衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2003年9月22日 「坂の上の雲」蓮 孝道

 皆さん、はじめまして!僕はこの夏に手塚よしおのもとでインターンをさせて頂いている、蓮 孝道と申す駒澤大学3年生です。いずれは政治に関わる仕事がしたいので、現役国会議員はどんな仕事をしているのかな?と思いインターンを始めたのですが・・・。
 「一体何だこれ?」 
秘書はお盆明けの猛暑の中をポストにビラを投函し、代議士である手塚は朝早くから駅頭で遊説の毎日。政治家というのは、もっと華やかな職業だと思っていたのに・・・。 しかし、そんなインターン生活も早くも1ヶ月が経とうとしています。
 毎日ポストを探して駆け回り、代議士の演説のお供をさせて頂くうちに、色々な人と言葉を交わす機会と出会うことができました。手塚の支援者の方、そうでない方。
「手塚さん、頑張ってるね」
「手塚って、どんな政治家なんだい?」
 手塚を取り巻くさまざまな視線、さまざまな声。普段、テレビや新聞で見る政治家の仕事は華々しくもあり、また逆に胡散臭くも映ります。でも、僕が体感している議員や秘書の仕事は、なんか地味だけど、それを見てくださる人がいる!
 これが等身大の政治家の姿なんだ。僕はいままで本当の政治家を知らなかった。
 そう思ったとき、僕は司馬遼太郎の「坂の上の雲」を思い出しました。明治時代、国際社会の何ものをも知らずに西洋文明と出会い、彼らと肩を並べるために無我夢中で彼らから文化を吸収し、また自分たちの文化を護るために自身を見つめ直した明治人。そのとき、僕には自分自身と明治人がかさなって見えました。
 晴れ渡る空。坂の上には、10年間駅頭で演説をし続けている男がいる。
「いつの日か…」
そう思いながら、ぼくは今日もポスト目指して走り続けています。

秘書日記

秘書日記

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.