衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2007年10大ニュース

2007年12月21日

昨年同様で1年に3回しか更新しなかった「手塚日記」ですが、自分自身が過去を振り返る時もあるでしょうから、恒例の極めて個人的な今年の10大ニュースの発表をさせて頂きます。
1日も早い国政復帰を目指す浪人生にとっては、時の経過は総じてゆっくりなもの。とはいえ、今年は統一地方選と参院選のあったことで、よどみない時の経過を実感しました。
来年の1位は絶対に「夜明け実現・国政復帰」だとの思いを込めてしたためました。どうか1年を振り返りつつ、ご笑読下さい。

1.寅仁朗との邂逅
(2007年11月28日、人生最大のミラクルに遭遇。自分の命より大事な命の存在は、日々の活動の励みになります。感謝。)
2.哲と公太朗の新境地
(学生時代の同級生で、手塚事務所の責任者だった松田哲也君が目黒区議に、私の随行秘書だった中村公太朗君が世田谷区議にそれぞれ当選。これで自らの落選の悔しさが半分晴れました。)
3.良郎一座の光と影
(夏の参院選では横峯氏と全国遊説。手を焼きつつも、擁立と当選へのお手伝いは出来ました。しかし、政治以外の話題があまりに豊富で、その後の活路が未だに…。)
4.地元区議会の躍進
(目黒・世田谷の区議選で大躍進。若くて有能な仲間が増え、どちらも第2会派として、区議会での役割も一層大きくなりました。共に総選挙を戦うのが、今から楽しみです。)
5.夜明けの会の充実
(落選後の私の政治活動を財政的に支えようと発足して頂いた会で、毎月開催した朝食会には民進党の精鋭が多数ゲストで参加して下さいました。お支え頂いた会員の皆様にただただ感謝です。)
6.太い右腕を確保
(伊藤悠君が探して来たさすらいの選挙請け負い人・土橋雄宇君。中村公太朗君らの穴を埋める存在として、その能力と食欲には私も自信を持っています。)
7.国民新党と合体!?
(目黒区議選に国民新党から立候補していた富川知子さんが、自分の選挙スタッフだった渡辺智士君も引きつれ手塚事務所に。人との縁は政党や政策を超えたものでしょう。)
8.花斉会の発足と発展
(浪人生である私にも声を掛けて下さる、野田佳彦代議士を囲む民進党内の政策グループ。元同僚らとの接点は、国政に1日も早く復帰したいとの強い刺激となりました。)
9.健康志向に転換
(2月に禁煙。8月には断食プログラムに参加し、それ以来食生活も少し改まりました。駒沢公園でのジョギングも継続中で、すでに約10キロ以上の減量に成功。やはり、タバコは吸いたくなりますが…。)
10.伊藤悠君が結婚
(私のニュースではありませんが、トップ10入り。遂に年貢を納めた伊藤君。浪人中にそんなに慶事が続いていいのかとのご批判も頂戴しました。)

PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.