衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2004年9月20日 「若手」中村公太朗

 一般的に若手というと、世間では何歳くらいがイメージされるのでしょうか?純粋に年齢が若い人の呼称であったり、その世界での新人であったりといったような使われ方をしているように感じます。
 しかし我々に耳慣れた「若手政治家」は、いつから若手で無くなるのか、誰がいつ判断するのか、手塚事務所に就職して2年半になりますが、いまだに判然としません。
 手塚は先週誕生日を迎え現在38歳、衆議院議員になって勤続4年を超えましたが、まだバリバリの若手グループの一員です。ちなみに若手グループ代表格の野田佳彦議員は47歳。自民党議員の平均年齢に比べればグッと若いのは確かですが・・・。
 考えてみると30代、40代を過ぎてこんなにも若手若手と呼ばれる職業は、政治家とお笑い芸人だけではないでしょうか。とはいえ、この年齢的に疑問の残る「若手」の活躍が最近特に著しいのは両業界に共通していることで、第3次漫才ブームの波が若手芸人達を毎日ブラウン管に映し出すとともに、政界においてもマスメディアでは若手の活発な行動に注目が集まっています。国語辞典によりますと「若手」には「働き盛り」という意味も含まれているそうですから、う~ん納得(?)
 ところで、若手政治家である手塚の事務所の中で若手といえば、言わずと知れたインターン生たちに他なりません。半年に一度やってくる学生も今回で9期目を迎えました。僕が大学3年生で初めて手塚事務所を訪れた時、ちょうど2期目のインターンが働いていましたから歴史を感じてしまいます。手塚事務所の元インターン生は総勢50名ほどになり、学校を卒業後それぞれ就職して自然と疎遠になっている人たちもいます。そこで、手塚事務所インターンOB会が企画されることとなりました。今年から広告業界に就職した宮川光二初代学生秘書の主導で行われるOB会は、今後毎年恒例の楽しい行事になっていくことでしょう。
 大学を卒業して数年、色々な経験を経た元インターン生の皆さんから楽しい話や意外な近況が聞けるのは間違いないでしょうから、それぞれの職場では若手であろう元インターン生との時間を共有し、「若手社会人」から「若手政治家」へパワーを分けてもらえるのではないでしょうか。 願わくば、あと何年若手政治家なのかは分かりませんが、年に1度元気を補給する会になってくれたらと思います。
 ちなみに、常に大学生が出入りする我が手塚事務所で、僕は一体いつまで若手秘書で通用するのでしょうか?
 も、もしや、もうすでに・・・。確かに頭髪はベテランの域に達していますが・・・。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.