衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2005年1月17日 「2004NEWS号外特別編!」井上妃

  • HOME »
  • »
  • 2005年1月17日 「2004NEWS号外特別編!」井上妃

[速報:12/24 20:14 平野春望『台風と僕』最下位決定!]
 話は昨年に遡る。12月24日クリスマスイブ、三軒茶屋の某中華料理店では毎年恒例となっている手塚よしお事務所忘年会が開かれていた。巷のカップルのラブラブモードを尻目に宴はヒートアップ。そして、半期に一度の秘書日記コンテストの結果が発表された。これは、半年間に書かれた秘書日記の中で、一番面白かったものを秘書が選んで投票するというもの(皆さんもよろしければ、秘書日記のバックナンバーをご覧下さい。振り返ってみると2004年も大爆走の手塚事務所でした。)
 今回の最優秀作品は、岡本秘書の「嬉し恥ずかし代理出席」に決定。また、今回から優秀賞と一緒に最下位も発表されることとなった。栄えある第1回最下位が、平野秘書の「台風と僕」だった。最下位を記念して、平野秘書はその場で受賞作を朗読。その声が、クリスマスソングと共に、夜の帳へと吸い込まれていくのだった…。
 いや、いいんです。平野秘書が最下位だったのは、残念ですが、仕方が無いことですし、ある程度予想もされていましたし…。けれど、困ることがひとつあるんです。それは、私と平野秘書が大学の先輩後輩だということなんです。
 平野秘書といえば、この日記でもお馴染み、松田秘書からもらった地図を即日なくしてしまったり、車をエンストさせたり、台風でびしょ濡れになったりしているのですが、そのせいで、私と平野秘書の母校である法政大学がバカにされてしまうんです。
「だから法政は…」
というのが、事務所スタッフの口癖になる始末。
 いや、いいんです。法政大学がバカにされても…。だけど、
「だから法政は…」
と言った後に、必ず私に向かって意味深な目線が注がれるのです。うーん、どうにかならないですかねぇ。その目線。そりゃあ、私も仕事が出来るわけではないですけど、大学が一緒というだけでバカにされてしまうのは…。ちょっと悲しい気がします。代議士と同じ早稲田大学ならバカにされないのに、なんて思ってしまう今日この頃です。
 そんな私、テンテコ娘も、事務所にお世話になって早3年。今では学生秘書の中でも一番の古株になってしまいました。手塚事務所にいられるのも残り3ヶ月ほど。そろそろ会館の引き継ぎ作業もしなければ、なんて準備をしています。
 年末の大掃除は中村秘書の抵抗を受け(「来年春まで片付けはしない!」と宣言…。)、中途半端なまま終わってしまいましたが、3年間お世話になった会館に私なりにお礼をしなければ、と思っています。
 最後になりましたが、平野秘書、私はもうすぐいなくなってしまいますが、手塚事務所のため、愛する母校法政大学のため、今年こそ頑張ってください!

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.