衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2008年12月29日「麻生総理に感謝?!~東京5区@穴埋め完了」渡辺智士

  • HOME »
  • »
  • 2008年12月29日「麻生総理に感謝?!~東京5区@穴埋め完了」渡辺智士

「バカヤロー!」
と、叫びたくなるくらい寒い寒い多摩地区は小平市の午前5時45分。温度計は0℃以下。
 10分の寝坊を取り戻そうと、かじかんだ手でエンジンキーをひねるものの、目の前には凍りついたフロントガラスによる一面の銀世界。出発するまでには10分は容易にかかってしまう。
 運転席でひとり、緩慢な身体を手で上下し温めようとするものの、一度冷え切ってしまった脂肪はそう簡単には温まらず、数ヶ月前にはきっと今年の冬は精神的には暖かい状態で迎えられるはずだったのになんて思いながら、どこかの総理がまた何かやらかしてはいないかと、携帯でニュースをチェック。
 ほんとにこの秋は、この失言総理に振り回された。自身が選挙の為に選出された総理であることを忘れ、選挙をやるやると言っては、先延ばし。年金問題も片付いてないのに、国民に定額給付金をばらまくと言い、最近では道路などの公共事業に税金をじゃぶじゃぶ使う時代に逆戻りすると言っているらしい。
 こちとら、閉店間際のスーパーに駆け込んでは、割引シールの付いた商品を漁る日々。この金銭感覚の麻痺した総理にはこういった国民の感覚は分からないのだろうなとつくづく思う。
 しかし、こんな総理にも僕は一つだけお礼を申し上げたい。それは、本格的に選挙するよという雰囲気をつくってもらったこと。
 正直、まともに選挙に関わったことのない新人秘書の僕は、自分の仕事に対してかなりの不安を覚えていた。急速に流れていく時間のなかで自分を見失い、ただ流れに身を任せ、ふわふわと事務所内を漂っていた。きっと、あのまま選挙に突入していたらと思うと、ぞっとする。まわりが選挙がないことを意識し、落胆していたとき、僕は心のどこかで胸を撫で下ろし、ホッとしていた。同時に自分のふがいなさにも気付かされた。ある意味、命拾いしたのかもしれない。
 けれども、今は変わった。いや、変えた。
 日々の活動の見直しから、データの精査と分析。ポスターの貼付枚数の増やし方や桃太郎ポスティングの仕方まで。探せば探す程、今までの穴が見えてくる。これもすべて麻生総理のおかげだろうか(笑)。
 来年は否応なしに選挙があります。その時までに、自分が、そして何より手塚よしおが悔いの無い選挙を戦えるよう「東京5区@穴埋め完了」をテーマに、日々、地元で頑張っていきたいと思います。
 今年も、1年間ありがとうございました。そして、皆様も良いお年をお迎え下さい。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.