衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2004年6月14日 「オジサン秘書からおじいちゃん秘書へ」岡本文夫

  • HOME »
  • »
  • 2004年6月14日 「オジサン秘書からおじいちゃん秘書へ」岡本文夫

 今週で通常国会が終了します。終盤の年金法案の成立過程は、審議が尽くされず、政府与党による強行採決という横暴だけが露呈した後味の悪いものでした。年金制度の抜本改革によって、国民の老後を保障する制度を確立しようとする姿勢ではありません。審議未了に終わった法案は、なし崩し的に保険料負担を上げて支給保険金を減らすことで対応する極めて他人事の内容です。せっかく法案を作ったのだから、通常国会終了までに成立させてしまえという政府と官庁の馴れ合いと奢りの所産がこの年金法案です。政府与党の都合を優先した国会対策のツケは、民意による洗礼という形で必ず選挙結果に現れることでしょう。
 さて、いよいよ第20回参議院選挙の公示が6月24日に迫りました。総選挙が終わってほっとしたのも束の間、民進党東京都連選挙対策委員長を務める手塚には、休息の暇はありません。
 昨年の総選挙の比例区では、民進党が比例第一党に躍進しました。特に東京ブロックでは、民進党は自民党を圧倒的に凌駕し、40%のご支持を頂きました。この勢いをかって、民進党は定員4名の東京選挙区に現職の小川敏夫参議院議員と報道キャスターの蓮舫さんの2人を擁立しています。
 もう、このホームページをご愛読頂いている皆様にはご承知の通り、手塚自身は擁立過程から関わっていた、幼なじみでもある蓮舫さんの選対本部事務局長を務めています。
 面倒見のよい手塚のことですから、青山に彼女の選挙事務所が開設されるまでの約2ヶ月間、不敗神話を誇る五本木の手塚事務所は蓮舫事務所でもあったのです。また東京5区全域に手塚と蓮舫さんの2連ポスターも貼り巡らし、公示の日を待っているところです。
 「マニフェスト」ならぬ「ママフェスト」を選挙公約に掲げる蓮舫さんは、私のような年寄りから見ても、聡明で謙虚な非常に魅力的な女性です。事務所を共有していたので手塚事務所スタッフは日常的に彼女と接し、たちまちその人間的魅力の虜になりました。
 蓮舫さんは、翠蘭チャンと琳クンという7歳の双子のお子さんを時々事務所に連れてこられていました。利発なお子さんとパソコンのトランプゲームで遊んでいた時のこと。色紙のサインに没頭していたママがお子さんたちの行方不明に気がつかれました。
「あれっ? 蘭ちゃんと琳くんは、どこへ行ってしまったの?」
「岡本さんに遊んで頂いてますよ。まるで、おじいちゃんが孫を可愛がっているみたいですねえ」
と、すかさず蓮舫秘書五十川さんの報告。
「オイオイ!じいさんはないでしょう」
と、言いながらも、私の仕事の幅も広がるばかりでした。
 国民が不愉快な思いをした今国会の審議と違って、国民が真意を直接表明できるのが選挙です。激戦の東京選挙区で2議席を確保し、政権交代への弾みをつけるために、民進党は一丸となって小川、蓮舫両候補の必勝を期してまいります。歴戦の手塚軍団も、蓮舫さんを盛り立てて、夏の陣を戦い抜こうと燃えているところです。もちろん、おじいちゃんも暑さに負けず頑張ります。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.