衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2007年8月1日「逆転の夏 BY DPJ」 土橋雄宇

 毎朝、事務所に出勤すると、テレビをつける先輩スタッフがひとりいる。
 朝一番に何をするかに、案外それぞれの人柄なんかがにじみ出るもので、まずゴミ捨てをするのが決まり事のインターン生は別としても、奇妙なダンスを踊りながらチラシの輪転機を起動させる変な奴もいれば、歩いて20秒の99ショップにカロリーゼロのコーラを買いに行く秘書もいる。僕なんかは、携帯電話を握り締めてトイレに入り込むのが日課なのだが…。まあ、とにかくテレビのスイッチを押す秘書がいるわけだ。
 政治家の事務所は、すごく乱暴に言えば、種々のコミュニケーションが仕事の大半と理解しても過言ではない。多彩な電話は引っきりなしにかかってくるし、選挙中は怒号が飛びかっていることもある。頭を悩ませてパソコンのキーを叩いている隣で、侃々諤々のミーティングなんてこともザラじゃない。だから、多少テレビの音が流れていようがいまいが、普通は全く気にならないのだが、パッと後ろを振り向いて、思わず画面を見つめてしまう時も、たま~にあったりする。
「ッタ♪ッタ♪ッタ♪ッタ♪ッタ♪タタ~♪ジャーンプ!」
ニッコリ微笑む仲間由紀恵。
「決める夏 BY AU KDDI」
 それを見て大きく反応するのが、我らが巨匠・松田哲也目黒区議。目黒区内の駅頭にて「決める夏」のセリフを連発するに止まらず、「金鳥の夏、日本の夏」とマイクを繰り返し、道行く人を失笑させてたとか、させてないとか…。
 で、要は何が言いたいのかといえば、
「逆転の夏、BY DPJ」
参院選、民進党は、公約通り逆転を果たしました。
 政治に携わるひとりのスタッフとして、率直に身震いを禁じえない。間違いなく総選挙はもうすぐそこに来ているはずで、手塚よしおの復活の刻が迫ってきていることも間違いないはずだ。この半年余りの僅かな時間で、15キロもの巨塊を僕の肉体に授けてくれた親方の総選挙が、すぐそこに迫っている。
 この「逆転の夏」を契機に、”24時間政治家”の捲土重来まで一気に走り抜けよう。そして”24時間お腹いっぱい”な僕は、この夏を「断食の夏」へ。事務所のダイエットブームも、まだまだ続きそうだ。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.