れてきました。
 しかし、私が一番頭を悩ませている最大の問題はお昼ごはんなのですが、会館や院内の食堂のメニューがいまいちなのです。ご存知の通り莫大な敷地を国会議事堂が占めていますので、たとえば最寄りのマックに行くのも一苦労。今まで徒歩5分圏内に何でもあった五本木事務所は、本当に恵まれた環境であったとつくづく思い知らされました。
 これを機に少しでもダイエットできればと思いますが…。
 秘書のランチ事情はさておき、お昼を食べる時間もあまりない議員本人たちは、いよいよ臨時国会が召集されます。テレビや新聞で報道されていることが目の前で起きるのですから、自然と緊張感が走ります。そして、私たち秘書陣も陰ながら政権交代の一翼を担ったのだという自覚も、今更ながら芽生えてきたところです。
 まずは自分に与えられたデイリーな仕事を完璧にこなしていくことが、国民の生活にも繋がっていくのだと。
 話は変わりますが、先日実家の法事で、丹波の山奥のお寺まで行ってきました。その時のご住職のお話いわく、「学ぶ」という言葉は「真似る」という語源からきているとのこと。
 なるほど、私も先輩秘書の良いところを真似て、しっかりと学んでいかなければなと思います。
 まわりを見渡せば、本当に素敵な秘書さんたちが颯爽と議員会館内を闊歩してます。
 私も早くあのようになれますようにと、日々研鑽を積んでいきます。まずはできるところから学んでいこうと、今朝も電車に揺られ、右手に吊革、左手に国会要覧…。
 次回までには、一回り成長した永田町ガール日記をお届けできることを願って…。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.